【区政全般】池山教育長のコラムの波紋

shibuyakyouiku.jpg


 渋谷区教育委員会が1月末から2月初旬までの間、各渋谷区立小や区立保育園へ『渋谷の教育No82』を配布している。注目すべきは巻末の教育委員リレーコラム、今回の担当は池山世津子教育長。このコラムが保護者の一部から話題になっている。
 池山教育長はコラムの中で「『自分の罪を認めること』『相手を許すこと』は、どちらも簡単なようで、とても難しいことです」と記載している。学校の運営で事ごとく失敗している池山教育長の気持ちを言いたいのではとの指摘もある。裏付けるように前回の渋谷区議会で、東敦子議員に昨年の放課後クラブ運営についての虚偽答弁したことについて、指摘されていた。
 また同本会議で、全渋谷区立小のインフルエンザ感染情報隠の問題や区立鉢山中の校長の行き過ぎる指導についても質問を受け、苦しい答弁を繰り返した池山教育長について保護者の一部からは「就任以来、学校のまつわる問題を何一つ解決してない」と説明責任も果たしていないとの声もある。
スポンサーサイト

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

笹塚中学の給食が深刻な状況である。と気がついて様々なところに相談した。栄養士配置から漏れた本校に栄養士の配置を願えないかと、渋谷区教育委員会学務課菅原課長にお願いした。栄養士は、東京都の職員と回答。東京都は、すでに規定人数を配置済。と回答。地域の区議にも栄養士配置への働きかけをお願いした。

給食の栄養については、厚生労働省に相談した。笹塚中学は、学校の給食施設として届出されており、衛生指導、栄養管理指導と報告が、学務課の管理栄養士により行われる。これらは、設置者の責任で、厚生省には指導の法的根拠がない。そうである。
渋谷区教育委員会に、学校給食の管理、指導、報告がどのように、なされているか尋ねているがいまだに回答がない。

学校給食法では給食の栄養基準が定められているが、罰則規定がないため、この法律に抵触した場合は、文部科学省が指導を行うそうである。しかし、渋谷区教育委員会、大澤次長は、「報告の義務はない」と回答した。報告しなければ、指導も受けなくて済む?

給食費の会計についても、決算書に整合性がなく、不明金が生じている。私費会計の取り扱いについて、学校への指導を渋谷区教育委員会に求めた。

庶務課、児玉課長は、「給食費の決算で一番大切なのは、給食費として保護者からの徴収金がきちんと口座から合算され、通帳、帳簿と一致しているか。支出は業者の伝票と一致しているのか、支出の合計が合っていれば完了している。個人の食数の積み上げではない。」と回答した。
教育委員会次長以下4名、校長、副校長同席のうえ、「きちんと執行されている」と回答した。

給食費は、1食313円であるが、食数に応じて徴収されるため、学年で徴収金額が違う。さらに、年度末2月に、実際の食数とのずれを、訂正した金額で徴収される。給食費の収入は、食数の積み上げが生徒徴収金の原資である。児玉課長の説明は間違い。

「不明金」は存在する。「説明できないお金」である。学校は、私費会計の保護者への説明に、今日にいたるまで領収書の1枚すら提示しない。学校内の監査が、形だけの捺印だったことも、校長自ら認めている。整合性のない金額の存在を副校長は認めている。

監査をしていない決算書を作成し、再監査の要求にも応じない。
5月に配布要望した H20年度の給食決算書 保護者配布が、12月まで延びた理由は、「決算内容の確認に時間を要した」そうだ。領収書紛失で決算内容を、どう確認したのか。もしかしたら、確認作業中は領収書が存在し、その後紛失したのか。いずれも矛盾と問題だらけの説明しか得られない。

学校内の私費会計は年額3000万ほどの額である。渋谷区の、監査事務局を訪ね、監査をお願いした。私費会計は監査の対象外らしい。
別の方法として、区議会での陳情とか、請願方法を教えていただいた。保護者がこのような行政手段を講じなければ、事態打開策がないのかと正直驚く。一般人に渋谷区行政はとても手に負えない。

渋谷区広聴を通して、教育委員会と話ができるよう相談してみた。
広聴は区長直轄の部署であると説明を受け、期待した。
しかし、広聴の担当者を通さず、直接教育委員会で対応すると回答された。残念で不思議で失望した。
結局、栄養やお金について広聴は回答できない。上からの指示である。

広聴へは、保護者が自分の子供が通う学校の私費会計の決算書を含め、情報が、時間とお金をかけて、開示請求でしか入手できない状況こそが問題であるとも訴えた。

H19、18年度の給食費決算報告書は、12月9日に開示請求したが、60日延期され、2月5日には開示されなかった。説明を、情報開示担当の庶務課 児玉課長に求めたところ、情報公開請求書の「書き方」に問題があったそうである。素人区民相手に、ここまで情報開示の制度を悪用しては、この制度が本来持つべき意義すら失われる。と思う。

「情報公開請求書」には請求者の名前が載ったまま、教育委員会の中を書類が回るそうである。学校が資料を出さないから、開示をかけているのである。保護者名は教育的配慮で伏せられてしかるべきと思うが、庶務課の児玉課長の回答は、「役所は名前がないものに、開示は出来ない」そうである。保護者への教育的配慮では根本的に意見がかみ合わない。

では、反対に、開示請求者の名前が載っているのだから、情報開示請求書を見れば、これまでのやり取りを判断し、保護者が、H19,H18の給食決算を要求していると、どう見てもわかるはずである。
そう書いているのだから。『区民に尽くす』行政に我々は税金を払うのである。

この非開示への異議申し立ては、とても普通の保護者や一般の区民に出来る手続きではない。より多くの時間と、費用と精神力と、専門知識も要する。絶対に出来ないとわかっていてやっているとしか思えない。そもそも、なぜ、自分達のお金である私費会計の給食決算書が60日も待たされ、開示されないのか。情報提供されて当たり前の資料である。本来ならすでに、保護者の手元にあってしかるべき書類である。それを、開示の庶務課児玉課長が、「開示の書類の書き方が・・・」といって譲らない。あり得ない行政の対応である。

開示の担当窓口の職員は、こちらが欲しい資料について、本当に丁寧に手続きをして下さる。それなのに、何故か、書類が管理職に上がって決済され、関係各課で情報開示の作業の最中に歪んでいくように思う。学校の情報提供の対応にも、教育委員会の意向を強く感じる。

渋谷区の、法律相談にも伺った。「不作為の確認」を教えていただいた。専門用語は難しい。

厚生省と文部省の二つの省庁にまたがる話は、総務省の行政相談らしい。どこまでもお願いに行く。「子供の栄養と給食のお金」である。誰も守ってくれないが、誰かにちゃんと守ってほしい。皆に助けてほしい。

子供は、お腹がすいていたのである。子供は、給食をもっと出して欲しいと、給食主事に直談判している。親として、よもや170円の小学校低学年並みの給食とは思いもしていない。食べ盛りの子供らしいアンケートと思い、結果を見ていた。とんでもない間違いだった。



教育委員会 標語

「ごめんなさい」 「いいよ」 「ありがとう」

?????????????????

『まずいよ』 『やばいよ』 『かくそうよ』 




入学許可

この前の、小学校入学許可の話。

入学許可は2月5日にお返事いただけるお約束でした。当日の電話で、入学の許可決定は3月5日に延期されました。

近隣社宅の転勤の子供の把握ができないためという理由です。

母親が病気療養中の父子家庭の子供の越境入学を、特殊事情として理解しない教育委員会の対応です。

3月5日まで返事がないと、小学校の説明会に参加できないとの質問に、保護者会にはどうぞと回答。

入学は決まっていないのに、説明会にはどうぞという理解できない対応が「普通」。『非情』さにも気がつかない様子。

情報 『怪』 示請求

「情報開示請求」を知りませんでした
「自己開示請求」も知りませんでした

やってみたらわかったことがありました

給食会議の「録音CD」を教育委員会が受領
自己開示したら、『不存在』
「不存在」の録音CDが、教育委員会 大澤次長から 郵送されてきました。

受け取り拒否したら、もう一度送られてきました。

添えられた手紙には、「いついつまでに返事がないと、処分します」と書いてありました。

「無い」はずのものが、送り返される教育委員会の 『怪』

いやがらせ

自転車 盗まれました
自転車の空気抜かれました  偶然?

会社に 中傷電話 入りました。

役所内 迫害

ひとりの「親」として、我が子のための活動をサポートすると、役所内で、如実にいやがらせを働くメンツが存在する。

予算削減、協力拒否。見ていてにわかに信じ難い。奉仕活動のように、教育委員会の活動支援をしている団体に対する圧力である。

『恥を知れ』

学校説明

今日の説明は、校長、副校長 のみ
前回同席の、会計担当者二名、一人は出張、一人は休暇で 二名共に不在。

現金確認の為の領収書はない。郵貯銀行の振り替え口座の出金記録紙は提示された。納品、請求書の確認は今後。前回、副校長が認めた訂正金額の説明を校長から頂くはずの約束であったが、「再度金額の確認をします」と説明には至らない。

時間制限1:30分。いつまでのらくら説明が続くのだろう。開示請求で60日延期し区役所の開示が出さないH19,H18の給食決算書は、やはり今日も出ない。出さない理由は、「校長判断」なのだそうだ。

納得できない説明が多すぎ。「再監査請求」と「PTA会長の不信任案」を提出した

決算内容の説明を求めて5カ月が経過した。対応しない学校と教育委員会に決算内容のわかる帳簿や領収書の開示請求からも、間もなく60日である。状況は何も変わらない。

教育長価値はない人

こんな体裁のよいことばかり言わないで、笹塚中学校の給食問題の原因点を公表しきちんと解決して下さい。

公共事業

年度末です。池山教育長、余った予算で公共事業ちょうだいよぉ。笹中だって、年度末の給食ぱぁーっと使うじゃない。あれみたいに入札のない仕事こっそりちょうだいよ。がんばって笹中の給食問題はんた~いってからだ張ったのよ!指定業者なんだから、うまくやれば ばれないって。

それから、池山教育長は色黒だから、化粧品は「ユースキン」がいいわよ。たっぷり使って、給食問題温かく見守った「未納会長」にもお返ししなくっちゃ。私も色黒、シミに効くかしら?
ネズミ講っていうけど、子分から吸い上げるシステムって、私達が、職人から吸い上げるのと同じね・・・親しみわくわv-319

でもごめんなさいね、弟がつい言っちゃったのよね・・・
せっかく貰った小学校の屋根工事。「ちっとも儲からないんですよっ」て。それを聞いた保護者に言われたの、いまどき仕事がもらえるだけでもありがたいでしょ。って

来年もくれぐれもよろしくね。中学校もかなり傷んでますから、たっぷり工事がしたいわ。校長先生も残してね。何もかもうまくいくはず。だって、今までもずっとそうやって暮らしてきたんだから・・・

300人の前で・・・

学校も、教育委員会も、いつまでこの状況を放置するんでしょうか・・・ね。
延びれば延びるほど、延ばせば延ばすほど・・・ダメージなのに。
誰が判断してるんでしょうね?
ガソリン区長? 許して教育長? そば好き、嘘好き次長? 褐色の歯くそのび太? 責任転嫁学務課長? 隠ぺい指導室長? 最後まで責任もちます! 口だけ係長?

他にも、嫌がらせで、予算という名の「税金」を自分の裁量で勝手に 『削減』 できると思ってる課長がいるみたいですから、詳しく実況中継かけたいと思います。金曜日午後が中継予定です。


『花田』 家 の栄華

大相撲 第65代 横綱 貴乃花
本名 花田 光司

バブル日本の国技館、連日満員御礼 が懐かしい。
最近の、相撲協会理事選 「密告」「裏切り」「造反」「破門」も記憶に新しい。

文部科学省の「のぞましくない」声が届いたとたん、ぴたっと不穏な言動がなくなった。給食が 『国技』 でないのが残念・・・

さて、渋谷区教育委員会に 花田 は・・・・いるかな?
渋谷区が58億円減収とか何とか言って、自分の 『裁量』 で特定の団体だけ、予算要求額を 「減額なんか」 してないよね・・・?

自分が頼んだ相手にそりゃないよね・・・

「花田 光司」 仲良し家族→離婚→一家離散
それでも、相撲への情熱と改革への熱い思いは伝わる。

「花田」はそうこなくっちゃ。



噂よ うわさ

区長 v-343 教育長  昔話
次長 v-345 スポーツ振興課長 進行形?

No title

「課長」と「主事」を間違えてました!v-347

『ごめんなさい』

『『『 いいって ことよ 』』』

踏み絵

  区長に逢いた~い
     会って言いた~い

         「あんた やめなはれ」

あんたのやってる行政は  「自分のため」
                 『区民のためにはなってない』

手土産は、毒饅頭 (原材料 餅)

かくれ桑原には、踏み絵
区長が見てなきゃ 役所内全員が 踏んじゃう
銅板の表面が つるつる になるだろうね

私の写真も区長や教育委員会の踏み絵にされたら、
色が禿げて、原型とどめないくらい 踏まれるだろうね

いいの! いいの!
それで良いのよ。人間 正直が一番!!
一番な上に 楽ちん !!!

       
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: