【区政全般】新年交歓会にかかった税金

毎年、渋谷区では、一部の区民のための新年交歓会が、税金を使って開催されている。
今年(平成25年)の新年交歓会は、450万円の予算であり、前年度と同額であることがわかった。
厳しい財政事情のため、様々な分野で事業が縮小されているが、一部の区民のための新年交歓会は従来通り継続されている。
地方自治や行財政改革に詳しい有識者の中には「賀詞交換会は結局身内の集まりで、費用対効果は薄い。会費制にするなど改善すべきだ」と指摘する人もいる。

img677.jpg

20130104_112703.jpg

20130104_113119.jpg



スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

一応案内は、区長と区議会議長からとなっている、しかし桑原区長はは細かい事まで職員に指示を出している。

選挙の敵の矢部一しや、長妻代議士にも案内を出させない、対立候補の応援した人にも出佐内ように指示している節がある。

会場には区民でない、区外に引っ越したオバチャンまで来ている、旧取り巻きの集まりを呈している。
オバチャン達は、「もっと桑原に区長をやってもらいたい」と口をそろえる。

しかし集まった人の中には、思い付きて好き勝手をしている区政に批判が出ている、それを助長させている、自公のアホな議員と付和雷同議員ばかりで情けない、渋谷にも大阪の橋下みたいな、若くて元気なのが出ないか期待した話が出た。

イナバウアー

食べようと思ったらなにもなく、のけぞりました!まさにトツボー状態。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: