FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【建築紛争】三菱地所が「新計画」・羽沢ガーデン開発許可差し止め訴訟

 hanezawa2

 三菱地所が渋谷区広尾の羽沢ガーデン(写真)にマンションの建設を進めている問題で、東京都と渋谷区に対して開発許可の差し止めを求める羽沢ガーデン環境行政訴訟の口頭弁論が11日、東京地裁であった。今年1月28日に、開発計画を進める三菱地所は、渋谷区から開発計画の事前相談書をいったん取下げていた。
 ところが、今回、渋谷区から三菱地所が作成したラフスケッチと呼ばれる「新計画」が提出された。新計画の詳細は未定ではあるが、緑地面積は以前の計画とほとんど変わらず、飛び地にあった提供公園が無くなるなど、以前より改善された計画とは言い難いものになっている。
 裁判長は渋谷区に「事前相談の中で計画変更できなかったのか?なぜ、いったん取下げてから、新計画を出すのか?」と質問。また「前の計画の事前相談が不調に終わり、取り下げられた詳細な経緯」を次回口頭弁論で準備書面で提出するよう命じた。
 開発計画の事前相談書を取下げ、一ヵ月も経たないうちに、変更はほとんどない状態での次の計画の相談を始める三菱地所と渋谷区の不可解な行動が、今後、裁判で明らかにされていくことになりそうだ。
 近隣住民は、24日に羽沢ガーデンの保全について、桑原敏武渋谷区長と会談する予定だったが、新計画に渋谷区が大筋で同意をしたという情報を得て、急きょ中止を申し入れた。また、住民は新計画の撤回を求めて、裁判を続けていく意思を明らかにした。
 なお、渋谷オンブズマンのメンバーは、本件原告団に参加して、裁判闘争を支援している。
スポンサーサイト

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

こういう開発がどこかで止まらないと、都市環境はますます悪くなります。まず足元の緑を守りましょう。

壊してしまったら・・・お終い

東京都西東京市に東大の約10万坪に及ぶ農場・演習林があるのをご存知ですか。
日本の国立大学は演習林や演習農場を持っています。勿論学術研究が大きな使用目的ですが、独立行政法人化以降一段と文科省からのお金が来なくなり、維持管理が難しくなってきています。そのために何処の大学でも演習林の切り売りを始め、いまや目も当てられないズタズタな状態のところが出てきているそうです。

この農園・演習林を開発から守ろうと署名を集めるなどの運動している人たちがいます。
http://calendar.blog.eonet.jp/peace/2011/02/index.html
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。