【記事紹介】渋谷区の情報公開請求件数は減少傾向にあった!!

読売新聞(10月12日朝刊)は、渋谷区の条例改悪による情報公開の制限を報じている。
それによると渋谷区においては、情報公開請求件数及び公開文書のコピーの枚数は、近年、減少傾向にあることがわかった。それにもかかわらず、区長主導で条例等を改悪してまで、情報公開請求を押さえ込んだ真意はどこにあるのだろうか。
桑原区長は、堀切稔仁議員の追及がよほど恐ろしいのであろうか?それとも渋谷区には、公開すると問題が生じる公文書が多々存在するのであろうか?

201310yomiuri1.jpg

201310yomiyuri J titu1
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: