スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【続報・笹塚中学】給食記録作成に際して他人の印章を不正使用か

平成22年3月の渋谷区議会第1回定例会において、渋谷区議会民主党の鈴木建邦議員が、笹塚中学給食問題に関して質問し、それに対して池山教育長が答弁している。
以下は、議事録の抜粋である。

(鈴木建邦)
笹塚中学校における給食の不適切な取り扱いについて、九月議会でも質問させていただきましたが、その際の教育長の答弁は「今後このようなことが起きないよう、徹底した再発防止策を講じているところであります」というものであり、十分な対応を期待していたところであります。
その後、様々な事実が明らかにされてきましたが、保護者からの情報公開請求などへの対応についても疑わしいことがありました。開示された当該校である笹塚中学校の給食の日報は、当初資料提供が行われたものとは違うものが出てきています。これら提出された二種類の資料は正確に事実が記載されたものなのでしょうか。教育長の答弁をお願いします。
(池山教育長)
お尋ねの給食の日報につきましては、平成二十年度の記録について、記載の一部に不備が見受けられたり、栄養価の計算に不正確な点があったりしたことから、子どもたちに提供した給食の内容を正確に記録・保存させるために、作成のし直しを学校に命じたものであります。
現在は、学校に正確な給食の記録が保存されており、また、元の記録につきましても、この間の経緯を残すため、そのまま保管しているものでございます。
(鈴木建邦)
それから、もう一つ、笹塚中学校の件については、当初提供された平成二十年度の日報については、給食主事と給食主任、そして、管理職の印鑑が押されているそうです。この給食主事は、当時担当していなかったのに印鑑を押すはずがない、それから、給食主任については、給食の内容に納得できなかったので、平成二十年十月から十二月までの三カ月間は絶対押してないと言っております。なぜ当事者が押印していないはずの印鑑が押された文書があるのか、これは問題であると思います。
それから、パソコンで作成された報告書については、その当該の二人の印鑑欄が省かれてつくられています。こういった取り扱いは、やっぱり記載内容の信憑性をどうしても損なうものであると思います。
教育長が以前、答弁の中で触れられた徹底した再発防止策というのは、徹底した事実の究明から始まるものであって、責任を明確にすることが必要です。この件に関して、教育長の再答弁もお願いします。
(池山教育長)
二十年度の記録につきましては、先ほど申し上げましたとおり、記載の一部に不備が見受けられましたので、今年度に入り、訂正を命じまして、それの訂正を行ったところでございます。ですから、二十一年度につきましては、当然再発防止に努めておりますし、きちっとしたものがございますし、二十年度の記録につきましても、現実に合わせたものと、それから、不備があったその日報についてと両方を保管しているというところでございます。
今後このようなことのないように取り扱っていきたいというふうに思っています。
(鈴木建邦)
再々質問させていただきます。
順番を変えて、教育長に対しては印鑑の件は是非お願いしたいと思います。印鑑どうして押されているのか、再答弁をお願いします。
(池山教育長)
笹塚中学校における給食の日報の印鑑のことの御質問でございます。
二十年度にはそういった記載に不備があったということを、私認めております。それが不適切だったので、きちっと正しくつくり直しをするようにということでございます。それで、つくり直したものには責任者の判こを押して、正しくつくり直して、その両方を保管しているということでございます。御理解いただきたいと思います。
(鈴木建邦)
印鑑のほうについては、印鑑を押したことも間違いであったという認識をさせていただきます。今後は是非文書管理と私費会計の取り扱い、引き続き徹底をしていただきたいと思います。


以上の議事録から読み取れることは、鈴木議員は「笹塚中学給食記録に押印されている主任(横山)、係(安藤)の印鑑は、何者かが本人に無断で押印していたことになる」という趣旨の質問しており、池山教育長はそれを否定していないということである。
これは、何者かが(横山)(安藤)の印鑑を無断で使用して公文書を作成し、一度はその公文書が情報公開請求で開示されたということであり、本件は刑法156条及び167条に抵触する疑いがある。

刑法156条
公務員が、その職務に関し、行使の目的で、虚偽の文書若しくは図画を作成し、又は文書若しくは図画を変造したときは、印章又は署名の有無により区別して、前二条の例による。  
刑法167条
行使の目的で、他人の印章又は署名を偽造した者は、三年以下の懲役に処する。
2.他人の印章若しくは署名を不正に使用し、又は偽造した印章若しくは署名を使用した者も、前項と同様とする。 

img166.jpg
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

とにかく一定の期間、写真は有印公文書として存在していたんだよね。その印鑑を本人が押した覚えがないというのは、相当まずいよ。誰か首飛ぶよ。

No title

相当やばいさ。全部やばいさ。誰の首が飛ぶんだろうね。
事実が明らかになるほど、登場人物(関係者)が増えてない?

No title

印鑑を押してない人が書いた書類が間違ってるとは誰が、どうしてわかるのでしょう?おかしな話です。
そもそも、誰が書いた給食の記録なんでしょう・・・
作成者不詳で、印鑑を当人が押してないというのなら、記録のもともとの信ぴょう性がなく、その記録を訂正する「本当」の給食はどうやって実証するんでしょう?
めちゃくちゃなひとたち。

あんたら

子供の給食を大切だ、食育だとぬかした、教育委員会の御役人さま
大事な記録がこの有様で、書き換えた?訂正?版もどこまでホントだか・・・
そりゃ、誰だって警察に見てほしくなるわ。

No title

このブログを見るようになって、渋谷区の教育委員会の所業の悪さがほんとによくわかりました。
失望を通りこして、呆れています。

No title

こんなことが教育の現場で実際に起こり、学校に警察が出動する不祥事を招いただけで、十分引責辞任ではないですか?
子供のための教育?化けの皮はもう剥がれています。最後くらい、けじめをつけたらいかがでしょう?

No title

「事実を表に出す」事を学校攻撃と位置付け対応を間違えた新旧PTA執行部の皆さん。評判を落とし、学校の恥さらしを最小限にする努力を校長に求め、協力すべきでしたね。学校の醜態がこのように市民団体によってしか追及されないのは、学校の内部組織の脆弱さが理由の一つです。保護者の信頼は「隠す」ことでは得られません。事実をもとに改善しなければ表面的対応に終始します。

No title

じわじわ ほんとの事が 表に出てきましたね。
学校関係者が幾重にも学校を取り巻いて、記録をねつ造し、改ざんを訂正と主張?
ただの訂正ですか?修正?調整?ねつ造?偽造?
いずれ、何かの目的があったのでしょう。

No title

教育委員会が後ろで全部指示していたのですね。
校長は従順なふりで指示を履行し、教育委員会全員の巻き込みに成功しましたね。ほんとお見事。禿げ狸。

No title

記録の訂正?修正?調整?ねつ造?偽造?
いずれも「正しい記録」の「作成」?なんだ・・・・
決算書も確か「作成」した?「合わせた」と言ってました。
「あってる」とか「合わせている」作業が大変でしたね。御苦労さま。
そんなにきちんとあってるのかな?
「合わせる」ために何したの?

No title

この池山教育長の答弁には嘘があります。
平成21年8月の情報開示後、給食の問題が明らかになり教育委員会が対応に乗りだしました。杜撰な記録は平成20年だけではなく、その後も給食の記録の管理は以前のままです。教育委員会はその事実を確認しながらこのような答弁をするのですね。
報告する部下が嘘をつくのか、教育長も知っていて嘘をつくのか・・・
信じて聞いてる議員は状況理解が乏しいのでは?
議会答弁で「嘘」は問題ないのでしょうか?

No title

記録や印鑑や開示と給食本来の問題だけでなくなってきてます。話が広がり過ぎて論点が絞れません。
なにもかも問題?昔流行りの「疑惑のデパート」ですね。経営者は区長?

No title

当時、生徒へ出された給食は「給食の記録」により栄養不足・量不足が露呈されてしまい学校も認めた悲惨な給食献立提供内容です。
そんな給食を食べさせられていた事実だけでも十分に悪質ですが、
警察沙汰になるほどに現状は悪質なんですね。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。