【原宿団地】原宿団地は門扉を設置

原宿団地の建て替えは、総合設計制度を濫用した高さ60mの高層建築計画で、地域の住環境と景観を破壊するものである。
かっては誰でも中に入れた原宿団地は、門扉が設置されて住民以外は入れなくなった。
原宿団地は、総合設計制度の適用を受けるために公開空地(誰でも利用できる空地)を提供するとしているが、門扉を作って地域の人を閉め出すような行動を取る方々が、本当に公開空地を提供するのであろうか。
そして、その公開空地の説明が、北から日光が射す等の偽りだらけの図面を使っており、大問題有りなのだ。

原宿団地 002
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

そうなんですよね。
公開空地、団地がそんな閉鎖的な態度なら、いったいどうなるのか。大きな疑問符です。

ところで、団地を含むこのエリア、原宿一丁目町会では美化推進委員が中心となってキラー通り沿道に年2回、花を植えています。
この花のアフターケア、水遣りを有志でおこなっていますが、団地内の方々は おそらく <①高齢者が多く、無理 ②建替え計画推進派に象徴されるような、地域に非協力的で頑なな人が一部にいる> の、2つの理由によって、水遣りに参加されていません。
町会としては、団地近辺も分け隔てなく 美しい花苗を分配して植え込んでありますので、団地外住民の皆さんによる、ちょっと遠い自宅から水を持参しての水遣りの苦労には、非常に頭が下がります。
そんな状況に平然としていられる坪郷佳英子団地理事長の神経を疑います。

No title

そうなんです。
団地を含むこのエリア、原宿一丁目町会では美化推進委員が中心となってキラー通り沿道に年2回、花を植えています。
この花の水遣りを有志でおこなっていますが、団地内の方々は <①高齢者が多く、無理 ②建替え計画推進派に象徴されるような、地域に非協力的で頑なな人が一部いる> の、2つの理由によって、水遣りに参加されていません。
町会としては、団地近辺も分け隔てなく 美しい花苗を分配して植え込んでありますので、団地外住民たちで、ちょっと遠い自宅から水を持参しての水遣りに 多少四苦八苦しています。
そんな状況にも、平然としていられる坪郷佳英子団地理事長の神経を疑います。

誤解を招く表示

http://higashimatuyama.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-bc71.html

誇張、誇大は広告の常套手段ですが、あいかわらず減りません。10mといえば普通の一戸建ての高さです。でも、下のイラストではものすごい高台にあるように見えます。つまり、広告読者をなめてるんですね。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: