スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ホライゾン学園】文部科学省よ渋谷区に騙されるな!

渋谷区は、渋谷区立神宮前小をNPO法人国際交流学級に無償使用させるにあたって、平成22年1月15日付けで「公立学校施設整備補助金に係る財産処分報告書」(写真1)を文部科学大臣宛に提出している。
その添付書類(写真2)で、ホライゾン学園が神宮前国際交流学級の運営から離れることとなった理由を、まるで他人事のように書いている。
 しかし渋谷区は、当初からここに書かれていることを十分承知して、神宮前小の無償使用許可処分をしていたはずである。すなわち渋谷区は、本件使用許可処分によって、自らが管理するする教育施設において、ホライゾン学園の違法行為を幇助したことになり、その責任は重大である。もし本当に知らずに使用許可処分をしたのであるなら、重大なる過失である。
 国際交流学級設立準備会の代表者ウル・ケナン氏は、ホライゾン学園渋谷校の校長であった。NPO法人国際交流学級は、私立学校法違反を回避するための便法にすぎない。
 文部科学省の職員は、財産処分報告書は書類上の要件が整っていれば受理し、財産処分の内容は各地方自治体の判断を尊重するとの見解を示した。
文部科学省は地方自治体性善説に立っているようであるが、渋谷区のような地方自治体も存在することを認識して欲しい。
 渋谷区長桑原敏武とホライゾン学園関係者によって、渋谷区の公立小学校が私物化されている。「国際交流」「トルコ大使からの要請」「教育上意義がある」というような理由で許されるのであれば、各自治体において公立学校の空き教室が次々と私立学校、私塾等に貸し出され、行政財産(教育財産)目的外利用の濫用に対して、歯止めがきかなくなるであろう。文部科学省におかれては、この事態を熟慮していただきたい。
 この問題の無償使用許可の取消を求める住民訴訟の次回口頭弁論は、4月21日午後3時半から東京地裁(522号法廷)で開かれる。

(写真1)
img203.jpg

(写真2)
img205.jpg

スポンサーサイト

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

文部科学省よ渋谷区に騙されるな!

≪地方自治体性善説に立っているようであるが、渋谷区のような地方自治体も存在することを認識して欲しい。≫

全く 同感。
地方自治体の長が、自らの行政をより良くするために、地方から国を動かそうと次々立ち上がっているのに、ここの区長は区民そっちのけで来年の自分の選挙で精いっぱい。情けない。隣の杉並区長から新党のお誘いもない?小さくて見えない?公用車でどこ行ってるかわからない?
仲良し(新)区民部長と、支持者にご挨拶まわり?昼ごはんは また蕎麦ですかい? 今日はどっちが おごる? どっちの財布も (公)財布。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。