スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【区議会】情報公開請求に関する申しあわせ

渋谷区議会が渋谷区議会議員の情報公開請求権を自主規制しようとする動きの裏側について、以下の通りの投書があった。尤も至極な意見であり、渋谷オンブズマンも賛成する。
渋谷オンブズマンは、堀切議員が一刻も早く、渋谷区議会の情報公開請求の申しあわせから離脱する明確な意思表示をするべきであると考える。


渋谷オンブズマンは何処が問題かを具体的に分かりやすく解説をして下さい。文書には「議会における調査について、委員会、議会が納得するまで審議を尽くすために・・・」と書いておりますが、
(「罠」わな1)堀切議員が行っていることは委員会や議会(?)が取り上げないから調査している事が多いのです。『前田議長が桑原区長に出した文書の裏にはこの文書を堀切議員が同意した場合、堀切議員は委員会や議会(?)に申し入れ、委員会や議会が同意して調査事項にならなければ何一つ議員として調査できなくなるのです。つまり、堀切議員の調査を拘束することに繋がります。』
また、(「罠」わな2)「・・・なお不明な点が残り、それ以上の審議が不可能と思われるときには・・・」とある点に付きましても、住民訴訟は事実が判明してから1年以内となっております。審議をしている間に堀切議員は住民監査や住民訴訟も出来なくなります」とオンブズマン側の見解を区民に分かりやすく解説して頂きたいと思いますが如何ですか。500字制限なのでこの程度しか書けませんが。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

ほんまに。

法定期間にしたって
こんなひどい地方公共団体を想定してないもんね。

「ただし、正当な理由があるときは、この限りでない。」

この但し書きで救済されるのか?
しかし、その間にも渋谷区は
隠蔽、改竄、工作し放題だもんね。

「不存在」「存在しません」

得意の台詞は
今日も渋谷区を埋め尽くす。

どんな仕事してんねん。


最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。