【請願】子どもの教育環境と、心の安全を守る請願

現在、開催中の渋谷区議会第4回定例会に「子どもの教育環境と、心の安全を守る請願」が提出され、審議されている。
請願の提出者は、渋谷区の子どもの教育環境を守る会である。
紹介議員は、笹本由紀子(純粋無所属の会)、田中正也(共産党)、五十嵐千代子(共産党)、新保久美子(共産党)、苫孝二(共産党)の5人である。

請願事項は以下の通りである。
1.両校(山谷小、代々木小)の子供達のため、教育環境を激変させ、心の安全を脅かし、イジメや不登校などのリスクを増大させる、山谷小学校児童を原則的に代々木小学校へ転校させる措置をやめて下さい。
1.情報提供を両校児童保護者・地域関係者に的確に行い、共通認識と開かれた場での充分な討議を踏まえて、関係者の合意形成をして下さい。

12月6日に文教委員会で審議されたが、「情報公開コピー代値上げの請願」に関する新聞記事に的外れなイチャモンをつけた、請願に関して理解不足である丸山議員が反対の論陣を張っていたが、その態度の傲慢さに、約30人の傍聴人は呆れ果てていた。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

これは良いじゃない
請願らしい
しっかり審議しよう

子供、心、住民の利益になる

比べてあっちはなんじゃ

公明党、自民党、新民主だっけ
訳のわからんことやってるのは
角田美代子課長も自白するよ

頑張れ代々木!

「区民の声を届ける党」なんていいながら
「区長の声を叶える党」が多すぎる

区民の声を聞いてほしい

請願とか、質疑とか聞いていると
どの党(議員)が区民の声を届けるのか
わかるよね・・・

区長に引き続き丸山もリコール候補かな
丸山の再選はないかな


丸山の票田も終わりだな

いらないよね

文教委員の丸山・下嶋・沢島・長谷部は
みんな区長のYESマン
こいつら排除しないとダメだろうね・・・

さよなら和室

今週、月曜日と明日の2日間で和室を使いお茶会が開かれています。
代々木小の和室には随分と前から茶道道具一式があり、それを使って
度々お茶会が開かれていました。
4月の花見の茶会、6月には紫陽花の花を床の間に飾って、7月には
笹を飾って七夕茶会。10月には秋の取り合わせで、3月には6年生を
送る茶会を下級生が頑張ったこともありました。
今、クリスマスの道具を取り混ぜてさよなら茶会を開いています。

現代の生活の洋式化によって自宅に和室がない家が大多数となっています。
そのような中で、代々木小の和室は子供達に畳の上に座ったり和の文化を
体験できる貴重な場所でした。
お正月には、地域の方の主催でカルタ大会もありました。
教育実習に来た学生さんが、落語のセミプロで落語を聞かせてくれた事も
ありました。
また、6年生の社会科の学習で「室町文化を体験しよう」と茶道体験、生け花の実演、能の謡本を手に取り能面を間近に見たこともありました。

渋谷区の桑原区長や教育委員長の山本さんが良く言われる世界に胸を張って出て行かれる人間の育成とは、日本の良さを知っている人間でもあると
思います。
実際に海外で生活経験のある人は、口を揃えたように「もっと日本文化を勉強すれば良かった」とおっしゃいます。
海外の人は優れた日本文化にとても関心がありますが、日本人自体が日本文化を知らないことが多いようです。
そんな中、代々木小の和室は子供達に貴重な体験や学びの場を提供してきました。
和室が無くなることは、大変な損失であり間違いとしか言えません。

来週から、工事が始まります。
教育委員会は、まず真っ先に和室の取り壊しをするそうです。
山谷小からの転校予定の子供を入れても5教室で十分なはずですが、
意地でも6教室作るそうです。
必要の無い1教室のために和室は壊されます。

残念です。

No title

教育委員会の発言は、いつも子ども達の気持ち・立場に寄り添うものではなく、大人の都合ばかりです。
子ども達の所在は、ありません。
大切なものを奪ってばかり。
愛校心・原風景ともいえる心のよりどころ・当たり前の毎日・・・
そのリスクをどうするのか・・・。

この請願の答弁、本会議の様子を是非見てください。
反対答弁の中に今の子どもの為の内容があるか、聞いてみてください。
そして、まるっきり教育委員会の言い訳と同じです。
自分達で何か調べたのでしょうか?考えたのでしょうか?
教育委員会も反対した区議も・・・。
渋谷区の異常さを公開するものとなっただけ。


No title

先週の土曜日に代々木小体育館でPTA主催の学習会がありました。
代々木小と山谷小保護者にご案内を出しましたが、山谷小からは山谷小学校校長先生のみの参加でした。
この学習会は、「ピンチをチャンスに!」という4月からの子供達の為に何が出来るのかという前向きなものにもかかわらず、山谷小のPTA役員はもちろん一人の保護者の参加が無かったことに驚きを隠せません。
もうすぐ一緒になる両校の保護者間の問題の意識の差を改めて思い知らされた日でした。

No title

代々木小近隣住民は、2年後に小学校が無くなることを知っているですか?
町会役員以外の住民が知った時の反応が興味あります。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: