スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ホライゾン学園・訴訟】次回口頭弁論は明日28日・最大の争点とは

hata02
写真:渋谷区立神宮前小

 渋谷区立神宮前小(川島信雄校長)の校舎の一部をホライゾン学園(本部・横浜市)に無償貸与している神宮前国際交流学級(ホライゾン学園)の次回口頭弁論が28日午後3時25分から、東京地裁(522号法廷)で開かれる(裁判所の都合で当初の予定より5分早く開廷する)
 この訴訟の最大の争点は、行政財産(公立小学校)を私立学校などに無償貸与することが適法か違法かが争点になる。
 被告の渋谷区は、違法性については認識しているようだが、この問題は「特別な理由」があるから違法性が阻却又は治癒されると主張している。
「特別な理由」とは以下の通りだ。
①トルコ大使からの正式な要請の基づいてトルコ人子弟のために教育施設を提供するということであること。
②トルコ共和国と渋谷区は歴史的に特別な関係があること。
③本件は渋谷区の施策である国際交流事業の一環であること。
④国際交流学級は、「渋谷区基本構想」「渋谷区長期基本計画」の中でも、施策として位置づけられていること。
⑤神宮前小学校の児童にも教育効果があることなど

 原告は、重ねて、「法律の優先の原則」の則り、この違法性を主張するであろうが、結審も近いものとみられる。
スポンサーサイト

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

渋谷区敗訴の場合は、区長は引責辞職しろ。

No title

教育委員会ダメダメのグダグダだね。
理由作り、お疲れさん。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。