【投書】他区の有識者より、渋谷区議会を批判する投書!

他区在住の有識者から、以下の通りの投書をいただいたので紹介する。
今や本ブログの読者は、渋谷区内に止まらない。渋谷区議会の自民党議員、公明党議員の無知・無能・横暴が多くの人の知るところとなってきた。
ただ、自民党、公明党の議員の全てが、文教委員の阿呆二人と同類ではないということを、他の自民党、公明党の議員の名誉のために申し添えておく。


地方議会は二元代表制です。会派の要望書を出すのにその要望書を所管するであろう委員会に事前報告したり、委員長に報告するなどを行っているのが渋谷区議会だとするなら、二元代表制を否定するものではないでしょうか。自民党区議(一部か全部か知りませんが)の不勉強は我が区でも同じですが、公明党区議の対応は公明党本部に見解を尋ねられたらどうでしょうか。
嘗て、目黒区議会さんでは政務調査費問題で全公明党区議さんが辞職され一新されたそうですが、渋谷区の文教委員会に所属する議員の名前を示して、委員会での質疑をそのままコピーして見解を問うてみてはいかがでしょうか。傍聴者がいてここまで酷いのは公明党でも稀なはずです。

(渋谷オンブズマン代表 久保田正尚)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

んん?

文教(8人)
 ◎牛尾 真己
○下嶋 倫朗
沢島 英隆
長谷部 健
堀切 稔仁
  丸山 高司
  吉田 佳代子
  菅野  茂

あっ
何これっ!
桑原の怪獣が混じってるじゃん

ちょっとぉー
おもちゃ箱整理しようよ

要らない怪獣は捨てようよ、ねぇ

怪物

区教育委員会という怪物を制御できる機関は存在しないのですか?

区議会の文教委員会も都教育委員会、文科省も何も出来ない。

区長の意を汲んだ教育委員と教育長の決定に従い突き進む。

そして、誰も再考を促す事も止める事も出来ない。

悪夢のような現実。

でも、諦めたらそれで終わりです。

筋の通らない犯しい事を犯しい!と言い続ける事が大切と思い

日々過ごしています。

No title

今日も区議会の予定表では文教委員会が開かれる事になっています。
また一歩も委員会室に入る事が出来なくても代々木小の保護者は傍聴に行くことでしょう。
代々木小の保護者は、とても真面目ですし行動力のある素晴らしい方がたくさんいます。
山谷小の保護者に「代々木小は良い学校なので行くのが楽しみだ」と言われた方がいますが、代々木小が「良い学校」なのは保護者が学校に積極的に関わり、また先生方も共に「良い学校」にしようとしているからです。
人任せ、学校任せでは「良い学校」は出来ません。

今回の山谷小建て替え問題が起きて、更に代々木小学校が大好きになりました。

No title

本当に代々木小には、素晴らしい人がたくさんいます。

皆さん、親として精一杯子どものために、友達の為に

頑張っています。

自分のことだけ考えたら、もうあきらめているかも。

みんながみんなの子どもの為に

頑張っているんです。

そして、こんな事になって、多くの人がこんな思いに立ち向かっていること

知りました。そして、勇気を貰いました。

久保田さんをはじめ、オンブズマンの方々、本町の方々

地域の方々、OBの方々、同じ代々木小の皆さん

話を一生懸命聞いて下さった一部の区議の方々

そうですよね。おかしいことはおかしいと言いましょう。

しょうがない、とか、あきらめないで。

それは、まるで、いじめを黙認している大人と同じです。

おかしいと言うことから、何かが変わると信じて、まず、言ってみて!!

意見がまとまらないではなく、意見を言ううちに

何かこたえがみえてくるはず。

お互いが近づきあうはず。

そうしなければ、何も解決、されてはいない。

話し合うことが大切と思いませんか?山谷小の保護者の皆さん。

教育委員会で働く皆さん。渋谷区職員。渋谷区区議の皆さん。

おかしいことは、誰からみてもおかしい!!!!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: