【区政全般】自主防災組織育成補助金

渋谷区の各町会ごとに自主防災会というものが組織されている。「自主防災組織の育成を図り、もって震災による被害の低減を図る」という目的で、渋谷区より自主防災組織育成補助金が毎年交付されている。
平成22年度の補助金交付金額は875万7000円であった。

補助金の活用方法は以下の通りである。
(1)食糧・医薬品などの備蓄品や、ヘルメット・防災服などの防災用具の整備
(2)バケツなどの訓練用品等の整備
(3)地域の防災マップや防災ニュースの作成
(4)啓発用ポスター等の作成
(5)防災研修会・勉強会等の開催に伴う、民間講師への謝礼、お茶代、資料代等
(6)防災倉庫の修理、資器材の修理等
(7)会議用資料コピー代、事務用品代、お茶代等
(8)軽可搬ポンプの燃料代、部品代、修理代
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

今後の防災上、地域で80万足らずじゃ少なすぎるwwwwww!

No title

私が役員をしていた町会は、年間予算に繰り入れられていました。
つまり会長の交際費や、役員の飲食に使われていました。

No title

渋谷区=町会(自主防災会)=消防団
          ↑
多くの住民は、こんなイメージでいると思います。
少し考えると、「消防団は毛色が違うかな?」となります。
では、渋谷区=町会(自主防災会)で良いのか?
実は「町会(自主防災会)」、町会=自主防災会、これ自体が間違いです。

町会≠自主防災会\_(・ω・`)ココ重要!

もちろん、渋谷区=町会も間違いです。

渋谷区≠町会】\_( ゚д゚) ココ、ヨーチュウイ!!

結局、
渋谷区≠町会≠自主防災会
となるのですが、多くの住民は
渋谷区=町会(自主防災会)=消防団と思い込んでいるので
大変なトラブルが発生します。

記事にある(1)~(8)ですが、それがどんなものか?
「平成22年度の補助金交付金額は875万7000円であった。」
平成23年3月11日の地震で、みんな体験したはずです。
そうです、渋谷区は滅茶苦茶なのです。

毎年、「ポッポ」しているだけなのですから



最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: