【記事紹介】渋谷区の情報公開条例改悪が大きく報道される!!

渋谷区の情報公開条例改悪が、毎日新聞(10月28日朝刊)で大きく報道されている。
行政情報の透明化という時代の流れに逆行した愚行であると、全国の有識者から批判されている。
これまで情報公開請求によって、渋谷オンブズマンと堀切稔仁議員から苦汁を飲まされた渋谷区長・桑原敏武が、コピー代の値上げと却下規定の新設によって、情報公開を統制しようとしているのである。しかし、それは功を奏しないであろう。人々は、必要な情報には金を惜しまないであろうし、不当な却下に対しては訴訟で対抗するであろう。勿論、渋谷オンブズマンは先頭に立って戦う。
渋谷区が、先進国である日本の中において、取り残された前近代的自治体であるという汚名を返上する日まで、長い道のりではあるが、戦いは続く。

201310281752583bd.jpeg
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: