スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ホライゾン学園】原告側最終準備書面③

神宮前国際交流学級(ホライゾン学園)事件住民訴訟は、住民監査請求を提出して以来、実に4年8月の歳月が経て結審を迎えた。原告側、最終準備書面を数回に分けて紹介する。第3回目は、神宮前国際交流学級の運営主体に関してである。
以下、準備書面のその③である。


3 運営主体について
(1)平成18年6月に検討した段階では、教育委員会は、使用許可の相手方について、ホライゾン学園という学校法人を想定しておらず、同年9月になって運営主体としてホライゾン学園を紹介されたことは、渋谷区や教育委員会にとって、想定外の事態であったことは前述したとおりである。

(2)この点について、被告らは、被告らが、トルコ共和国ないし同国大使館は神宮前国際交流学級の運営には直接関与していないと主張し、トルコ共和国ないし同国大使館が、神宮前国際交流学級の実質的な運営主体ないし実施主体としたのは、神宮前小学校の余裕教室の提供が、同国大使館からの依頼を受けたものであり、渋谷区がこの依頼を受けられる旨回答した後に、大使館から、直接の担い手としてホライゾン学園を紹介されたことから、国際交流学級は、形式的にはホライゾン学園が直接の運営主体となったが、ホライゾン学園は、いわば委託業者のような位置付けであると理解したからである旨主張する。
 また、被告らは、トルコ共和国ないし同国大使館が実質的な「経営」主体であるとは述べていないとも主張する(準備書面(11)の2頁)。
 上記主張の「渋谷区がこの依頼を受けられる旨回答した後に」との文言は、運営主体はトルコ共和国ないし同国大使館だと考え、依頼を受けられると回答したのに、その後になって、「直接の担い手としてホライゾン学園を紹介されたこと」についての困惑を如実に物語っている。

(3)被告らの主張する「実質的な運営主体ないし実施主体」と「実質的な経営主体」とは、どのように異なるのか意味不明である。
   トルコ共和国ないし同国大使館は、運営ないし実施については責任があるが、経営には責任を負わないという趣旨としか読めない。しかし、そうだとすると、経営の責任を負うのは一体誰になるのか? 経営の責任をトルコ共和国ないし同国大使館が追わないとすると、残るのはホライゾン学園しかない。しかし、ホライゾン学園が委託業者のような位置付けであるとしたら、ホライゾン学園が経営の責任を負うことはあり得ない。ある企業が、ある事業を業務委託し、その事業の経営がうまくいかなかった場合に、業務受託者が経営責任まで負うことはあり得ない。
そもそも教育の分野で、業務委託という概念が成立するであろうか。少なくとも教育基本法や学校教育法などは、教育を丸投げするような業務委託などは全く想定していない。教育委員会が本気で業務委託を考えていたとすれば、そのこと自体が問題である。
 
(4)トルコ共和国ないし同国大使館が、神宮前国際交流学級の実質的な運営主体ないし実施主体であるとしたら、少なくとも教育の基本理念や、カリキュラムの大綱、入学金・授業料などの基本的な事項は、トルコ共和国ないし同国大使館が決定するはずである。しかし、被告の主張を見ても、そのような主張は全くない。全てホライゾン学園が決定している。
 神宮前小学校の余裕教室の提供が、同国大使館からの依頼を受けたものであり、直接の担い手としてホライゾン学園を紹介されたことと、トルコ共和国ないし同国大使館が、神宮前国際交流学級の実質的な運営主体ないし実施主体であることとは、全く別の問題である。

(5)被告らがトルコ共和国ないし同国大使館が、神宮前国際交流学級の実質的な運営主体ないし実施主体であると主張するのは、そのようにしなければ、本件許可処分の「公共性」「公益性」の要件を主張できないからにほかならない。

(6)桑原証人は、「相手はあくまでトルコ大使であり、具体的な実現のためにホライゾン学園が入って来たのであり、ホライゾン学園はトルコ大使の意向に沿って施設運営をする立場にあるのではないかと思った。教育施設で何か問題が起こったときは、トルコ大使館も当然責任を負う立場にあると認識していた。」と証言している(13~14頁)。
 トルコ大使館を実質的な運営主体とすることによって、本件許可処分の公共性や公益性が確保されるという関係にある以上、桑原証人としては、「トルコ大使館も当然責任を負う立場にある」と証言せざるを得なかったものと思われる。
 しかし、仮に、桑原証人がそのような認識であったとしても、それは個人的な、主観的な認識にすぎない。
 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。