スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【区政全般】ささはたポイント事業は不振

渋谷区商店街連合会第六ブロックでは、所属する8商店街が主体となって「幡ヶ谷・西原・笹塚ポイント事業委員会」を設立し、平成20年3月15日から「PASMO」や「Suica」のID番号の利用許諾を得た上で、「PASMO」や「Suica」をポイントカードとして利用でき、且つ「PASMO/Suica」電子マネー決済及びクレジット決済も可能な「ささはたポイント事業」を開始した。
これは首都圏で急速に拡大する交通系電子マネーのニーズに、一店舗ごとでは対応しづらい商店街の個店を支援することにより、個店に電子マネー決済利用者等の新規顧客の獲得の機会を与えると同時に、ポイントサービスを併用することで、個店の販促支援(顧客管理、販促ツールの提供)が可能となり、それによる個店の売上向上につなげることを目標とした商店街の活性化事業であるという。
サービス内容は、「PASMO」・「Suica」を持たない会員には、独自の「ささはたポイントカード」を発行する。「PASMO」・「Suica」利用者は会員登録をするだけで、ささはたポイント会員同様のサービスが受けられる。
ささはたポイント加盟店で買い物をすると、現金100円で1ポイントの割合でポイントサービスが貰える。たまったポイントは買い物や商店街が実施するイベント事業等で特典を受けられる。
(以上CR総研のHPより)

しかし、各店舗に設置する機械の台数は、未だ当初目標の80台を達成できず、60台前後に止まっている。その最大の理由は、1回の利用につき手数料10円が加盟店の負担となることだ。
目黒区でも、同様のポイント事業を行っているが、通信環境が異なるため、手数料は無料で加盟店の負担はない。各店舗に設置する機械の台数は約260台である。

本件事業は渋谷区の場合、下嶋区議(自民)が音頭をとって導入し、渋谷区、東京都から約1300万円ずつの補助金を受けているが、通信環境の整備が不十分であったため伸び悩んでいる。

shimojima2
下嶋区議(自民党)






スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

補助金?

十号通り商店街の話ですか?
ここで毎日買い物しますけど、商店街で、電子マネーで支払ってる人なんか、見かけませんけど・・・
補助金なんか、出てるんですか?

やはり

毎月、組合費だけでもつらいのに
これにのせられはじめたら毎月
通信費やポイントの会社にも売上取られる
たまの電子マネーやカードでの支払いの客だけでは合わない
うちの組合でも何軒かはこれをやめた
割が合わないと言っていた
今やうちもこの機会はカウンターの肥やしだ

昨日の庁内記者会見より区長情報管理非常事態宣言

区長情報管理非常事態宣言についての会見

区長 
まずは富ヶ谷の区有地購入について、今事務方のほうから事細かく

事務方
 私の方から説明させていただきます。富ヶ谷の土地購入ですが、こういったものは地元の希望に応えるだけの予算は確保してあります。ただ使い勝手のよい予算とかこういったものはですね、ちょっと足らない分がございますので、そういう面は、昨日副区長に、優先的に回していただきたいとお願いしました。以上です。

記者 
情報管理非常事態宣言の内容を見ますと、これまでの情報機密体制を強化するという内容のものだと思うんですけれど、新たな体制とは今までにように、不存在とか全非公開処分というような形ではなく、これまでの体制を強化していくということで考えていいのでしょうか?

区長
 はい。皆さんに何回も申し上げますように、区民の皆さんに
啓発していただく、意識を醸成していただくという趣旨の非常事態宣言であります。

記者 
基本的には区民の自主的な取り組みを促すということになるということなんですが、そうすると区としての啓発等の活動ですね、どういう風にお考えなんでしょうか?

区長
 それはメディア等を通じて、区ニュース等々を通じて、あるいはあらゆる手段を使って、区民の皆さんにうったえかけていかなきゃいけないと、働きかけていかなきゃいけないと思っております。

記者 
 区長のおっしゃっている情報管理非常事態宣言にですね、レベルがあるというのは初めて聞いたんですけれども、もう非常事態そのものじゃないですか、これは。沢山の改ざん記録と庁内機密が漏れて、30の以上もの訴訟起こされその中の12 非公開処分取り消しであり、さらに庁内の情報が潰れかけているわけですよ。だから非常事態宣言の中にレベルがあるとかですね、ちょっと理解できないんですけれども。それから違法行為だなどの風評被害ですけれども、風評被害っていうのは、情報が一杯あって、それが流通して、それに対して区民が変に遠ざかっていくのが風評被害だと思いますけれども、ものが出てこない状態になりかねないことに今なっているわけでしょう。
だから風評被害を得るというのはある意味でまだありがたいことかも分からない、つまりそれぐらい危機だという風に思っているんですけれども、区長のお話を聞いているとどうもそこら辺が出てこないからですね。それから今後のことについてお聞きします。機密対策を一生懸命やっていますけれども、このまま今の方法を続けるのか、それとも区民を洗脳するのか、それとも矯正処分なのか、一定地域の中で。これは検討されていますか?

区長
 検討しています。

記者 
どうされますか?

区長
 まだ分かりません。

記者 
まだ?もう訴訟もぼちぼち30きているわけだから、
区長
 まだ決断はしておりません、検討をしております。一歩踏み込んだと。というのは、区の本部の地元対策チームが来たわけですから、その意味も勘案していただければ分かりますよね。
記者 
いや、情報公開条例ではですね、その主体は区長なんですよ。

区長
 そうですよ。

記者 
区長なんです。

区長
 そうですよ。

記者 
だから区長がどう思うか、どうされるかっていうのが一番なんです。

区長
 話をしています。検討しています。

記者 
そうですよ、職員じゃないんですよ。担当じゃないんですよ、区長なんです

区長 
法的には区長ですよ!区長ですよ!確かにそうですよ!でも、職員の協力がなかったら、いいですか!全職員処分っていくらかかるか知っていますか!?

記者 
いやいや、だからお金のことを言っていても今しょうがないですよ。 

区長
 しょうがなくないんですよ!その中でやらないといけないんです!

記者 
(聞き取れず モゴモゴと反論)

区長
 情報公開の対策の担当の同意を得なきゃいけない。操作を、もしやるとしたらですよ、そうじゃないですか。

記者 
その通り。

区長
 それを簡単にですね、

記者 
簡単に言っていないです。
区長 
簡単に言っている!簡単に言っていますよ!(記者をペンで指しながら)

記者 
言っていない、言っていない。

区長 
相当な覚悟が必要なんですよ、

記者 
ですから考えているかどうかを聞いている。考えているかどうかを聞いている。
区長
 担当の方の同意を一人ずつ取っていかなきゃいけないんですよ。査定もしていかなきゃいけない。それに対して見返りとか手当とか報奨金とか新設の幹部職員手当だとか予算だとかコストだとか、それは尋常じゃないんですよ。

記者 
じゃあ今のままで取り消し訴訟が年20いったりするんですか


区長
 だからそのポイントを今検討して、どこを狙ったら、踏み込んだ対策をしているか今検討しているんです。

記者 
してください。

区長 
しているんです。だからしているって言ったのにあなたは、

記者 
いやいや職員が担当がとおっしゃるから、

区長 
職員がとは言っていません!これは協議をしないと、これはパンデミック、これは伝染していくで、もう区内だけの問題じゃ
ないんですよ。全職員を考えていかなきゃいけない。
記者 
そうですけれど、一番集中して出ているのは幹部職員だから、
区の区長がリーダーシップを発揮しなきゃいけないんじゃないですか。

区長 
やっているんですよだから!やっていますよ!検討していますよ!

記者 
じゃあ職員が担当がと言わないでくださいよ。

区長 
担当と協議しなきゃいけない、事務組合とも協議しないといけない、町会などの皆さんとも意見交換しないといけないじゃないですか!私の独断で、はいやりますやりますって。そりゃ現場を知って、現場の人たちと話をしなければ分からないでしょう。そこら辺をあなた分かってくださいよ、プロでしょうあなた。

記者 
いや分かっていますよ。だから期待して言っているんですよ。

区長
じゃああなた、だから一歩踏み込んだところはもう視野に入っていますよ、検討していますよ。

記者 
ああそうですか。どっちの方向ですか、全改ざんですか?

区長 
分かりません、まだ。数種類ございますから。その対策は。

記者 
今朝の副区長の会見の中で、ちょっと未確認なんですけれど、改ざんの使用を検討したいと。総務、各委員会の事務局の方に検討するという話を持って行って、でまあ、理解を得たいというか、どういう意見が出るか聞きたいとおっしゃっていたようなんですが、

区長 (咳でむせながら)もう一回お願いします。

記者 
 改ざんの使用について副区長がだいぶ踏み込んだ発言をされたようなんですよ。優先順位として、非公開指針の中にあげてある改ざん使用がまず第一段階。次の段階としてもう視野に入っているんでしょうか。

区長 
あのですね、先ほどXX新聞さんにも言いましたけれども、入っています。改ざんも全廃棄処分も、強制シュレッター、あるいはそれを複合してやるのか、数種類の判断がありますよね、みなさんもご存知だと思います。一歩踏み込んだって言うのはそういうことですよ。だけどそれをどのタイミングで、どういう風な担当の皆さんの理解を得ながら、隠蔽の予算措置をしながら、もしトラブった時の法的措置はどうするのか、訴訟になった時はどうするのか、そういうところをきちっと詰めないと前には進めないんですね。見切り発車は出来ないんですよ。
それをずっと検討しているわけですよ。でもこれは判断ですね。
また土地購入の件ですが地元の町会の、発信源の町会、あるいは執行される予算、富ヶ谷の土地取得の情報の、健康な敬老者や団体の意見を優先しなければいけない、その気持ちを考えた時に、そうそう軽々には出来ないんですよ。

記者 
軽々には出来ないことが分かっているから、我々はどういう風に区が考え、区長が考えているのかを、

区長 
 だからそれを検討しているんです!だからそれを話し合っているんです!毎日!寝ずに!それをですね、検討しているんだとか、甘かったとか、処理が、非開示対策がどうのこうのとか、我々は一生懸命やっているんですよ、我々は!幹部職員の方たちも一生懸命やっているんです!以上です!帰ります!(席を立つ)

記者 
(さまざまな記者の声) 区長、そういうことではないと思うんです。

区長 
(座りなおして)喧嘩売っているのはそっちじゃないですか。
そうですよ、それを詰めているんですよ、一生懸命!
記者 
 お伺いしたかったのは、今分かりましたけれども、どのような検討をして、それがどういうタイミングで、いつ判断なさるのかということを知りたかったんですよ。

区長 
 軽々にものを言えますか?じゃあ。私がずっとそれを言わなかったのは、言及してこなかったのは、現場の、発信源の町会とか、商店会のみなさんたちの気持ちを分かるからですよ。幹部職員だって軽軽に全処分って言ったらみんなパニックになりますよ。だからそれは、最後まで言っちゃいけないことなんです。私はそう理解しているんですよ。 

記者 
ただ区長自身がそうおっしゃったように、昨日区のチームがこちらにいらっしゃいましたし、軽々に言えないんだけれども、区民の多くがそのタイミングやスケジュールをどういう風に進めていくんだろうということが、私は最低限知りたいと。

区長 
 ですから情報管理非常事態宣言で皆さんにご認識をいただくというのがですね、こういう状態なんだということをですね、
富ヶ谷の土地購入だって発信地域外の方たちにも、あるいは一般の方たちにも、分かっていただいて、たいへんなことなんだなと、そうしたら一番最善な方法はどういうことなのかなと、これ以上の情報開示拡大を防ぐためにですね、それを皆さんの意見を聞きながら、最終的には私が判断しなきゃいけないわけです。政治判断ですよ。

記者 
その時期は、昨日副区長が言及したように、今週内というような考え方でよろしいんでしょうか?

区長
それは言及できませんけれども、地元のですね、何万軒もあるですね、区内の地域の同意を一軒ずつ取っていく、これをしなきゃいけないですね。でもどこまで同意をとるのか、ね、そういったことの難しさを考えれば...情報公開だってですよ、
じゃあ全非開示処分になったときに訴訟はどうするのか、そのための人員はどうするのか、その一日や二日では出来ませんよ、ね、その時にどう延長して誤摩化しておくのかとか、様々なことがある。だからそれをですね、こう考えながらやらなきゃ
いけないんです。ですからどのタイミングでというのは私はですね、現場の意見、あるいは町会、商店会、関係団体、敬老会、各会の長さん含めて考えなきゃいけないと思っていますよ。ですからいついつっていうのは言えません。

以上

No title

これは、ほんとにあった「記者会見」ですか?
おもしろ過ぎますね・・・(笑)

こういうのは、区報に載ったりしないんですかね・・・
会見に、一般区民は同席できないんですかね・・・

マスコミさん、オンブズマンさん、広く区民に告知して「区長」を呼び出しましょうよ。当然、カメラも回しましょうよ。

これ、TVも行けますって・・・

区長発言 抜粋

「非常事態宣言であります。」

「まだ分かりません。」

「全職員処分っていくらかかるか知っていますか!?」

「操作を、もしやるとしたらですよ」

「相当な覚悟が必要なんですよ」

「見返りとか手当とか報奨金とか新設の幹部職員手当だとか予算だとかコストだとか、それは尋常じゃないんですよ。」

「これはパンデミック、これは伝染していく、もう区内だけの問題じゃ
ないんですよ。全職員を考えていかなきゃいけない。」

「改ざんも全廃棄処分も、強制シュレッター、あるいはそれを複合してやるのか」

「地元の町会の、発信源の町会、あるいは執行される予算、富ヶ谷の土地取得の情報の、健康な敬老者や団体の意見を優先しなければいけない、その気持ちを考えた時に、そうそう軽々には出来ないんですよ」

「現場の、発信源の町会とか、商店会のみなさんたちの気持ちを分かるからですよ。幹部職員だって軽軽に全処分って言ったらみんなパニックになりますよ」

「これ以上の情報開示拡大を防ぐためにですね、」

≪その時にどう延長して誤摩化しておくのか≫とか

「町会、商店会、関係団体、敬老会、各会の長さん含めて考えなきゃいけないと思っていますよ。」

解決~

パ二クッているのは、区長、あなたです。
簡単です。あなたが、「シュレッダー」にかかればよいのです。

役所内全ての職員が、上司の指示なしに動くことはあり得ません。特に、近年の行政は、「ジョンイル・クワハラ」一極集中行政でした。

そんなこと、みんな知ってます。裸のクワハラジジイ。廃棄処分決定!!

補助金 一家

「町会、商店会、関係団体、敬老会、各会の長さん」・・・?

ゼ~ンブ 補助金で縛りあげて、口封じしてる団体ばっかりじゃん。
ついでに、区立の保育園、私立の幼稚園、公立学校、教員、PTA組織、地元土建、指定業者、全て、「金」で牛耳ってるもんね。区議会議員にまで、ばらまいてるし・・・
ピラミッドの頂点に君臨して、いい気なもん。見事なほど・・・

でもさ、あんたが勝手に使ってる「お金」、もとは、私ら区民が、納税した「税金」だからね。

議会も通さず、6億の土地買ったと、「こんにちは 区長です」に書いてみたらどうよ。区民に語れないこと平気でするなっちゅうに・・・

マンション隣地の購入?太陽まで、「金」で買うおぞましいやつ。それも、人々の金で・・・
「おてんとさま」はちゃんとみてます。幼子に、あ~たの母君はそう教えませんでしたか?
お里が知れる・・・文化や芸術が理解できないわけね・・・ご愁傷様。

早くポイント事業をやめたい

我が組合も今年のささはたイベントは参加をやめようという話しがあります
運営に疑問があります
また、仕切るのはいつも笹塚、資金を出すのはいつも幡ヶ谷地区
こんなことを地元のお客たちは知らない

俺たちは金づるじゃあねぇ
また、下嶋がいつもイベントの陰で暗躍しているのも気に入らねぇ
早くポイント事業はやめたい
経費の支払いがきついな

No title

渋谷区役所の上の方の階に、報道関係の部屋があるんですけどね・・・桑原区長は、区行政が、報道されないよう、この報道室を閉鎖してしまったんですね・・・

また、開けてもらいましょお・・・そしたら、区民が毎日押し掛けますよ。渋谷区には、こんなに住民訴訟があるんですよ~
報道してたもれ~って

No title

商店街に電子マネーの話が来た時は、スイカだの、パスモだのって騙されて、一台十数万円支払わされて、機械を購入させられたのさ。元が取れるどころか、邪魔でしょうがない・・・客は、使わなェ・・・
新しい回線だなんだ、金ばっかりかかって、てめえは補助金か?
どのつら下げて、「商店街の発展だよ」電気屋も年から年中、お茶屋にくっついてんじゃねぇ。一緒に補助金で飲み食いか?

今朝うちの若手からこのアドレスを見てほしいとメールが来ていた
確かに関係ないコメントもあるようだかが、みちおや連れてくる業者の強引さがいつも問題になっている
商店会にもっとまとも導いてくれるリーダーが欲しいものだ
コイツは威圧と利権が昔から好きだからな
書かれて当然だ
うちらも次は応援しない

情報管理非常事態宣言

って・・・正常に戻ろうとしてるだけじゃないの?

大通り

また昨日分のこのブログをわざわざプリントとして持っていたよ

No title

みちおにまとわりつく、とまとばばあも 超強引。
みちおをバックに、十号を、自分の「利権」商店街に改装中。

ぱっと見、さばけた女性経営者。地元家主は大体が爺さん連中だから、「とまと流甘い言葉」でちょっと持ちあげられれば、イチコロ。

やり手の強欲、不動産ばばあ。
で、みちおと仲良し。事務所も共有らしい・・・

No title

お茶屋で買い物をして、パスモにポイントだけつてけもらうと、お茶屋のサービス券はもらえません。
毎月第一土曜日に入る10号通りのチラシの片隅の50円サービス券の扱いもよくわからない。


たいしたサービスもなく、愛想も悪い店主&使用人?
このご時世にまだ『売ってやる』式商売。

補助金収入があるからこんな商売も成り立つのね。
潰れればいいのに。

お願い お願い お願い

庁内記者会見について・・・
いつ、どこで、何時から、どこの報道関係者が参加した記者会見なのか、知ってる方、書き込みしてください。突撃「逆」取材して、渋谷区の実態を新聞に書いてもらいたい・・・
新聞社ですか?何社か参加したのですか? 教えて下さい。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。