スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【区議会】区議会議員の情報公開請求権

一昨日に続き、渋谷区議会議員の情報公開請求権を制限する動きについて報告する。

渋谷区長・桑原敏武の指示により、渋谷区議会議長・前田和茂らが中心となって区議会内の申し合わせを作り、渋谷区議会議員の情報公開請求権を自主規制しようとする動きがある。
「区議会議員は調査権を行使して資料を収集できるのであるから、情報公開請求は控えよう」という申し合わせであり、自民党から共産党まで、純粋無所属の会(堀切議員、笹本議員)を除く全ての会派が賛同しているというのであるから驚きだ。

しかし、純粋無所属の会(堀切議員、笹本議員)は、上記申し合わせに参加することを保留する旨を、平成24年9月11日付けで、渋谷区議会議長・前田和茂宛に文書で通告している。
すなわち、現在、堀切議員と笹本議員は、渋谷区議会の申し合わせに拘束されることなく自由に情報公開請求をすると言っている(当然のことではあるが)。

そもそも、区長は議会に対して隠し事が多く、議長は情報公開請求における個人情報保護に関して理解ができていないのに、このような申し合わせに賛同する渋谷区議会議員の頭の中味はどうなっているのであろうか。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

「人の支配」から「法の支配」へ。


日本は、漸く「法治国家」になろうとしている。

我々国民は、区長と議長に拘束されない!

桑原と前田の奴隷には、なりません。


進め!渋谷オンブズマン!区民のために!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。