スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【管理職】渋谷区の管理職は、説明責任を果たせ!

渋谷区の管理職は(一部であると信じたいが)、自分にとって都合が悪くなると、貝のように沈黙し、こそ泥のように逃げ回り、区民に対する説明責任を放棄してしまう。

住民訴訟が大詰めを迎えている神宮前国際交流学級(ホライゾン学園)事件の発端は、情報公開の窓口において、当時の教育委員会庶務課長・児玉史郎が渋谷オンブズマン代表・久保田正尚に対して、「あなたに説明する義務はない」と言い放ったことに始まる。説明責任を放棄するのであれば、法廷で説明して貰うしかない。

笹塚中学給食事件は、当時の教育委員会事務局次長・大澤一雅、教育委員会庶務課長・菅原幸信及び笹塚中学校長・島本環樹が、給食に関して疑問を持つ保護者達に十分な説明をせず、学校と教育委員会との間をたらい回しにした結果、事態が大きくなっていった。最初から、事実を詳らかにして、間違いがあれば謝罪し、再発防止を約束すれば、事態はそれで収まったであろう。

福祉部管理課長・藤野貴久は、今、岐路に立っている。説明責任の放棄がどのような事態を招くのか、前述の二事例を参考にして良く考えてみるべきだ。もし、自分に非があると思うならば、謝罪することが事態打開の第一歩である。非がないと思うならば、十分に説明するべきだ。



スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

-----ご案内-----

本日も渋谷区芋蔓号をご利用頂き、誠に有難うございます。
ポッポ♪

1号車は区民部、2号車は福祉部、3号車は企画部、・・・・・
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/city/org/pdf/org_24.pdf
ポッポー♪♪

尚、各車両の切り離し若しくは連結、又は再編成の際には
激震が走りますのご注意願います。
ポーーーポッポー!!!

---統括責任者---
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。