スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【おやじ日本】証人尋問が決まる

10月26日(金)、東京地裁民事2部において、おやじ日本事件住民訴訟の弁論準備手続きが行われた。
この事件は、渋谷区立勤労福祉会館の一部を、渋谷区がNPO法人おやじ日本に対して、行政財産使用許可の手続きを踏まず、無償使用させたことの違法性を問う住民訴訟である。

本件訴訟は、12月21日に弁論準備手続きが終了し、来年2月19日に証人尋問が行われる予定である。
証人は、渋谷区副区長・水村信行及びNPO法人おやじ日本事務局長・小山洋子が予定されている。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

「私はあなたの言葉になれる」

見たことのないバックナンバーをゲットした。
その中の一つ
「渋谷区長と区議会議員と職員に不正対しての仕分けをしています」

おー、これだ!

No title

静かだな。
んじゃ、連投しちゃぉ。

私は今でも思い出す、あの地震。
私はその任務から、地震直後の安否確認のため各戸を巡回した。
住民から出た声は、
「渋谷区は何もしてくれない。」
「どこに避難したら良いですか?」

「はぁ?」
私は続けた
「渋谷区から指導も何も受けてない?」
応えは
「何も聞いたことも無いんです」

「かもな、私も知らない」

私はその後、渋谷区へ確認をした。

渋谷区の応答は
「町会(某宗教団体)を通してくれ。その代表者になら、答える」
「はぁ~?」

そんな中、あの選挙は始まった。

No title

3人の人から手紙が届いた。

広瀬、桑原、前田

私は証拠方法として証拠説明書と共に、
地域振興課、広報課の対応及び当該手紙、並びにその後の文書を
いつでも提出できる状況にある。

ここは私の日記じゃないので、以下、略。

H氏の素顔

H氏から手紙?
興味津々。

ちょっと話ズレますが…
H氏
地元では温厚な優しい
皆の力になってくれる頼りになる方と
某宗教団体の方々言っていました。
何か困った事があったら
相談しなさいと。

だけどね~
実際は末端の区民の声には
耳も貸さない

信心してないから
対応する必要無いってか?
シカト決め込むつもり?
このブログ見てるのでしょう?
身に覚えあるだろう。
胸に手を当てて考えてみい。

昔々地元で区議をされていた
S氏の後釜だ?
S氏の後を継ぐ者だ?
笑わせるな。

S氏は
お金が、あっても無くても
信心していてもしていなくても
困った時には
助けてくれました。

差別をしない
信頼できる素晴らしい方でした。

H氏
あなたは
S氏の足元にも及ばない。

某宗教団体の
後押しがなければ
票が集まらないって自覚あります?
地元の方々が
宜しく頼むと近所の知り合いに
頭下げて回ったお陰なんじゃないの?

善良な
世間知らずの
信心深い方々の働きの上に
平気であぐらをかく
実は信用出来ない
腹黒い方ですよね。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。