【おやじ日本】公用使用許可の弁明

渋谷区は、NPOおやじ日本に対して、平成20年11月から平成22年3月まで、公用使用許可という手続きによって、渋谷区立勤労福祉会館の一部を無償使用させて、主たる事務所を開設させていた。

渋谷区は公用使用許可の例として、給食委託業者に給食室を提供して給食を作ってもらうこと、印刷業者に印刷室を提供して印刷物を作成してもらうことをあげた。
この二例は、いづれも渋谷区の施設を使用して、民間業者が渋谷区のやるべき業務をやっているのであるが、NPO法人おやじ日本の業務が、これらと同列に論じられるとはとても思えない。この点に関しては、原告側は次回の最終弁論で反論をするであろう。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: