スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【説明会】渋谷区教委の説明会は大紛糾!!

一昨日(9月15日)、代々木小学校及び山谷小学校で開催された、渋谷区教委主催による両校の統廃合問題に関する説明会は大紛糾であった。
渋谷区教委は、「今後の学校運営」「建築計画」「転校手続き」等を説明したが、質疑応答に入ると渋谷区の「拙速すぎる進め方」「渋谷区教委の二枚舌説明」「合意形成の過程が不十分であること」等で大紛糾した。
両校の保護者は、両校合同の説明会を開くように要求したが、渋谷区教委は応じようとしていない。
尚、代々木小学校のPTA執行部は総辞職して交代するという情報も入っている。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

区教育委員の人選は区長が行い、議会で承認されるとのこと。そして、教育委員長は委員の互選で決定。

統合推進派の山本氏が委員長に選出されたのは、今年5月31日の定例会で大高委員の推薦によります。

そして6月21日の定例会での山本委員長の発言:

○いずれにしても、緊急を要する課題である。明日地震が来てもきてもおかしくないわけである。それを踏まえて、テンポよくスケジュールを組んでいく必要がある。

○現実的な問題として、もしこのまま延ばし延ばしでいってしまい、大震災が来た時には、教育委員会はものすごい責任を問われることになる。私は、一刻も早く、決着したいし、実施したい。

を受けて、校長経験者の小野委員のブレーキも虚しく突っ走った結果が現在の状況を生んでいるわけです。

それほど山谷小の校舎が危険なら、耐震調査の書類はすぐ出した方が建て替えそのものに関してはスムーズに説得できるはずですが、なぜ出さないのでしょうか。

佐藤委員の発言:

○自分が置かれている立場が何かということを考えさせるのも教育である。社会的な人間に育てるためには小さいところでは難しい。切磋琢磨できないといけない。そういう基本的な考え方でいけば将来、そういうものが出てくると思う。

これも、かなり一方的な感じがあります。というより、統合という方向性を補強するために考え出したのかな?切磋琢磨というのが、競争を意味するなら、危険な考えだと思います。少なくとも、これで代々木小の人たちを説得することはできないでしょう。

池山教育長は、

○今回示されている今後の方向性は、町会や地域の方々の声などを聴いて検討した結果である。当該校の校長には心労もあると思うが、校長会会長にも支えていただくようお願いするなど対応しているところである。

と仰っていますが、それならこれほど揉めるはずはありません。どの辺りの何人にいつ頃誰が聞き取りしたのか、もし資料があれば可能な範囲で開示してもらうのはいかがでしょう?

しかし、町会や地域の人に広く聞いて回ったなら、保護者の耳にも入るはずですが。

デメリットなし!!!!

この説明会。
5/12の第一回目から参加しておりますが、
まだ4回目。回を重ねる事に出席者増、それもご夫婦で出席が
多くなってきました。

回を重ねるごとの紛糾ぶり。

ビデオを撮っていたので、こ~んな強引な転校措置を

「異議なし!」

と決定した教育委員の6名に見ていただきたいですね。
あと区長と池山教育長。

そこにバッチリ映ってます。
児玉次長が、
「代々木小学校には教育的にデメリットはありません!!」
と断言していました。
こちらのブログにその経緯が書いてありますが
「山谷小建て替えによる代々木小への全員転校、統廃合問題が起きています。」
何か起きたら対処する。それでいいんでしょうか。

いじめの実態が浮き彫りに、学級崩壊?
もしくは自殺者が出ないと対応してくれないですか。
教育委員会の皆さん!

No title

代々木小学校ってすごい都心にあるけど、
100人も通う子どもがいるのに驚いたし、
対する山谷小学校は200人!
結構子どもがいるんだね。

ところで、建て直す山谷小学校の方が代々木小より狭いし、
少し前に建ててしまった体育館のせいで
新校舎建て直しに制約多し。
代々木小学校に300人のほうが子どものために
いいんじゃないの。

どちらにせよ狭いけど。
校庭狭いとケンカが増えるよ。

体育館建設中に代々木小の校庭で山谷の運動会やったけど
みんな「せまい~。せまい~。」って文句言ってたけど。
でも山谷小の方々は教委の言うまま代々木でいいの?

長いものに巻かれすぎ~
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。