【統廃合問題】頑張れ!代々木小学校保護者の皆さん!

渋谷区教育委員会は、渋谷区立山谷小学校と同代々木小学校の統廃合を、住民の合意形成を蔑ろにして、短期間に強引に推し進めている。これに対して、代々木小学校の保護者の皆さんは、粘り強く抗議行動を続けている。

この度、代々木小学校の保護者と話をすることができたが、彼らには悲壮感や敗北感は全く無く、未来を見据えて抗議行動に取り組んでいる。
保護者の皆さんは、「今回の渋谷区のやり方は、子供の権利を踏みにじり、保護者や地域住民の合意形成を蔑ろにする暴挙だ。譬え代々木小学校では敗れても、このようなやり方は二度と許してはならないと思うので、徹底的に抵抗する。渋谷区に、このようなやり方は代償が大きいということを認識させることこそが、渋谷区で育つ子供達のためになる。」と語り、自分達のような犠牲者を再び出さないために戦うという、一回り大きな視点を持ったようである。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

渋谷区は住民を潰しにかかるから
みんな、団結してください

私達も連絡を取り合いながら
皆で情報を共有し、攻撃から防御しています

残念ながら4月にメンバーの一人が、精神的にやられてしまいましたが
現在も、回復に向けて彼を応援しています

どんどんここで声を出してください
私のところにも「渋谷区は最近おとなしくなったじゃない?」と、評価もあります

子供たち、後世のために
良き渋谷区にするよう、治していきましょう

No title

気がつくと、もうクリスマス。
子ども達はそわそわと楽しそうです。
子どもはこれからの宝物ですね。
いろいろな立場の意見があるのが社会だと思います。
その中で、やはり一番大切に育って欲しいと、子ども達みんなに
願わずにいられません。
応援いつもありがとうございます。
オンブズマンを見ている渋谷応援団の皆さんへ

メリークリスマス~!!

No title

 山谷小の一保護者ですが、PTA役員の誠意がないために、ここまで混乱したのだと感じています。
その最後の例としてPTA会費の残金処理があります。
4月から代々木小と一緒になるのに、わざわざ新校設立準備金と称して、ほぼ全額を使えないように凍結してしまいました。

 対案として、そのまま代々木小PTA会費に組み入れて自由に優位使えるようにする案が出されていましたが、最後の総会の開催案内に付いていた出欠票の選択肢は、
①出席します。
②欠席しますがPTA会長に議決権を委譲します。
③欠席しますがだれそれさんに議決権を委譲します、の3つだけ。

 違う案が出ているのであれば、上記に加えて、
④残金について新校設立準備金として凍結する案に賛成します。
⑤残金については代々木小PTA会費にそのまま組み入れる案に賛成します。
の選択肢を設けるのが普通でしょう。

 要するに役員は、自分たちの意見を通すために、開催告知から総会の開催まで1週間しかないという短期間で選択の余地のない状況を作り出していたとしか思えません。
誠意のある役員であれば、1ヶ月前くらいからいろいろな議論ができるように準備していると思います。

 最後の山谷小PTA役員と違う考え方をもっている保護者もたくさんいます。4月からは代々木小のPTA会員として一緒に協力したいと考えています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: