【工事強行】代々木小学校では遂に工事強行か!

以下の情報が、9月27日、渋谷オンブズマンに寄せられた。

渋谷区より代々木小学校及び施設開放運営委員会に対して、代々木小学校秋季休業期間中の校庭開放を中止するようにとの連絡があった。
その理由は、プレハブ校舎建設に伴う、資材搬入、工事車両通行スペース確保の為だということである。
本当にこのまま工事を強行し、既成事実を作り、なし崩しに、4月を迎えるつもりなのだ。
渋谷区全体の子供の教育環境を等しく大事に考えていると言いながら、代々木小の子供の教育環境は蔑ろにする。
あの方達の考える教育とは、一体何だろうか。

渋谷区は、合意形成の過程を蔑ろにした統廃合の強行が、今後、如何に大きな禍根を残すことになるのか、思い知ることになるであろう。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

いよいよ…

いよいよ
誰の目にも見える形となるのか

代々木小の子供達は
自分達の為の工事でない
影響を受けながら
学校生活をこれから送るのか?

工事車両が出入りをし
今まで使用していた正門が使えなくなり
鉄棒が撤去され
馴染みの無いプレハブが姿を現す様を
子供達に見せる事になるのか?

渋谷区は
子供達が何も感じない?
何も思わない?
とでも思っているのか?

静かに
代々木小の子供達の心に
様々な影響を与えるであろう
この工事

渋谷区は本当に進めるつもりなのか

一度傷付いた子供の心
一度持ってしまった不信感
また成長著しいデリケートな時に
こんな体験をさせられる子供達

たった100人とお思いか?
区長!
教委の皆さん
どうお思いか?
100人の子供を犠牲にするとしか思えないこのやり方!!

即刻改めよ!!!

オンブズマンはこどもの城閉鎖にはノーコメント?渋谷区ですけど。
あれの方がよほど大人数が恩恵受けてる施設なのに
相手が厚労省じゃ管轄外ですか?

区議区長レベルに民間企業には喧嘩吹っかけても
国レベルには歯向かわないスタンスじゃないよね、まさか。

工事説明会

工事説明会なし。

さらに「代々木小学校環境整備工事のお知らせ」
ときた保護者宛ての手紙には、

1,工事名称
 一期工事 代々木小学校教育環境整備仮設校舎設置工事
 二期工事 代々木小学校教育環境整備内部回収工事

2.工事場所
 渋谷区代々木二丁目35番1号

3.工事概要
 一期工事 プレハブ仮設校舎設置(鉄骨造地上2階建 延床面積147㎡)1階学習室兼会議室、2階パソコン室のプレハブ室の計2室のプレハブ仮設校舎を校庭北側に設置いたします。
 二期工事 校舎内部改修
  体育館棟2階の特別教室を普通教室に内装改修いたします。

4.工事期間
 一期工事 平成24年10月4日から平成24年12月10日まで(予定)
 二期工事 平成24年11月中旬から平成25年3月下旬まで(予定)

5.作業時間
 原則として月曜日から土曜日までの、午前8時から午後6時までといたします。なお、作業開始前、終了後に準備・片付けを行います。また、工事の進捗状況等により、大きな音の出ない作業を日曜日及び祝日に行う場合があります。

6.工事施工者
  (一期工事)株式会社 内藤ハウス東京支店 xx-xxxx-xxxx    現場代理人 ○○  xxx-xxxx-xxxx

 工事監理者
  渋谷区総務部 施設整備課 施設整備係
  担当:井澤(イザワ) 電話03-3463-1234(内線2675)

 所管課
  渋谷区教育委員会事務局 庶務課 施設係
  担当:石川(イシカワ) 電話03-3463-1234(内線2827)



5番の謎の文章。施工会社が作成した文章なのか、平日の朝8時から夕方6時までは重機も使った作業するけど、休日は気をつけます。って事?
責任者誰?子どもの安全に関する記述なし。こんなに早くつくるのはなぜ?
確か、山谷小学校内にプレハブ建設して建て直し計画では、「音など授業のさまたげ」になるからではなかったっけ?

山谷の保護者の方たち~。ちょっとは声あげようよ。
自分の子どもたちだけの環境守れればいいの?
「こどものため」って自分の子ども限定?

No title

これほど慌てて工事を強行するということは、山谷小の校舎が、かなり危険な状態ということ?耐震検査の結果が悪すぎて、見せられないのかな?だとすれば、これまで山谷の校舎を放置してきた行政の責任ですね。

こどもの城は入館料が高いですが、東京都児童会館もなくなってしまったし、休日の小学生の遊び場として必要な施設だと思います。

閉館理由の一つに、各自治体の児童施設の充実が挙げられていますが、渋谷区に限っては、子育て支援センターは増えたものの児童館が廃止されたので、行き場がありません。

学校の施設開放だけで対応できるのか、疑問が残ります。

No title

教育委員会に工事内容について保護者に説明は無いのか、問い合わせたが「もう説明会は開いたので今後、工事についての説明会を開く予定はない」と教育委員会の高山さんにはっきり言われてしまいました。

どこまでも、誠意のない対応に呆れはてました。

「どうしてこの時期から工事を始めなければならないのか?」と
素朴な質問をしても「そういう計画です」の返答。


ずっと言い続けていますが、山谷小学校の立て替えには反対しません。

でも!!!!!!!
どうして、代々木小学校の教育環境を破壊するのですか?????


少子化によって統廃合を検討しなければならないのでしたら、
ちゃんと保護者・同窓生・地域住民と話し合って決めてください。

既成事実として、来年4月から山谷小と代々木小の児童を混ぜて統合する
なんて卑怯なやり方です。

ずっと、教育委員会のやり方に怒って来ましたが、プレハブ建設に至り
代々木小の児童・保護者に対し
「今度行くからよろしくね」
「代々木小は反対していて意地悪」
「行ったら山谷の方が人数が多いので代々木小PTAを牛耳ってやる」
などと発言している山谷小保護者の無神経さに憤慨しています。

山谷小は、今年度末までなんら環境が変わることなく学校生活を
送るのです。
代々木小は、鉄棒も無くなり校庭に「山谷小のためのプレハブ」が建つのです。予定では冬休みから少人数教室も多目的に活用されて来た和室も無くなります。

どうして、他校の立て替えのために代々木小児童がこのような負担を
負わなければならないのですか?
山谷小保護者は、どう思っているのですか?
是非お聞きしたいと思います。



可哀想な施行会社

工事準備開始のおしらせを貰い、教育委員会は工事内容について
説明をしてくれないので、施行会社に問い合わせました。

施行会社は、今回の計画に反対している保護者が8割以上いることも
東京新聞に大きく取り上げられた事も知りませんでした。
そのような、事実があることを大変驚いていました。
特に、東京新聞記事掲載は言葉を失うほどでした。

今までの、教育委員会の対応を見て来ると、もしも何か事故やトラブルが
起きたときには、きっと施行会社内藤ハウスに全部責任を押し付けて
しまう事でしょう。
行政の発注した工事で安心と受注したのでしょうが、大変お気の毒としか
言えません。

無事に工事が進む事をお祈り致します。

多分大変な工事になる予感がしますが…

No title

どうしてこんな事が当たり前だと教育委員会の人は思うのか?

転校って強制出来るものではないそうです。

山谷小の皆さんの中にいろいろな意見があるのは、わかります。

ただ、お子さんに聞いたことありますか?

うちの子は代々木小のみんなとこのままでいたいと言います。

親として、そうしてあげたいと思います。

それだけです。

お子さんの為に学校を守ってあげて下さい。

お子さんの声を代わりに言ってあげることが、親として出来る事だと

思います。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: