【ホライゾン学園】特命全権大使とは

特命全権大使(とくめいぜんけんたいし)とは、外交使節団の長で最上級の階級である。接受国の元首に対して派遣され、外交交渉、全権代表としての条約の調印・署名、滞在する自国民の保護などの任務を行う。特命全権大使については、派遣国は派遣する者について、接受国からアグレマン(合意)を得なければならない(外交に関するウィーン条約4条1項)。 特命全権大使は、接受国の元首に対し、派遣国の元首(日本国の場合は天皇)が派遣する。その際に派遣国の元首から信任状が託され、大使が接受国の元首に直接提出する儀式を信任状捧呈式という。
以上、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

トルコ共和国特命全権大使が、以下の写真のような文書を渋谷区長宛に出している。これは、渋谷区が東京地方裁判所へ証拠として提出したものである。渋谷区は、この文書を紹介状とした上で、神宮前小学校のホライゾン学園に対する無償提供を正当化しようとしているようだ。
日本国の特命全権大使が他国において、日本国民が運営する学校のために、他国の公共施設の無償提供を、直接他国の地方自治体に要請することなどあるだろうか。
そのような視点からも、神宮前国際交流学級(ホライゾン学園)事件は大事件であり、司法の判断は注目される。
尚、渋谷オンブズマンは、今後、外務省にも照会していく方針である。
img236.jpg
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

特命全権大使が知人にいます。

「日本国の特命全権大使が他国において、日本国民が運営する学校のために、他国の公共施設の無償提供を、直接他国の地方自治体に要請することなどあるだろうか。」

ありえないと思います。お尋ねしてみましょうか。

派遣国の元首から信任状が託され、大使が接受国の元首に直接提出する儀式を信任状捧呈式というそうですが、直接天皇陛下から託される様子を伺ったことがあります。

渋谷区は裁判で、こんな驚くような証拠を提出するのですね。
「無償」提供が問題で、「無償」は渋谷区が決定したのでは?

証拠として名前を出される方も迷惑でしょう。今頃、かかわらなければ良かったと後悔してるんじゃありませんか。経歴に傷が付きますもの。外交問題?ことが大きくなる前に手打ちにした方がいいのでは?
区立の学校は区民が納税した税金で運営維持されてるものだから、ただはやめようよ。



No title

同じ無償提供なら、保育園不足に困窮してる働く区民のために、保育園開設業者に「無償」提供してはどうですか?
初期設備費が抑えられれば、事業参入を多くの民間業者が前向きに検討するのでは?
どこかの、ビル所有のおへそを曲げたおばあさんに、言い値で借りる保育園の家賃より、よほど良いと思うけど。

No title

神小に居座るつもりなのでしょうか...。ずうずうしいですね。無理矢理、設置した事をお忘れですかね。

No title

都合の悪いことはすぐ忘れます
都合の悪いものはすぐ捨てます
でも気をつけないと、裁判では負けてしまいます。
痛し歯がゆし?

No title

渋谷区には擁護学校がありません。
ですから、中野まで通学しなければなりません。
渋谷区は公立学校からハンディを持った子供を排除し、外国のお子さんの為には、校舎や教室を無償提供するのですね。
その学校は光熱費も無償なんですか?

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: