スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【区議会】前田議長よ、渋谷区議会議員は情報公開条例及び個人情報保護条例の適用外なのか?

例えば、A渋谷区議会議員が渋谷区に情報公開請求したところ、「A議員が情報公開請求をした」という事実を、区職員が区議会議長に告知したとしよう。これは是か非か?というよりも、適法か違法か?

以上のような事件が、渋谷区議会で実際に起こり問題になっている。
渋谷区議会議長・前田和茂は、「情報公開請求は区議会議員の職務上の行為であるから、そこには個人情報保護は無く、上記の行為は適法である」と主張しているようである。
百歩譲って、区議会議員が、職務上情報公開請求を行った場合はそうであったとしても、区議会議員が、職務ではなく、個人として情報公開請求を行った場合は、どうなのであろうか。
又、職務上か、個人としてか、どのように判別するのであろう。

前田議長の十分な説明を期待したい。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

彼らが、勝手にルールを作ってしまうのは、
何故であろう。

ご存知の通り、
彼はそれを、迂闊にも説明できないのである。

No title

違法は違法だ。百歩譲る必要はない!白黒はっきりさせるべきだ。

漏れ聞くと・・・・・

法律の解釈の対立で、物事が進まないのは不幸だ。
堀切さんにも弁護士が付いていて、議長も弁護士に相談しているだろうから、どちらの弁護士が「正しい解釈」をしているか、決着をつけるべきだ。いまは堀切氏の一人芝居にしか見えない。法廷では一人芝居はできないと思う。

私もそう思う。解釈の相違は法廷で。
堀切さんは法廷闘争の申し子ではないか!あなたの居場所は法廷だと思う。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。