【笹塚中学】笹塚中給食問題で進展、新たな事実が判明

 平成20年度の渋谷区立笹塚中の学校給食について、1日あたりの食材費に大きな差異があり、栄養配分にも疑問があり、生徒と保護者の間で問題となり、保護者会が開かれて校長が陳謝していたことは、渋谷オンブズマンのブログで11月15日に報じた。その後、渋谷オンブズマンの調査や関係者の情報提供で、新たな事実が判明してきた。
 以下は、保護者の疑問に対する教育委員会の見解。
1.可食量(1人あたりの食べる分量)×人数=総注文量にならないのは何故か?
  →本来は、総注文量になるはずであり、教育委員会は学校に対して、「給食の記録」の訂正するように指示した。
2.給食の食材費が、各月で大きな差があり、3月が突出しているのは何故か?
  →平成20年度は、牛乳や小麦の大幅値上げがあり、更に先行きに不安があったので、現場の判断で、年度途中で食材費を抑えて献立を作っていたので、質素な給食になってしまった。そのため、年度末には給食費が余ったので豪華にした。
3.給食費の管理、執行に不適当なことはないのか?
  →適正に管理、執行されている。

 さて、「給食の記録」について、渋谷区教育委員会が笹塚中に対し、訂正するよう指示し、同中はその作業中との情報がある。しかし、渋谷オンブズマンが情報公開請求を提出した以降に、公開日を延長し訂正作業をしているので、区教委は訂正理由を説明する義務があり、できなければ単なる公文書の改ざんとなる可能性もある。それが重大な結果をもたらすことは、承知のことであろうか。また、給食費の会計帳簿や通帳が非公開決定処分となれば、取消の行政訴訟は避けられそうにない。  
スポンサーサイト

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

毎晩遅くまで、笹中に集まって、パソコンに向かって作業している人たちがいますよ。
どんな給食記録が出てくるか楽しみですね。

もう政務調査費から盗みませんから

私は学務課と笹塚中学校の特定の親を誹謗中傷し過ぎちゃいました。
許しちてくだちゃい

教育委員会としてはどこまでも真実は隠します。校長や副校長は逆らえば飛ばします。PTAはちょろいもの。オンブズマンもしょせん部外者。

だって

PTAは、チョロイどころか
ここのPTA執行部は、校長と仲良しだから、
自分のこどもににどんな給食を出されてても、
追求もしなけりゃ、疑問の一つも感じないみたい。

無残な臨時保護者会の説明聞いても、
給食費を払っていない親がいても、
「問題なし。」「見守ります。」って、公言。

何をひたすら見守るのだろうか。
給食費の未払いがある限り、安定した給食提供は難しいよね。

No title

子供はこの学校ではありませんが給食の記録をみました。
食材が消えても栄養やカロリーがそのままだったのでびっくりしました。公立なのに酷いです。毎日4人の印鑑が並んでいました
情報が保護者に知らされないようです。信じられません

対岸の火事ですよね。
部外者だと何でも言えちゃいますね。
インターネットの功罪だね。

給食費の未払いって、誰の責任?
学校の責任なのかな?
教育委員会の責任なのかな?
PTAの責任なのかな?
それとも・・・・・・・・?
問題を履き違えてないかな?

この問題、相当ヤバイよ。グチャグチャだよ。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: