【統合問題】合同準備委員会は茶番のようだ??

代々木小と山谷小の統合に関する合同準備委員会が、渋谷区役所において、11月2日18時から開催された。
池山教育長は、両校の統合に対して「思いを同じくする人」、すなわち賛成する人だけが参加できる準備会で、反対者は遠慮してもらうとして、現職の代々木小学校PTA会長を排除した。
また、この準備委員会は正式なものではないので傍聴を認めず、議事録も作成しないようである。我が耳を疑う、信じ難い対応である。教育委員会が主催する会が、こんなことで許されるのであろうか。このような非公式な準備会で話し合われたことが、両校の統合に影響力を持つようなことがあってはならない。

このような茶番劇を行う教育委員会は、おそらく渋谷区だけであろう。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

あーあ

なんともまぁ
そうだったんだ

そうか、また公費で座談会っすか



No title

一体いつまで、こんな事をするのだろう!結局この異常な事態に区民が無関心でいるから、やりたい放題の区制が幅を利かせる。他人事ではない。もうすぐ近隣校の鳩森小で90周年の記念行事があるが、「明日は我が身」式典に来る区長に「おべっか」を使ってばかりいないで「子ども達の未来を守れ」と、詰め寄る場面が欲しいところ。まあ、無理だろう!

教育長!

「思いを同じくする人」だけなんて仲良しサークルですか?
両校の保護者・地域住民との合意形成する意思なし!という事ですね。

また、余計に拗れることして…
教育長!!責任取れるの?!

No title

委員会では、山谷のPTA会長だけがハッスルしていたみたいです。
山谷のためだけの委員会?
代々木小の学区域の町会長が発言してもほとんどスルー。

11月11日に山谷小で建て替え工事説明会があるそうです。
保護者はもちろん、地域住民など誰でも参加出来るそうですので
是非、話を聞きに行きたいと思っています。

もう一つの茶番劇

11月9日午前10時から区役所前駐車場地下1階A会議室で「区立学校在り方検討会」が開催されます。
教育委員会の諮問に応じて区立学校の適正規模及び適正配置に関する事項と教育委員会が必要と認める事項についての審議をし、答申するそうです。
はじめは、この検討会の委員は公募すると文教委員会及び教育委員会定例会で言っていましたが、公募されず教育委員会が人選しました。

また、茶番劇の開演です!

No title

代々木小学校では、、合同準備委員会の議事録が
全保護者に配布されました。
全員が、教育委員会の横暴な発言を
共有しています。

何のための、なにを話し合うための
委員会なのか?
いろいろな意見として、公平に
聞くためものでは、ないのか?

一方的に、ただ、自分の思い・意見だけ
話している人・・・。それは、何か話し合いを
したんですか?
アンケートとかの結果?
教育委員会のように、一人。二人の意見を
正論にしてるのでしょうか?
それとも、自分勝手に反対に利用する手法?

思っていることを話しましょう。
自分達の学校の事・子どもの事に
もっと、関心を持ちませんか?
勝手に決まっていって、いいんですか?

教育委員会がやろうとしている
この委員会は、ただの形だけ・・・
やったという結果だけ・・・・

反民主主義

代々木小のPTAが総会で決めた会長を教育委員会が認めないなんて
異常です。
何の権利があって教育委員会が口出しするのですか?
PTAは、教育委員会の下部組織ではありません!

小P連の会合の始めに教育委員会に歯向かいませんみたいな
4か条を毎回読まされるのも異常!

もう一つの茶番劇

明日開催される「区立学校在り方検討会」の区民代表を調べてみました。
常盤松小のPTA会長で氷川神社の禰宜の方、氷川地区町会連合会長さん
長く常盤松小にいらした現猿楽小校長先生が入っていました。
校長会からは、前出の猿楽小、富ヶ谷小、代々木中、笹塚中の校長先生。
他にも、渋谷駅周辺地域の整備協議会メンバー。代表がクワハラの渋谷区社会福祉法人の評議員とか何処に結論をもって行きたいか見え見えのメンバーです。

つぎの標的は常盤松小でしょうか?
代々木中も人数少ないので危ないですね。
猿楽小には、公明党の沢島区議会議員のお子さんが通われているので
本町小の丸山議員がしたように中からも攻撃をうける危険性大。

明日の茶番劇の開幕を楽しみにしています。
スリリングな劇になることでしょう。
でもあまり先が解るようなお芝居は面白くないのでシナリオの工夫を
期待します。

教委がそもそもイジメ体質

>小P連の会合の始めに教育委員会に歯向かいませんみたいな
4か条を毎回読まされるのも異常!

何それ?

初めから、言うことを聞く人としか話さないというのが、教委のポリシーなんですね。腰抜かしました。

話の合う人しか話し合いに入れない、というのはイジメの第一歩。こりゃ、教委に校内イジメの是正指導は無理でしょう、自分たちがやっているんだから。

見た目の違い、立場の違い、好みの違い、意見の違い、時には宗教の違い・・・それらをまず認め、お互いを尊重した上で、何とかトラブルを避けて合意点を見出す。学業と同時に一番大事なことですよ。

それができないなら、イジメ発生→隠蔽の繰り返しです!

No title

明日のオンブズマンが楽しみだ。
このごろのアクセス数のカウンターの
速さにオドロク。
一日1000は、軽~く超えている。
誰が、見ているのな~。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

11日から承認されない上のコメント。
気になって眠れません。
承認してあげてください。

No title

このときの代々木小のPTA会長を入室させるさせないの話をしている時の
池山教育長の顔。鬼の形相だったとか。

幾ら取り繕っても、歳を取ると、性格が顔に出ますからお気を付けあれ!!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: