【請願】情報公開のコピー代を値上げすることを求める請願

情報公開請求に係るコピー代は、現在1枚10円であるが、職員の作業時間を考慮した金額に改める(値上げ)ことを求める請願が、本日、渋谷区議会本会議で採択にかけられる。 請願人は一人で、共同提出者はいない。

この請願は、コスト計算ばかりで、情報公開制度の基本的理念を没却しているばかりか、時代に逆行するとの批判が、報道関係者や有識者から上がっている。
ある報道関係者が本件請願の提出者と接触したところ、開口一番「あー、公明党の請願ね」と言ったそうである。
確かに、紹介議員の筆頭は植野修(公明党)であるが、何とも露骨な言葉である。
この請願は、請願者が自らの意思で書いたものなのであろうか?
以下、請願全文を紹介する。


情報公開のコピー代について検討を求める請願

最近、渋谷区に関するマスコミ報道で、情報公開のことが数多く見受けられます。新聞報道によると、ある区議会議員が勤務日報などを2000ページも請求したと書かれていました。
情報公開制度は、区民が区のことをよく知るうえで、非常に重要なものであると考えますが、このような大量の請求を処理するには、たいへんな事務量を要するのではないでしょうか。渋谷区では、情報公開時には資料1ページにつき10円のコピー代を領収すると聞きましたが、2000枚もの資料を請求してもわずかに2万円にしかすぎません。
情報公開請求があると、資料に個人情報がないかチェックし、個人情報があるときは、その部分を墨塗りにする作業を行い、それをコピーするのだと伺いました。コンビニでコピーを取ると1枚10円かかりますが、利益を上げる必要がない区役所でも、コピーを複数回行えば、コピー代の実費は10円以上かかるのではないでしょうか。
ましてや、これらの作業は、重要な文書を扱うわけですから、委託するわけにはいかず、職員の方が作業せざるを得ません。職員の方の時間給がいくらかはわかりませんが、人件費を考えたとき、資料1枚を処理するのに10円のコストであるとは考えられません。
現在、我々区民の暮らしも厳しくなり、区の税収も減ってる中で、一部の人の情報公開請求に、多くの事務量を費やすのであれば、それ相応のコピー代を求めるべきであると考えます。私たち区民の血税を有効に使ってもらうためにも、情報公開のコピー代を事務処理に見合った金額にしていただくなど検討していただきたい。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

これが、害獣達の役割分担か。

桑原と職員、
そして桑原と密接な関係にある自民、公明の議員、
それから一部地域を支配して、これら害獣を下支えしている某宗教団体。

今年のお言葉大賞は、「あー、公明党の請願ね」





No title

血税を使って云々と言うなら、会派の利益や選挙の事しか考えず、ただヤジを飛ばしているだけの議員の議員報酬を削減したら。

もちろん、ちゃんと区民の事を考えて仕事をしている堀切さん達は議員報酬そのままに!

No title

人件費
すでに税金で賄われていること忘れるな

公僕が事務作業手数料とる提案
これも誰が提出したかTVや報道でつるしあげてやれ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: