スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【告知】「請求権放棄と地方議会を考えるシンポジウム」のお知らせ

 26日午後1時から、立川市で「請求権放棄と地方議会を考える」シンポジウムが行なわれる。(主催:「請求権放棄と地方議会を考える」 シンポジウム実行委員会)以下告知。

--
「請求権放棄と地方議会を考える」シンポジウム
~2 月26 日(金)午後1:00 より東京・立川市で開催します~

 地方分権が推進されようとしている今、地方議会の役割はその重要性が
ますます求められるようになります。しかしながら、地方自治体をチェック
すべき地方議会が、その役割を自ら放棄している事例が各地で相次いで
起こっています。
 住民訴訟の結果を地方議会が帳消しにする “賠償請求権の放棄” です。
地方分権への潮流の中で民主主義、三権分立の制度そのものを揺るがし
かねないこの問題について、住民、地方議会、地方行政、法律の立場から
みんなで考えます。

 1 基調講演:「議会の損害賠償請求権放棄と地方自治」
     白藤博行(専修大学教授・弁護士)
 2 債権の放棄事例報告:新潟・旧安塚町(元原告・吉野誠一)
     東京・檜原村(原告・丸山美子)
 3 パネルディスカッション
   コーディネーター:白藤博行(専修大学教授・弁護士)
   パネラー:地方自治:田口一博(地方自治総合研究所研究員)
         議会改革:岡本光雄(全国町村議会議長会・議事調査部長)
         法律:窪田之喜(日野市民法律事務所・弁護士)
         住民(議会により請求権放棄が行われた自治体より)
             新潟・旧安塚町、山梨・旧玉穂町、東京・檜原村
 場所:東京・立川市市民会館(アミューたちかわ)小ホール(定員280名)
 http://www.tachikawa-chiikibunka.or.jp/hi-shisetsu/hi10-access/hi10.html
 主催:「請求権放棄と地方議会を考える」 シンポジウム実行委員会
 問合せ:実行委員会事務局:042-598-0016 (丸山)
      e-mail:momohaus@muc.biglobe.ne.jp
--
スポンサーサイト

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。