【区政全般】定期借地権を設定して新庁舎を建設!

最近、桑原区長は、「新庁舎は無料で建設できる」と町会、商店街等では言っているようである。
しかし多くの人は、定期借地権を設定して、マンション業者へ現庁舎前を貸与する見返りに、庁舎と公会堂を無償で建築させるとは理解していない。新年のセルリアンホテルの祝賀会の出席者の中にも、「マンション業者に土地を売るのか?」と勘違いしている人がいた。

さて桑原区長は、先の区議会本会議でにおいて、「渋谷区は585億円も積立金がある」と自慢したようであるが、それならば何故、起債を発行して自費で新庁舎と公会堂を建てないのであろうか?
定期借地権は契約期間が70年であるが、契約企業がそのまま存在するとは思えない。日本の企業で半世紀続く企業がどれほどあるのだろうか?
そもそも区長は何故、他の区市町村の様に、新庁舎建設に関して、住民との対話をしないのであろうか?
それは桑原区長自身が、定期借地権を使う計画に対して自信がないからなのであろうか?目新しい計画だが、計画そのものが上手くいかない可能性もあるのだろうか?70年の計画が途中でどうなるか説明できないのであろうか?
スポンサーサイト

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

ながすぎ

70年長すぎ 今いるおとなはだれもいなくなるし
区もあるかどうか...

ビル風

 70年も同じ業者と契約しているのは問題だと思います 自前で立てた方がいいと思います。 小学校横の工事や、ビル風も気になります。ただちに影響ないということになっているとは思いますが。

区もあるかどうか。たしかに。して、この区長はもともと渋谷区民ではないはず。

渋谷区のお金の使い方のずさんさも問題あり。

商店街への出資金→その金で商店街がのんだりくったりしても調査していないような区である。

どうしようもないよね。渋谷区。

そもそも、商店街にそのような言い訳をしているって。渋谷区の中心の商店街なんて、理事が新聞記事にも載ったりしたもとヤクザだったりするんだからどうしようもない。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: