スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ホライゾン学園】神宮前国際交流学級の使用許可変更を教育委員会定例会で協議・報告の形跡なし

jingumae2

 渋谷区立神宮前小の校舎の一部にある神宮前国際交流学級は、渋谷区教育委員会が学校法人ホライゾン学園(本部・横浜市)に対して、同小の無償使用許可を与えて運営されている。
 ホライゾン学園側は同小の一部を無償で借り、校庭等も自由に使えて、生徒からは年間約200万円の授業料を徴収できるという、笑いが止まらない商売と渋谷オンブズマンでは考えている。
 しかし、学校法人が公立学校内で私塾(国際交流学級)を運営することは、私立学校法に抵触する違法行為であることが明らかになり、平成21年4月1日よりホライゾン学園は同学級の運営から撤退し、代わってNPO法人国際交流学級が同学級を運営している。渋谷区教委による行政財産使用許可も、平成21年4月1日からはホライゾン学園ではなくNPO法人国際交流学級に対して出されている。
 渋谷オンブズマンは、渋谷区教委定例会議録を情報公開請求で取得して精査したが、この行政財産使用許可の変更について同区教委定例会で協議も報告もされていないことがわかった。
 当初、同区教委は神宮前国際交流学級の運営主体は、認可を受けた学校法人であるから信用に値するという説明をしてきた。ところが、その学校法人が運営から撤退し、代わってNPO法人に使用許可を出すにあたっては、区民に何ら説明をしないどころか、教育委員会定例会の会議録にも協議・報告の形跡がない。
 使用許可取消の住民訴訟で、被告の渋谷区は使用許可の相手方が、学校法人からNPO法人に変更したことによって、私立学校法上の違法性は治癒されたと主張するようであるが、使用許可相手方変更について教育委員会定例会で全く協議・報告されていないということは不可解だ。

スポンサーサイト

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

だから教育委員会は、会議をしないのよ。知らないの?
定例会の前に、やばいことはみんな決めちゃうの!

こっそり そばとか食べながら・・・法律の網目をくぐる方法をね・・・
考えるのさ・・・でおしっこしながら、それいいんじゃない?
って感じ。

で皆が、あんなふうにやんなきゃ偉くなれないのか・・・と真似するわけさ。

何だっていいの!何だってアリなの!
でも定例会議は駄目よ。紙で残るもの・・・

No title

区民として
あまり行政に関心がありませんでした。
しかし、給食問題をきっかけに関心が生まれこちらのブログをみるにいたりました。
たしか、行政は法律に則って運営管理されているのではなかったでしょうか?
しかしながらこの問題は、共有財産の運営が正式に取られていなかったと言うわけですね。
ところで、学校には国から補助金が交付されて建てらいるかと思いますが、その辺の事柄には抵触しないのですか?
場合によっては補助金返金になってしまうのでしょか?

さまざまな問題が山積しているようで困ったものです。
問題は改革のための一歩でしょうから、問題は隠さず、正しい運営をするために努力をしましょう。

No title

このNPO法人が使っている教室内は治外法権ですか?
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。