スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ホライゾン学園】ホライゾン学園住民訴訟は残念ながら敗訴!

渋谷区立神宮前小学校の一部を、私立インターナショナルスクールであるホライゾン学園等に無償で使用させているとして、その使用許可及び使用料免除の取消を渋谷区に求めて、平成20年9月25日に提訴した住民訴訟の判決言い渡しが、6月11日、東京地裁であった。
判決は、原告側の主張が認められず、請求は一部却下、一部棄却であった。住民訴訟の要件である財務会計上の行為の認定が、近年、狭められているが、本判決もそれに沿ったものとなった。
使用料免除に関しては、実態審理がされたが、トルコ人子弟のための教育と国際交流に公益性があるとの判断であった。

しかしながら、判決文の中に「渋谷区においては、営利活動としてのインターナショナルスクールのために公有の教育財産(行政財産)である神宮前小学校の施設を無償で使用許可しているとの疑念を区民に抱かれないように、不断に、その活動、運営実態、収支状況等を把握し、使用料免除の許否等を検討していく必要があるものと考えられる」と指摘があるように、少なくとも、平成20年当時の渋谷区教育委員会庶務課長が、原告らに「本件に関して説明する義務はない」と言い放ったような蛮行は許されず、渋谷区は区長以下、アカウンタビリティー(説明責任)を果たさなければならない。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。