スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【区議会】火のないところに煙は立たない!?

渋谷区議会の第一回定例会が3月4日から始まった。今回の予算は、区民の生活、福祉に役立つものもあるが、来年の統一地方選挙の時期に完成する多くの施設などは、区長や地元議員の手柄としたいのかと?疑わしきものも散見される。
特に今回の定例会では、庁舎の定期借地権の設定、土地の購入、施設工事等の議案があり、そこには区長、議会、役所、関係者の様々な利権を疑いたくなる。

さて5日の渋谷区議会本会議において、笹本議員が、静岡県伊豆の河津町にある旅館を購入する件に対して質問したが、笹本議員の質問内容に物言いをつけた議員達がいるらしい。
この旅館は渋谷区がある人物から頼まれて購入するらしいが、渋谷から遠く離れた中古の旅館を二億二千万円で購入し、区民保養施設にするとは腑に落ちない。
多くの自治体では施設、土地を処分しているのに、わざわざ今頃、中古旅館を購入するのは渋谷区だけだろう。

「とうとう焼きが回ったのか」と陰口を叩く職員達も多い。
新人議員の質問に若干の差異があったのかもしれないが、区長親衛隊のベテラン議員たちは議事録の訂正と謝罪、懲罰や100条委員会だと息を荒げる議員までいるようだ。
血税を二億二千万円も出して購入することとなるならば、100条委員会を開くのも良いではないか。そのことによって、暗黒の中に煌めく真実が世間へさらけ出されるかもしれない。今回も早速、総務区民委員会へマスコミが来ているが、更に区長親衛隊のベテラン議員たちが話を大きくすれば、報道機関の注目も増すであろう。
マスコミの皆さんの更なる取材によって、渋谷区のブラックホールの奥も解明されるかも知れない。
スポンサーサイト

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

目黒区は箱根の保養施設を売却しました。施設を維持して行くには税金がかかりすぎるというのが理由です。渋谷区は中古の旅館を税金2億2千万円も出して買う事には首をかしげたくなりますね。100条委員会が楽しみですね。

No title

区長親衛隊のベテラン議員達の動きをとくと注視してみよう。
それが、この買収案件のカギを解くかもしれない。

図書館

最近、図書館で「鉄の骨」借りた。

S区がでてきたので興味深く読めたが、
図書館は他の区とかとくらべて
本の冊数あるい種類が少ないかんじが
する





No title

また 僻地に購入とは 車で行くとなっても週末大渋滞
大雨降れば運休 そんなところ2.2億も出すとは

区民の血税は桑原のお財布なのか? 

これが本当だったら・・・渋谷区民は税金をもう払わなくてよいんじゃないか???
桑原別荘を買うために税金払っているわけでも無し。

抜本的な改革が渋谷区には必用。

渋谷区という組織が腐ってきている。街レベルの末端まで。

渋谷区議会に期待したい。

No title

確かに、煙は立たない。
末端の街レベルまで腐りきっている渋谷を一掃するには、こうした煙から火の元をしっかり見つけ、消す必用があるだろう。。。。

余談だが、道玄坂・文化村・センター街といった街レベルの活動にも目を光らせたい。何せ無駄使いが多い。渋谷の商店街のため、と歌って、理事クラスの店で年末年始の飲食の持ち回り。本当に商店街の為というのならば、理事クラスでない店に食べに来てみろ!と言いたい。町内会費を払っているので、収支表を見せてもらったが・・・・。どんぶりも良いところである。町内会費だけの運営であれば、こちらが脱会すれば問題ないのだが、かなりの補助金をもらってるんだから、メモ充てられない。こうした小さい税金の無駄使いに目をつぶり続けて来た結果が、自治体クラスから議会クラスまでの腐りきったお金の使い方だ。某役員がお亡くなりになり、本当に汚い組織に成り下がった。

ま、ちんぴらが理事にはいっているようなら仕方がないが。

目をつぶるも目を光らせるも我々次第、ではないだろうか・・・・少しでもこうしたオブズマンの記事を拡散し、汚い政治を排除していくべきではにか???

こうした私的(??)にも見える血税の使い道の先に何があるのか、購入先の血縁なども含めて渋谷区との関係を徹底して調査して欲しいと思う。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。