【区政全般】藤野事件に、もう一つの問題点が浮上!

藤野事件とは、福祉部管理課長・藤野貴久が渋谷オンブズマンのブログに対するクレームと、ブログの運営に対する注文を文書で送りつけてきた事件のことである。

藤野事件は、区議会幹事長会で話題に上ったが、今のところ議会では取り上げられてはいない。
問題点は二つあって議会の調査に値すると考える。一つ目は、本ブログのコメント欄に書き込まれているような、不正を臭わせる事実の有無の調査である。二つ目は、藤野課長が公権力を行使して、市民団体の言論活動を妨害しようとした疑いについての調査である。
当方は、いづれの調査にも協力を惜しまない。

さて、藤野事件には、もう一つの問題点がある。
渋谷オンブズマンから藤野課長への返書(以下「本件返書」という)を、議会がどのような手続を経て入手したのかということである。
議会の諸君には本ブログの愛読者が多数いるので、本ブログを読んで、興味を持って、藤野課長に公文書であるところの本件返書をおねだりして、議員の調査権の行使ということで、入手したのであろうか。
あるいは藤野課長が、「大変なことになってしましました。窮地に追い込まれました。助けて下さい。」と言って、本件返書を議会に提供したのであろうか。
あるいは当初より、藤野課長は特定議員に依頼されて行動を起こしたのであるから、本件返書も含めて、逐一報告していたのであろか。

当方が本件返書を情報公開請求をしたところ開示されたのであるから、本件返書は公文書であることは間違いない。第三者が情報公開請求をすれば、被覆される個人情報が、議会内では開示されたまま公開されるようである。ここでも公文書の取り扱いが問題になりそうである。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: