【笹塚中】笹塚中給食・日ごとのグラフ①

 渋谷区立笹塚中給食のエネルギー、タンパク質、1食あたりの費用を1日ごとのグラフにしたものを3回に分けて公開する。今回は、平成20年4月~7月の4か月分。グラフのデータは、昨年12月に渋谷区教育委員会の指示によって作り直された、笹塚中の「学校給食の記録」による。
(注1)エネルギー基準値は、平成20年4月~12月が830cal、平成21年1月~3月が850calである。+-10%が許容範囲である。
(注2)タンパク質基準値は、平成20年4月~12月が33g(許容範囲は+-10%)、平成21年1月~3月が28g(許容範囲は19g~35g)である。
(注3)許容範囲はグラフでは、白っぽい帯状に見える部分である。毎日、この中に収まっていることが望ましい。
*注:各月のグラフ(金額)波の高い日は白米の大量購入やスパゲッティー、中華麺や調味料の大量購入、単価の高い物が購入されているため、カロリーが低くても平均単価が上がっている。

笹塚フル_Page_01
*注:4月の10.16.17.24.30日は白米の大量購入やスパゲッティー、中華麺の大量購入


笹塚フル_Page_02
*注:5月の1.7.814.23日は白米の大量購入や揚げ油、中華麺の大量購入

笹塚フル_Page_03
*注:6月の4.6.14.25日は白米の大量購入やイカの切り身、大豆白紋油の大量購入

笹塚フル_Page_04
*注:7月の2日は白米の大量購入

スポンサーサイト

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

怒りの声

うちらの子供にこんなことよくしたな
実にひどい7月は詐欺じゃないか?
校長相手に集団訴訟やろう

No title

ほんと、学校も酷いし、PTAも酷いし、教育委員会も酷そうだし・・・
説明ひとつないの?・・・教育の信頼なんて地におちた感じ・・・
こんなところで、9年も義務教育受けるのって・・・
卒業ならいいよ・・・ああ、転校したい。

釣り 釣られ さんへ

個人情報好きですね
わざわざ、どちらでもない・・・なんて不思議な書き方ですね

「刃物持ってる人がいるかもしれない・・・」のですね。
これは、給食問題にかかわる保護者の方と笹塚中学の保護者全員、及び生徒全員に対する脅迫以外のなにものでもありません。

オンブズマンは、即刻この書き込み人物の特定と、捜査を警察に通報すべきです。信じられない人物です。許せません。

給食費の値上げ

H20年度の笹塚中学の給食について
校長は、H21.10.16日の臨時保護者会で、給食の状況を説明し、「食材費の高騰」を理由にした。
H21.10.8日渋谷区教育委員会 会議室にて行われた会議(教育委員会大澤次長、学務課菅原課長、金原係長、庶務課児玉課長、古谷指導室長、校長、副校長、保護者3名)の席上でも、大澤次長は、食材価格の高騰が給食を抑制するきっかけとして説明した。
食材の高騰が給食を抑制した理由と原因と回答している。

しかし、H20年は、給食費が3.64%(一食 10.6円)値上げされている。この値上げの理由をH20年 第6回渋谷区教育委員会 定例会、会議録 資料(H20,2,28  学務課)の資料から引用紹介したい。

「今後、パン、麺類、調味料が20%値上げとなると、一食あたり、10.6円の不足が見込まれる」
食材の値上げを20%見込んだ分の給食費の値上げであったのだから、20%までは食材の高騰が吸収されるはずである。
食材高騰も記憶に残るが、その後の急速なデフレ現象で、価格が下がっていることも記憶に新しい。

少なくとも、牛乳は20%も上がってはいない。価格の検証をしたい。
また、同資料によると「値上げ分については、献立の充実や、食の安全確保、食育の推進など、児童生徒に還元する」とある。

次長の説明や、校長の説明は、食材費の高騰であるが、「値上げした上、さらに削った」。
本来、価格高騰した食材を購入すれば、費用はかさむはずである。それなのに、給食の単価は下がり続ける。矛盾だらけの理由である。
そもそも、値上げされた後の給食費が、一食170円程度では、半額近い価格であり、十分な栄養は賄えまい。その値段で給食基本法を遵守した給食の提供が可能なら、313円徴収する必要もないのである。

結論から言えば、この給食の酷さは、食材の高騰が理由などではない。それを理由にすれば全国の給食が破たんしているはずである。
値上げされた分は、還元どころか、校長が保護者に報告もせず、勝手に未納者にごちそうし、誰かが、コーヒー牛乳やフルーツヨーグルトを勝手に食べるのに使ったのだ。

H19年第5回渋谷区教育委員会定例会では、給食費未納問題について、教育長が「就学援助は、直接給食会計に振り込むこともできる。許されないこととして対応する。」とおっしゃっている。

未納分を勝手に未納者に校長判断でごちそうするとは書いていない。未納金均等負担?など学校からは一度も説明されたことがない。

また、この給食会議の席上、校長は、決算書の在り方について
「予定額も入っていないのは、保護者から見ればわかりにくいはず、普通の決算(予定額入り)報告の形で出して行きたい」と発言されたが・・・どの時点で、また戻ったのだろうか?。
保護者会終了後、資料配布まで、2か月も要し行われた、「正しい情報の伝達」に対する指導室の指導だろうか?

保護者の皆さま

今年度の、笹塚中学、『会長』続投決定のようですよ。
早々と、ご本人の意思表示があり、内々に人選も終了の様子です。
別に候補者がいたにもかかわらず、人選は指名委員で進められたようですね。きっと、来年の教養委員長は、今年、給食問題に、該当委員会委員として、強硬に、委員会内部から活動反対をされた方の起用でしょうか?『学校見守り 最強バリア~』 家業なんで足場組んで、本格的に「工事」して、請求書は、教育委員会にたんと・・・
教育委員会も?「恩義」があるから、黙って決済。
指名業者も、未納前科も役立つな~って声が宇田川町から聞こえてきそう・・・笹塚は区界だけど・・・世田谷の声が聞きたい。中野区の声が聞きたい。杉並区の声が聞きたい。
住民票の越境ってできないのかな?

渋谷を愛すれば 定住を

引っ越さないほうがいいよ!
渋谷区は、4月から、賃貸住宅に2年以上住む人に、家族構成に応じて、3万~5万円を10年も助成してくれるらしいよ。

凄いよね。画期的なんじゃない?
『福祉保健部管理課 がんばれ~』

「渋谷区に愛着のある人が減れば、地域の元気が失われてしまいます。」 ほんと ほんと。

家賃はOK!子作りがんばる!教育委員会の人事一掃求む。

でもさ・・・区行政の長が、マンション借りてて渋谷に定住してないのに、なんか・・・?ほんとに渋谷を愛してるんなら、「定住」をだよね。

下は一生懸命働いているのにね・・・「人事の仕分けを民間に」頼みたいよね・・・査定や人事権が上司にあっては、言いたいことも言えないよね。

春の小川

めだか~の学校は~かわの~なか~e-291
そ~っと のぞいて みてごらん
そ~っと のぞいて みてごらん
みんなで おゆうぎ しているよ~

しまも~と こうちょうは~へいの~なか~
そーっと のぞいて みてごらん
そ~っと のぞいて みてごらん
じちょうが さしいれ しているよ~v-264

No title

保護者会での、校長先生の御説明では、具体的な数字をあげての栄養の話がありましたが、このように上下に激しく変動する内容ではなく、いくつかそのような事例があったというような表現でした。
子供の給食について色々調べて下さり、ありがとうございます。情報提供に感謝いたします。

No title

「はくそ」 がついてるよ

情報公開担当課の責任者として接客のマナーがね・・・
メガネも ねとねと。 おぉいやだ。

No title

笹塚中学校には栄養士がいません。
そのことゆえの結果なのでしょうか。

現在も未配置校のままです。
学務課の栄養士さんが週に数回現場に入って調理指導や栄養指導を補足して下されば多少なりとも改善につながり現状の不安は減少するかもしれません。

学務課にとっては業務内容増ですが、教育委員会としての一つの責務のとり方になるかと思います。

渋谷区・笹塚中学校の未来のために重い腰をあげていくようお願いいたします。

No title

学校の給食についての問題の対応は、本来、PTA執行部が、保護者の立場で、きちんとした説明を学校に求め、保護者の代表として、監査をされなければならないのではないでしょうか?学校の問題がこのような場所に出るだけでも、大変なことです。教育委員会も早く対応されるべきと思います。
子供の教育環境に悪影響です。責任ある方々が、きちんとした方針で一刻も早く終結への努力をしていただきたいと思います。

情報出さなくて後悔しちゃう係り

はくそ とか ぴかりん とか かっしょくのどらえもん とか 言わないで

給食費 値下げ

教育委員会や、校長が、この給食で栄養がOKと言うのなら、三月のメロンなんか食べなくていいから、給食費200円にしろ。

この給食がダメなら、出てきて保護者に謝れ。子供にも謝れ。

この前の保護者会と、始業式だかの後の適当な謝罪ですむと思うなよ。
給食費の説明もしろ。不明金なんか一度も聞いてない。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: