【説明会】山谷小で近隣住民に対する説明会を開催

11日(日)午前10時から、渋谷区立山谷小学校において、同小学校の建て替えにに関して、近隣住民を対象とした説明会が開催された。因みに、保護者を対象とした説明会は11月21日(水)午後7時から予定されている。保護者の多くは近隣住民であるのに、何故、別々に説明会を開催するのであろうか。あくまでも住民を分断しようと目論んでいるのであろうか。

出席者は約70名であり、区議会議員も多数出席した。
13名の出席者が発言をしたが、本計画に対して批判的な厳しい意見が続出した。その代表的な意見は以下の二つである。
一つ目は、渋谷区には住民に対する説明と、合意を得ようとする努力が欠落しているという意見。
二つ目は、山谷小学校では、平成16年から、アスベスト除去工事、体育館の全面改修、校庭の張り替え工事と続いており、こんなことなら、もっと早く建て替えるべきではなかったのか、渋谷区は中長期の見通しが全く欠落しているという意見。

当日は、小学校PTA連合会のバレーボール大会、代々木小学校ではバザーが開かれていた。なるべく、人が集まりにくい日時に、やりたくない説明会を開くのが、渋谷区の常套手段である。

sanyaann21.jpg
新 校 パース

sannya20121111_100942.jpg

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

本町でもそうだったな、前年度に多額の金を使って運動場の回収したのに、翌年は三校合併の学校を建てた無駄遣いをしたのに。
山谷だって補強すればまだ使えるのだ、新工事でキックバックを狙っているしか思えない。

区議も出席したようだが、二元代表の意味が分かっていない自公の議員の発言の詳細を知りたい。
竜一と修

No title

説明会、参加してきました。

一番多く質問されていたのは、校庭の狭さだったように感じました。
今の山谷小のみの児童数でも狭いのに計画にある現在の約二倍にあたる400人規模の学校になった時、さらに一人あたりの校庭面積が狭くなる。
代々木小より狭い山谷小の校地に新校舎を建てる合理性に疑問が呈されていました。

初めて山谷小の体育館棟に入りましたが、凄く立派。
体育館を建替える時にも耐震基準を満たしてないことは解っていたのですから、その時点で校舎も一緒にやればもっと効率的に出来たのではないでしょうか。
計画性の無さは明らかです。

あと、建築費。
40億という金額を上げて質問している人がいましたが、教育委員会は初めて聞く金額とのことでした。
心の中で「それなら幾ら掛かるの?」と突っ込みを入れてしまいましたが
帰って来てから、聞けば良かったと後悔しています。
区役所に情報公開請求したら解るのでしょうか。

No title

区議会議員さんがたくさん参加していましたが、
肝心の斉藤竜一議員は欠席。
思い切り地元の問題なのになぜ来ない!!!

No title

アホな竜一は欠席したのか、利口ぶったアホの修は適当な言葉でゴマカシたであろう、飴が喉に引っかかっていたのでナントカカントカでナンマイダ~ホレンキョウ~! ナンデモホウレンゲキョー、
ナンデモ出き上がりますヨーに、古谷美香子も入学しますように。
ホーレンキョ~~~!

No title

西原図書館も建て替え直前にトイレの改修工事と外回りのスロープ工事をしていた気がします。工事終了後3カ月後位に建て替えたような気がする。結局、渋谷区は計画性が何もないことで税金の無駄使いばっかしているんだろうな。

No title

自民、公明の議員は誰も来て居なかったと思います。

次の区議会選挙が見物でしょう。
いくら某宗教団体や親からの地盤があっても苦労すること
間違いなし!!!!!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: