【富ヶ谷土地取得】渋谷区長自宅の隣接地取得の要望書入手

渋谷区長の自宅の隣接地(渋谷区富ヶ谷2-1392-2  959.42平米)の取得について、渋谷区長・桑原敏武が北海道知事・高橋はるみ宛に提出した要望書を入手した。北海道に対する情報公開請求によって入手したものである。
渋谷区長が要望書を提出したのは平成22年3月12日で、防災拠点及び公園として整備するとしている。
渋谷区は細かな経費削減を行っているが(例えば、法人対象の保存樹木、保存樹林の補助金は全額カットされた)、ここでは大盤振る舞いである。
渋谷区の税金は、どのような優先順位で使われるのであろうか。

img301.jpg

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

北海道への「お手紙」は【住民の要望】より先にだされたものだったりして・・・・・

区長は、自分が欲しいから、「後ズケ」で署名を集めたのかもね・・・
やりそうだよね・・・周りの金魚が思いつきそうな、薄っぺらなつじつま合わせ。合わせてどうする。

No title

300坪ちょっとの土地が、6億3000万円?
高くない?
現地は「不適合接道」かと思うほど、接道状況が悪いし・・・
どうしても欲しい区長は「言い値」で買った?

まさか、お抱え「指定業者」に土地の売買手数料なんか払ってないでしょうね。

No title

ここが、桑原の ≪住環境実験≫ 用地です

「自ら、被実験者になることで、経費を抑え、風向や日照の住環境の実験を行う」んです・・・

おまんさん、なめたら あかんぜよ!!

鉄拳制裁求む

「子供たちに 太陽を!」

「区長に 闇を!」



区長公印

桑原さんに、区長公印を持たせておいてはいけない。
痛切にそう思いました。何とかしましょう。
次の選挙には、必ず投票に行きましょう。

No title

ANYONE BUT KUWABARA!!

戦う区議会議員はおらんかの?

だいたい、渋谷区は、区議会議員が駄目なんだよね・・・
桑原もまさか自分が区長になるとは思わず・・・?(ホントは狙ってた?)いろいろ仕込んだ仕掛けが、とっても役に立ってるわけよ。
特に、地元商店街、町会を基盤とする、集票システム。そこへ補助金をばらまき、口封じと見せかけの忠誠心を買収。

地元業者への、公共事業のお手盛り発注と、リベート。に一緒に群がる地元区議会議員。

地域の功労者には、身うちの公務員、準公務員としての懲用。区行政への都合よい奴隷的、もの言えぬ雇用。

地域からも、役所内からも、批判や抗議は上げられぬ、「独裁国家」を作ったわけ。人事権まで行使する区長の取り巻きはいまや、イエスマンのみ。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: