スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【笹塚中学校】給食会計帳簿非公開決定処分取消訴訟で陳述書を提出

渋谷オンブズマンは笹塚中学の給食会計帳簿の非公開決定処分の取消を求めて係争中であるが、笹塚中学の保護者が、今回の給食事件に関して陳述書を書いてくれたので、証拠として提出した。
以下、全文である。

陳 述 書
平成22年5月8日
東京地方裁判所民事38部A2係 御中
  

1.私は渋谷区立笹塚中学校を平成22年3月に卒業した子供の保護者です。同中学校PTA役員、教養委員長として、校内の給食試食会を担当する委員会の責任者を務めました。笹塚中学校は、給食費を年間1700万円近く徴収しているにもかかわらず、保護者に決算書を配布せず、会計監査も監査役の保護者に通帳や帳簿を開示も説明もせず、形だけの監査印を要求しています。私は多くの保護者から要望を受け、平成20年度の給食費の決算書の配布を平成21年5月12日に副校長に請求しました。保護者への配布は、平成21年12月11日であり、既に決算が終了している決算書の配布に8カ月を要した理由を、同中学の島本校長は、決算内容の確認に必要な時間だったと保護者に説明しました。私は平成20年度の給食費の決算書を開示請求にて平成21年7月に入手いたしましたが、決算書の内容が実際の給食の記録と整合性がなく、数十万円の不明金が生じているのではないかとの疑いがあり、学校に給食費の決算の再監査を何度も要求しましたが、島本校長が応じないため、教育委員会に学校への指導をお願いしましたが、状況は変わりませんでした。
 平成21年10月8日午前10時30分から、渋谷区教育委員会会議室において、渋谷区教育委員会事務局次長大澤氏、学務課長菅原氏、同係長金原氏、庶務課長児玉氏、指導室長古谷氏、笹塚中学校校長島本氏、同副校長高井氏、保護者3名により笹塚中学校の給食について会議を行いました。その後、学校からの説明も教育委員会からの説明もなく、10月8日の会議録を両者合意する形で作成する約束も果たされないため、内容証明5通を渋谷区教育委員会に送り、会議の録音テープの提供もしましたが、返送されました。この間、給食の記録が処分されたり、書き換えられたりしています。
 平成21年11月26日午後5時ころ、校長室で校長と面会中に男性が校長室にあいさつに来ました。その人を知っているかと島本校長に聞かれましたが、知らないと答えたところ、島本校長は「今のひとは、鉢山中学校の副校長先生で、給食の記録の書き直しや書き換えを今日は手伝いにきてくださっていた。他にも大勢で夜遅くまでパソコンルームでやっているのです。」と説明しました。しかし、給食会計の説明は12月まで一度もないため、給食会計の帳簿や通帳、給食の決算内容のわかるものを平成21年12月25日開示請求しました。決定期間を延長して開示され、給食の現金出納帳は不存在でした。開示した納品書や請求書等1704枚の資料の内、渋谷区教育委員会は、私費会計の毎月の徴収金額がわかる、自動払い込み総括表の合計金額が記載されている表紙20枚を開示資料から抜き取って開示しました。更に平成18年度、19年度の給食費の決算書は、開示の請求書類の記入方法の誤りなどを理由に開示せず、渋谷区教育委員会は開示請求のやり直しを要求しました。本来これらは 既に保護者に配布すべき決算資料であり、保護者がお金や、時間や、労力をかけて開示請求し入手しなければならないのはおかしなことであり、開示請求の回議録を自己開示請求して確認したところ、渋谷区教育委員会教育長の決裁印がありました。


2.平成22年1月29日に、ようやく島本校長が決算内容の説明を校長室で行いました。その後卒業まで5回、平成20年度の学校給食の決算内容について、学校から、以下の通り説明を受けました。
 毎回時間制限があり、説明途中で終了となりました。説明をうけた数字の矛盾、決算金額の疑問には最後まで回答がありませんでした。島本校長は、平成22年3月4日、午後2時、金庫を使って給食費の操作をおこなったが、決算書の訂正をしないのは校長判断と答えました。平成22年3月8日午後4時半 渋谷区教育委員会学務課の菅原課長は、笹塚中学校の給食費決算書の差し替えの可能性を電話で示唆しましたが、同日午後7時半に教育委員会の大澤事務局次長は電話で、「学校は不明金はないと言っている。学校に確認してください。」と言いました。
 3月9日以降、島本校長及び笹塚中学会計事務の坂爪氏は「教育委員会を通して下さい。」と回答するばかりで、学校、教育委員会の双方、どちらも回答しません。
 平成21年3月25日に渋谷区教育委員会庶務課の児玉課長より電話があり、この件で区長と教育委員長が会いたいと言っているので約束を取りたいと申し入れがあったまま、今日に至っています。
以下、笹塚中学校が行った 給食費の説明です。
(1)平成21年12月21日 午前9:30より、教育相談室にて、副校長が出席。
 ①学校給食の通帳 B5版 7 枚
 ②学校給食の帳簿 B4版 3 枚
 資料提示のみ。学校長不在で説明は出来ない。事務も仕事があり説明出来ない。5分で終了。
(2)平成22年1月29日 午後1:30より 校長室にて、校長、副校長、途中から事務職員の坂爪氏が出席。
 ①私費会計管理口座
 総合口座(番号のある)郵便局の振り替え口座(保護者が学校に納入する私費会計の窓口口座給食費も含まれる口座)のコピー数枚。原本の提示はなし。
 ②給食費 郵便局の管理口座 
 総合口座から振り分けられ入金される口座 のコピー数枚。
 ③個別納入一覧表(金融機関発行)
 収納済件数、金額集計リスト。合計金額等説明なし。 
 個人情報保護法を理由に、開示されず。原本提示なし。
 ④③をもとに学校が作成した納入金一覧表
 口座振替と、現金入金の合算された表。B4かA3版? 
 ⑤保護者徴収金額学年別金額
 徴収予定人数。転出入者の徴収金額。部分食の対象人数と徴収金額。 
 納入集計、納入状況集計表を、副校長が読み上げ説明し、保護者はそれを聞き取りメモした。
 ⑥教職員の給食費
 常勤28名在籍。その内、26名は年間食数180食分56340円徴収(25名は口座引落、1名は現金)。
 非常勤1名は56340円×4/5 で計算して、口座引落。
 常勤1名は休職。46098円徴収して9477円返金。
 以上は口頭での説明であった。
 学校には他に私費会計管理口座として、修学旅行積立金口座、教材費口座、PTA会費口座があると説明を受けまし
た。また、教員用として、教材費(交際費)口座、修学旅行積立金口座(旅行費)があると説明を受けました。
 ⑦決算書の金額が訂正されました
 児童生徒給食費 14、408、758円
 職員給食費    1,713,449円
 振替作業のミスで決算書の訂正はしないと説明をうけました。
 ⑧返金額の明細
 給食口座から直接振り出し返金したと説明をうけました。
 以上の説明は、口頭で行われましたので、通帳や帳簿の原本は見ておりませんので確認は出来ません。他に、ファイルが10冊程度ありましたが、副校長が、順番にと言うので、見ておりません。
 説明にあります現金については、領収書の提示がなく確認できません。説明は全て数字の読み上げで資料の提供がありませんので、すべて、耳で聞き、書き取るしかありませんでした。学校の説明を書き取り、数字の確認をしたところ、島本校長は「それはそ ちらが書いた数字であり、学校が公表したものではないので確認は出来ない」と答えました。 

(3)平成22年2月5日 午後1:30より、校長室にて、校長、副校長、事務職員の坂爪氏、宮澤氏が出席。  
 ①給食食材購入金の支払いについて
 給食口座から毎月1回(1,001,929円~2,703,093円)が総合口座(番号)振替口座に移され、登録業者に振り込み支払いされると説明。毎月の支払の明細や記録はなく、請求書の提示もない。
 ②平成20年度の学校給食決算報告の支出(B4版、1枚)
 学校作成 一覧表を提示、説明。コピーは不可。一覧表確認作業のため、保護者は手書きにて書き写した。
 ③総合口座(番号)振替口座
 5/23 6/24 7/23 8/22 9/24 10/22 11/25 12/24 1/22 2/24 の(私費会計給食費含む)リストと金額
 ④未納金の説明
 未納金は平成20年4月に6件徴収したと口頭で説明を受けました。
   a)38656円(H19.7~H20.2 8か月分)
   b)14700円(H18.12~H19.2 3カ月分)
   c)14247円(H19.12~H20.2 3カ月分)
   d)28257円(H19.9~H20.2 6か月分)
   e)14247円(H19.12~H20.2 3か月分)
   f)6692円 (H19年度 部分食 牛乳代)
 笹塚中学の給食費は、多くの金額が現金で授受されており、年度を越えて未徴収金の領収が行われている。現金確認のための、現金出納帳の開示には、現金出納帳が存在し ないと校長が回答した。また、現金徴収の際の、領収書については、領収書もないと校 長が説明し、確認は取れない。島本校長の手元にある領収書もいつのものかわからず、会計事務担当の宮澤は笹塚中学校は領収書をパソコンで作って使用していたと説明。その時期については明言せず。現金はそのまま給食口座に入金と説明を受けたが、確認出来る資料は提示されない。校長は、友人の葬儀の予定があると退席した。
 校長退席後、保護者が、1月29日に口頭で説明を受けた生徒徴収予定金額と、決算書の整合性について質問したところ、高井副校長は学校作成のファイルを開き、129,066円の違いがあると説明した。理由については、校長不在のため、次回の説明にしたいと希望し、保護者からも同様の金額の指摘がある旨学校長に伝えると約束した。会 計事務2名同席していた。

(4)2月16日、午後1:30より、校長室にて、校長、副校長が出席。
①給食費業者支払い表
毎月の業者への支払いが行われた通知書(郵ちょ事務センター発行 5/19他 毎月発行)を見せる。振替口座に通帳はないが、収支については、自動払出預入総括表があり、振替口座への指示は、電子データ(フロッピィ)で金融機関に持っていくと説明をうけた。副校長は、このデータを紙にうちだしたものもあると回答した。
②食材業者への支出一覧、明細表(ファイル)業者の請求書は月に一度まとめて、登録口座から、振り込み手数料30円を引いた金額で振り込み支払いをする。業者からの領収書はない。登録口座のないものは、現金で支払う。(ヤクルト、高田の馬場店の振り込み書1枚は貼り付けてあり確認できた。金額、日付けは記憶にない)
毎月の支払いは12業者程度。
魚介類の支払いについては、同一業者に
7月  12、915円
3月 519,006円
の振り込みがある。金額の開きがあまりにも大きいので、納品書などの確認を申し入れたが、領収書などの量が多いことを理由に、学校は応じず、納品書や、請求書、支払い明細書など、確認出来ない。

(5)2月23日、11:00より、校長室にて、校長、副校長、坂爪氏、宮澤氏が出席。
 会計担当坂爪氏が校長指示で、「未納者督促資料」を持ってきた。学校説明時に、使い古されたファイルを見たのは初めてだった。給食費の金融機関引落契約は2月が最終これより以降は現金持参のみで給食費は回収される平成20年2月末 給食費未納金額は、3年生288,921円、2年生132、908円、1年生103、887円で、合計525、716円である。
給食の通帳、帳簿で現金入金確認出来るのは、3月2日2,880円、3月31日104,957円で合計107,837円である。平成20年度の決算金額と学校発表の未納金額とまったく整合性がない。3月4日にこの説明を頂く約束をした。平成20年の未納金額は、116,799円(決算書の金額)です。これは、平成21年4月に回収された6件の納入です。2月5日に学校から説明を受けています。
   
(6)3月5日、午後2:00~3:00(来客のため打ち切り)、校長、副校長、事務職員の坂爪氏、宮澤氏が
出席。 
平成20年2月20日の金融機関最終引落後における未集金額の説明。
3年生288,921円、2年生132、908円、1年生103、887円で、合計525、716円である。
3月現金徴収分は以下の通り。
 ①  5,264円
 ②  5,264円
 ③  5,264円
 ④  5,264円
 ⑤  54,775円
 ⑥  4,922円
 ⑦  9,844円
 ⑧  37,811円
 ⑨  18、123円
 ⑩  132,010円
 ⑪  27,967円
 ⑫  25,788円
 合計 213,487円
 このうち、①~④、⑥~⑩の9本をまとめて、104,957円通帳に入金。
 ⑤、⑪、⑫の計108,530は通帳に入金せず。翌年繰越と校長が説明した。
保護者   「給食費は単年度予算であり、説明の金額でも決算書と違う」
校長    「5月入金 4,922、4,922」
保護者   「 525,716 (2月未集金合計)
▲   2,880 (3月3日現金入金)
▲ 104,957 (3月31日現金入金 9本分)
▲   9,844 (5月現金入金)」
保護者   「給食費の決算報告は3月。5月の入金を予測した決算書は作成不可能」
校長    「・・・・・・」
保護者   「前年度未納金も徴収しながら、計上されていない金額が117,032円
       生徒徴収金が通帳に入金されてない額108,530円あります。合計225,562円。保護者に返
       金されなければならないお金です。給食費決算書の訂正と、保護者への説明が必要です。」
校長    「決算書の訂正は出来ません。」
(7)平成22年3月9、日午前9時、笹塚中学校事務室にて、島本校長、事務職の坂爪氏が出席。 
 開示請求で開示資料から抜かれていた「払い込み総括表の表紙20枚」が存在することを、平成21年度のファイルで確認した。
 島本校長は、平成20年度の払い込み総括表はファイルごと教育委員会に渡している。と答えた。
 平成22年3月15日 学校と確認できた決算内容の相違等について教育委員会に質問状を配達証明で送付した。平成22年3月23日、正午、質問の回答を受け取りに笹塚中学校校長室に伺ったところ、島本校長は「ありません。お引き取り下さい。」と回答しませんでした。


3.卒業後、開示資料の入手でわかったこと。
 平成22年4月20日の開示請求により、笹塚中学校給食の領収書が開示されました。平成21年6月20日以前のものは、不存在でした。領収書の通し番号はパソコン書きだったり、手書きだったり番号もとびとびで、摘要欄に記入がないものが多くあります。島本校長はこれまでの説明で、笹塚中学校の給食帳簿に現金出納帳は存在せず、現金は全てすぐに通帳に入金して管理しているので、現金の徴収は領収書で確認すると説明していましたが、情報公開で開示された領収書では摘要欄に記載がなく確認ができません。また、領収された金額相応の給食費が通帳に入金された形跡がありません。このことから、別会計で扱われた給食費が存在し、公開されない別の帳簿が存在すると思います。この領収書と通帳だけで、1700万円の給食費は管理出来ないと思います。保護者は、この他にも、教材費や就学旅行費PTA会費を合わせて徴収されており、私費会計の総額は3000万円以上あります。
 学校徴収金(私費会計)は公費並みに管理するよう規定されており、会計資料が隠ぺいされていると思います。また、平成20年度給食の決算資料として学校が提示したファイルはどれも真新しく不自然なものばかりでした。島本校長が説明し書き取った給食費の生徒徴収金額の引落の口数(人数)も、その後開示した資料とは違う数字でした。渋谷区教育委員会の大澤次長は3月8日の電話でのやり取りの中で、「決算書と合わせている数字である」と何度も説明されました。
 平成22年3月4日の渋谷区議会で鈴木建邦議員の質問に渋谷区教育委員会教育長は、笹塚中学の給食の記録はのべ人数四百数十人によって正しく修正し、情報公開の支援に教育委員会が職員を派遣したと回答しています。この間、島本校長は決算内容を確認し監査役の保護者に 再度押印させています。少なくとも、決算内容確認時には平成21年6月20日以前の領収書が存在したと考えるのが自然ではないでしょうか。領収書が決算書確認の時は存在し、開示請求すると不存在とは理解できません。現金出納帳も存在しないと、決算書は作成出来ないはずです。     
以上相違ありません。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

教育の現場で、教育に携わる者のやることではありません。呆れました。
また、詳しく読みます。御苦労さまです。

No title

ようやく法廷で笹塚中学校の給食の実態やこれまでの対応の酷さが暴かれるのですね。
役員として、親として学校の不正を見抜いた保護者を、モンスター扱いして・・・学校や教育委員会はあまりにも保護者を馬鹿にしすぎています。校長は自主退職すべきです。周りでも、もう校長は辞めてほしいよね。いらないよねと話しています。

No title

驚く事実がいっぱいです。裁判の成り行きも是非公開してください。
よろしくお願いします。

No title

献立表が嘘だと聞いた時は信じられないと思いました。
決算書があやしいと聞いた時はまさか・・・と思いました。
でも、これが笹塚中学校の現実で、事実なんだと理解しました。

No title

この状況で、あの保護者会での「見守りましょう」宣言は一体何だったんだ?PTA会長は未納者だと確信したね。
おかしいよ。知ってて追及しない理由は何だ?

No title

学校の書類は、そんなに書き換えられて良いものなのですか?
決算書の数字が違っていれば、故意であれ過失であれ、訂正し、説明するのに理由が必要ですか?

No title

登場人物全てが、実際には自分たちのやったことがわからないのでは?とても学校の管理者とは思えません。
杜撰は管理能力不足の結果で理由にはなりません。
トカゲのしっぽとして校長を留任したのでは?
教育委員会も人事異動で担当者を交代させて、逃げたつもりになっているのでしょう。役所のいつもの手口です。

勝手に言ってろ

去年から、島本校長はこの給食のことにかかりきりで「大変なんですよ」が口癖です。自分たちがやったことでしょ!と呆れています。

嫌いだけど

結局 2番は誰だったんだろうと、今でも考えます。
急にいなくなりましたね。「オンブズマンへのむき出しの闘争心。どこまでも給食擁護」の姿勢。自作ブログ立ち上げは強烈でした。個人的には評価高かったんだけど・・・

多分今でも絶対ここを見てると思います。最近の感想をお寄せ下さい。久しぶりの登場を願います。

No title

MAYAKU のようなブログです
しばらく見ないと、とても気になり、つい開いてしまいます。
新たな 事実の暴露に やめられません。
便利です。学校に行かない親がこうして内部情報を得られるのですから。

No title

保護者をこんなに怒らせてしまうのは、学校や行政の対応が酷すぎるからだと思います。親が子供の教育のために払ったお金をこんな風に使われ、こんな説明や扱いを受ければ、怒りが増すのは当然です。追及してる保護者にきちんと対応しないからです。自業自得です。

No title

卒業したこの保護者を良く知っています。
高校受験を控えた内申を下げられ、保護者仲間では、学校の嫌がらせだと話題になりました。
校長は、保護者を前に「受験」の話を持ち出したり、恫喝します。運営委員会でも、校長が声を荒げたと聞いています。

No title

ここまで詳細に暴露されたら、区立中学校の校長室はもう密室ではないね。校長はばれないと思って、教育委員会の指図通り上手くやり過ごしたつもり・・・?
録音CDもあるという噂です。もうこのままは通せないね。

なぞなぞ

頭は水鳥
歯に歯糞
体は蕎麦色の「鱗」
尻尾はトカゲ

これな~んだ?

イワシは敵に襲われると、全身の鱗を一瞬で体から外し
敵の目をくらまし、素早く逃げるらしい。
群れをなし泳ぐイワシが一瞬で鱗を残し逃げる様子は
命の営みとして称賛に値するが、怪物が逃げ出し、生き残る様は
賤しくおぞましい限り。

No title

笹塚中学校の卒業式には来なかった区長が入学式に現れたのは、この保護者がいたからじゃない?という人がいます。
区長ってそんなに怯えてるんですか?
それだけ、追及されたら困ることが沢山なんですね。

No title

卒業生に返金があるらしい
旧3年の担任は、今後学校の私費会計についての追及が不明金や繰越金、裏金と及んだ時、学年が管理した教材費まで追及が波及しても大丈夫なように先手を打ったのでは?
この保護者を知っている教師なら迷わず選択するだろう
三年間計算して、ちゃんと返金するから許して~自分たちは正直に計算したから見逃して~と。強いメッセージを感じる返金。
給食費もゴメンなさいしちゃえばいいのに・・・

No title

学校もいよいよ窮地に追い詰められてきましたね。
保護者が憎いでしょうね。そういうの、逆恨みとか逆切れというのですよ。謹んで下さい。

パンデミック

宮崎の牛も大変ですが、笹塚も「パンデミック」
ある時期から、爆発的な広がりを見せます。
どうやら、初期の封鎖に失敗した模様ですね。
未納会長を続投させ、情報の隠ぺいに成功したと安心したのが命取りでしたね。納得できない保護者の矛先はどこに向かうかご存じですか?
こういう姑息な手段がますます怒りを助長するのです。
問題が発覚した段階でもっと丁寧に真摯に対応すべきでした。

牛は、ワクチン接種ののち、処理されるそうです。
牛はかわいそうですが、狸は仕方ありません。
小動物が感染経路のようです。こそこそ逃げた小動物・・・いましたね。

お困りなら・・・

まずは「オンブズマン」に相談を・・・
気軽にお電話下さい

学校も、教育委員会もオンブズマンに相談しては?
懐に飛び込む勇気があれば、解決は早いかも。

区長の出鱈目な指示より社会正義。
鎌倉の倒れた大銀杏からも新しい新芽が育っています。
まず、区職員のみえない反抗を期待したい。
表面上は区長に忠誠を。裏では密告 。内部告発を。
気持ちよく働くための第一歩。
内部から組織を変えるのは大変です。人柱にされてはたまりません。
外部からの正当事由が効果大。力を合わせましょ。

No title

いい加減 学校は決着をつけたらどうですか?
きちんと説明し、質問に答え、改めて謝罪が必要です。

No title

もう、里さおりてくんでねェ
つかまって 狸汁さ されちまうで・・・
頼まれたって、食わねェ
まずそうだもの
かつら かぶった 狸なんか 見だこだぁねェ
まんず、煮でも、焼いでェも 食えねえべェ

No title

いまさらながらですが、給食費の監査は無かったのですね。
役員の保護者は、監査もせず監査印を押したのですね。
何のための監査役ですか!執行部の責任問題です。

No title

美術の先生、ほんとに手のデッサンばかりですが、最近ヤツレテ頬がこけていらしゃいます。年齢的に入歯のせいかもしれませんね。

No title

学校のことも、教育委員会のこともこうやってどんどん表に出ればよいのです。
公表されて困るような内容を平気でする人たちにはちょうどよいお灸でしょう。

No title

狸と怪物ですか?
水鳥も?
飼育係は背の小さい貧相な爺さんらしいね
餌は「蕎麦」 飼育係の爺さんも一緒に食べるから、
良くなついて、言うこと聞くらしい。

親分

保護者の陳述書に区長が登場しました。区長も承知でやってると知れてしまいました。教育委員長も、気がついているようです。保護者の仕切りを任された担当者は 窓際のお席へ移動でしょう?
上手く調整も出来ず、かといって保護者の口封じも出来なかったとなれば、区長の怒りは一身に担当者へ注がれるでしょう。しくじりやがって・・・ちっ。すまねぇ 親分(泣)

No title

笹塚中学校には、今年から栄養士が来ましたので、これまでのよな足りない栄養の給食はもう出ないと信じています。後は、お金のことを明らかにすればよいのではないですか?
給食費は大事な子供たちの食べるためのお金ですから、「きちんとやる」とおっしゃった校長先生はちゃんと説明したり、間違いがあれば訂正すべきです。

No title

卒業生だけ返金するんですか?
教材費の返金ですか?i-183

1年の時から、3年までを再計算して余剰金の返金ですか?
学年が変わる時も一度も説明を受けていません。
そもそも、単年度予算じゃないんですか?

No title

あの 狸 「信じて下さい 来年からはきちんとやります」
って何回も言ったよ、大勢の保護者が聞いてるよ。なんで来年からなんだ・・・って思ったけど、我が子が標的にされるのが忍びないから、言葉を飲み込んだよ。ふざけんなって思ってる。

No title

私を信じて下さい・・・って保護者に泣きついてどうする。
こんな言葉、死語。
ちゃんとやるはずの 給食費の決算書が今年も保護者に配布されない理由は?  学校の体質は何も変わっていない

No title

またまた開示資料がでました。
出れば出るほど、まか不思議な給食費の計算が・・・明らかになっていきます。開示の資料から、どうにも嘘が・・・
この矛盾はもはや修正も誤魔化しもできないほどの金額では?

No title

よくこんな酷い説明を出来たもんです。
給食費をまじめに払った保護者への対応とはとても思えません。
まさかそれが こんな風に 世間に暴露されるとは思わずにやったんでしょうね。後悔先にたたず・・・

忙しいのよ

怪物が落とした蕎麦色の「鱗」はリサイクル部長が回収します

No title

去年約束の、「執行予定額」の入った給食決算書お待ちしています。
今年は、学校納入金の納入について(お願い)って文書、第一回目の引き落としが終わってから配布されました。おいおい、黙って口座の金持っていくなよ。って保護者で笑いました。

子供が在籍してるので表に立っては言いませんが、結構怒っている保護者は多いです。

No title

嘘みたいな話です。
学校にこの保護者が来ていたのを何回か見かけました。
まさか、校長とこんなやり取りがあったなんて・・・

この学校の会計って、家計簿よりひどくないですか?
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。