【ホライゾン学園】いよいよ渋谷区長・桑原敏武を証人尋問!!

12月18日(火)、東京地裁703号法廷において、神宮前国際交流学級(ホライゾン学園)事件の証人尋問が行われた。
今回の証人尋問は、現渋谷区区民部長で神宮前国際交流学級が設置された当時の教育委員会次長であった柴田春喜と、神宮前国際交流学級が設置された当時から現在に至るまで渋谷区立神宮前小学校校長である川島信雄の二人であった。
ホライゾン学園は、トルコ人が経営者であるインターナショナルスクールであって、多国籍の子供が学んでおり、トルコ共和国の公的な教育機関ではない。それにもかかわらず、何故、神宮前小学校を無償使用させたのかとの質問に対して、柴田証人は「トルコ大使館から紹介を受けたから」と回答するだけであった。
トルコ大使館は神宮前国際交流学級にどのようにかかわっているのかとの質問に対しては、川島証人が「見守っている」としか回答できなかった。
裁判所は、渋谷区長・桑原敏武を尋問しなければ、肝心なところの事実関係が明確にならないと判断したのであろう。
2月5日(火)13:30から、東京地裁703号法廷で、渋谷区長・桑原敏武の証人尋問が行われる予定である。誰でも傍聴はできるので、是非、東京地裁までお越し下さい。

kuwat1.jpg
         渋谷区長・桑原敏武
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

事情の許す限り、傍聴に行きたいと思っています。興味津々です。

No title

渋谷に住んでいる者として、恥ずかしい。
ちなみに私は投票していません。
まえから、他に仕事がないのか?!と渋谷に住んでいるいろいろな方と
話していました。
いつもいつも、いろんな所で同じ挨拶ばかり。
しかも、運動会などは、あきれるほど、毎年同じ。
兄弟がいたら、何年これ聞いてるだろう??と思います。
やっぱり・・・・これだよ~。
仕事をまじめにする人じゃない。
最悪な区長。
責任とって。辞職するべき。

No title

大きな靴下に、ストライク!

「あと(区長の任期)何年?」
が、私たちのいつもの挨拶です

もう、すぐそこです

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: