スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【速報・おやじ日本】「おやじ日本」の勤労福祉会館無償使用を提訴

昨日(21日)渋谷オンブズマンは、渋谷区が渋谷区立勤労会館をNPO法人おやじ日本に対して無償使用させている事件に関して、東京地裁に住民訴訟を提訴した。
原告は渋谷オンブズマンのメンバーを中心とする9名。
弁護団は、野本雅志弁護士、高橋勇弁護士、本間久雄弁護士であり、いずれも権力の不正と官僚の横暴に立ち向かう斎藤驍弁護団の一員である。
裁判において、渋谷区(特に桑原敏武区長)とおやじ日本(特に竹花豊理事長)との間に何があったのか、明らかになっていくであろう。
訴状は、後日、掲載する。

oyaji2.jpg



スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

世の中の 「おやじ」はたくさん働き 思う以上の税金を納めています。ここのおやじは 区民が働いて納めた税金で維持運営されている区民の場所を何故か「ただ」で借りています。

「塩」も「宝くじ」も「全国市町村振興協会」も仕分けされました。
夢を売る?宝くじの家賃が、総理官邸の隣のビルにあって、年間1億8千万円とか・・・場内が呆れる中、「ふざけるな!」と傍聴者からやじが飛びました。同感です。

安易ななれ合い行政が、無駄な事業や天下りの温床になっていると批判をうけています。渋谷区はいくら言っても情報は開示しないし特別区の潤沢な税収に胡坐をかいて放蕩三昧。

法廷で「仕分け」して貰いましょ
即 違法 「廃止」です
ここの おやじたちも あま下り?「天」じゃなく「雨下り」?「甘下り」? 「ただ」はやめましょう

No title

区役所のエレベーターに乗った
定年マジカとおぼしき 「おやじ」 二人が会話
おやじA 「 昼飯に早く行けなくなったの?」
おやじB 「 ああ、11:50分とか、ダメになったよ」
おやじA 「 いやぁ、11:30分とか、もう ないの?」
おやじB 「 無くなったよ」

はぁ~、役所の仕事って・・・
昼ごはんを少しずらして休憩すれば、混雑を避けて効率よく作業ができよう・・・時間を守り、労働を形だけ整えているような会話を聞いて幻滅が増した。
役所には、熱心に対応して下さる親切で職務に忠実な職員もいれば、エレベータおやじもいる。
その比率が役所偏差値であろう。そんなおやじが上司では労働意欲もそがれる となんでコイツガ?偉くなる?のがいる。意外と多い。

働き蟻の中には、必ずサボるやつがいて、そのサボる働き蟻を排除
すると、また、別の働き蟻がサボるそうである。組織には絶対こういう 公務員の雇用に安心しきって、サボるやつがいる。
渋谷区の問題は、サボる蟻ではなく、働く良い蟻を排除することである。上に睨まれず、熱心に働くには気苦労が多い。
ずるくて、腹黒く、嘘が上手で、目が上しか見えないヒラメが上がっていく。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。