FC2ブログ

【主張】来年4月は投票へ行こう!

昨日、参議院選挙の投開票があり、深夜にはその大勢が決まった。
選挙結果への意見表明は避けるが、投票率は前回並であったようである。

次の選挙日程は、来年4月の統一地方選挙であるが、渋谷区長選、区議選の投票率は前回(平成19年)は40%程度と極めて低い。
渋谷区の有権者数は前回(平成19年)は168921人であったので、投票率が1%があがれば1689票、5%あがれば8445票増える。
もし国政なみの投票率(55%)となれば、約25000票増えることになり、これは選挙結果に大きな影響を与えることになる。
今まで投票に行かなかった方々、地方自治には興味がないという方々、引っ越しするからという方々、そしてこのブログの読者の皆様方、是非、次回渋谷区長選挙・渋谷区議会選挙は投票に行こう。

本ブログのコメントに以下のような投書があったので紹介する。

こんな区長でも選挙で選ばれているのだ。
選挙にいかなかった人も含めてそれが民意とされる。
棄権というのは、白紙委任と同じなのだ。
区政が低レベルで、ばかばかしいから、かしこい人、普通の人が棄権するのは、よくわかる。
けれど、棄権者が多ければ、騙されやすい熱心な人たちに、区政を決定されてしまう。
よりましな選択をするしかなくても、選挙に行こう。
税金を勝手に使わせないために。
しっかりしようよ!渋谷区民



スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

「自民党」の圧勝。「みんなの党」の快進撃!!
結果は出た。選挙は民意。「民意」はうつろいやすい。
「消費税」がNO!じゃない。有権者が自らの存在を示した結果。
より、注意深く政治を見ているという意思表示。
主権は国民にあり・・・という原点をこれからの民主に提示した結果。唐突な「消費税」で自爆した民主党。自民に「心」が戻ったわけではない。今後は≪民≫のための政治が必ず、支持される・・・


No title

「希望」と「失望」を繰り返しながら、正しい方向を模索する「民意」
政治家の「視線」がどこを向いているのか、「敏感」になった有権者が、次に選択するのは、自分の未来、子供の将来、世の中の仕組み。一部の政治家の利権政治に戻るつもりは全くない。

No title

わずか半年で投票先をガラッと変える。こういう投票行動は世界でも珍しい。日本の選挙は本当に難しい。政治家は人気取りに走らざるを得ない。日本の政治は大変困ったことになりそうだ。これから国民の非常な苦難が始まる。

次の区長選は矢部、区議選は民主党!

次の選挙では桑原対矢部の一騎打ちになるだろうね。
矢部は民主党推薦。
民主で出馬するに当たり全面的に応援しているのが、鈴木けんぽう。
大津の邪魔で前回の都議選の立候補は見送ったが、矢部も出馬直前まで全面的に応援していた。
けんぽうは支部や区議会の中で、区民の人気、実力とも白眉だから、 この2人が組んでの次の区長選は台風の目になると思うよ。

矢部が区長になれば、区民の中で評判の悪い大津から実力者のけんぽうに変われば閉鎖的といわれる都議会も必ず改革する。

オンブズマンの人たちもぜひ、矢部と渋谷区議会民主党を
応援したほうがいいと思うよ。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: