FC2ブログ

【笹塚中学】古屋教育委員会指導室長が三楽病院へ同行の痕跡

渋谷オンブズマンには、笹塚中学校長・島本環樹の休養に関して、匿名の投書があり、それについては8月2日に報じた。
その中に、「教育委員会は給食問題がこじれ、このまま島本校長ではまずいと判断した。OB訪問の翌日、教育委員会指導室長が校長をむりやり東京都教職員共済三楽病院精神科に連れて行き鬱病と診断させたのだ。」という記述があったが、これを裏付ける有力な証拠を入手した。
渋谷区教育委員会指導室長・古屋真宏の旅行命令簿(兼旅費請求内訳書)を情報公開請求で入手したが、それによれば7月9日に三楽病院へ行っており、旅行用務は「医療機関への同行」となっている。但し、島本校長に同行したとは明記されていないが、その可能性は高いと推量できる。

img317.jpg

スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

命令権者の決裁印

黒塗りでいいのでしょうか?

収容所列島

この区では、都合の悪い人は、無理やり病人にされる。
協力した医者は倫理的に問題があると思う。
まるで、スターリンか、金正日の国だ。恐ろしい。
しかし、渋谷には腐った臭いが立ち込めている。
不正行為と、その隠蔽工作には、もううんざり。
根こそぎ変えよう、渋谷区。

No title

こういう、文書が存在するのですね・・・
教育長が決裁印ということは、「教育委員会」ぐるみで病院送りを画策したのですね。個人の人権にもかかわる「鬱病」診断?
校長は、受診当日だか、翌日に笹塚中学校OBを怒鳴ったらしいじゃないですか・・・よくもまあ・・・
島本校長、休職中なのに、歩いて中学校に出勤してますよ。

学校の、記録や、文書だけじゃなく、「病気」までねつ造ですか・・・生徒に言えますか?

嘘つき「世津子」

池山教育長「私も印鑑押してません」とか言わないでねー
外部調査委員会は、どうなりましたか・・・?

もう、知らないでは済まないでしょー

あほらし・・・

フェスティバル委員なので、先日学校にPTA行事の手伝いに行きました。給食問題で校長が事実上、「辞職」したような状況なのに、何の説明もなく、熱い中、「焼きそば」焼いたり、馬鹿らしく手伝わされました。表面上はにこやかに、「お手伝い」してますが、こんなに協力した売上金を、おやじの会は飲み会に使い、PTA会長は、給食費を未納し、やってられない・・・と気分が悪くなりました。
説明どころか、事実公表すらもしない新旧執行部も、体たらく・・・
笹塚中学校のPTA活動は、ただの、「お祭り部隊」みたいなもんです。

御用病院?

さんらく病院とやらを徹底的に調査しなくてはいけない。
医療行為が、行政権力で歪められているとすれば、医の倫理、さらには医師法に抵触する。ゆゆしき事態だ。

No title

教育委員会の言いなりの診断を下す病院があるのですね・・・
≪言いなり≫病名に「ニセ診断書」ついでに、「偽造休職願い」を受理する東京都教育委員会・・・
どこもかしこも、腐ってない?

退職金?

島本さん、いい加減に目覚ましたら?
渋谷区教育委員会と、どこまで裏取引してるか知らんが、人として、教育者として、いかがなものか。自分で考えたらどうだ?
「ニセ」病までしつらえ、自宅を報道機関が取材し、この先どこまで行っても、結局最後は「さらし首」になるだけ・・・

家族や親まで巻き込みたくなければ、サッサと事実や指示を明らかにして、潔く状況説明した方が、身のため。
教育委員会をかばったところで、その上の行政機関には何も通用しない。それより、教唆を明らかにして、世間の理解と同情を得るほうが、個人としては有利。

身を捨ててこそ、浮かぶ瀬もあれ・・・
渋谷区行政、教育委員会の現状であれば、校長の情状酌量の余地は十分あると思うが・・・

No title

とりあえず、校長は休職させて、議員や、教員からの調査ができないように取り計らい、警察の事情聴取の行かんにより、その後の処遇を検討。というのが教育委員会の方針。
通常、病院の付き添いは家族が行うもので、指導室長同行は異例。新学期が始まります。「休職」→「退職」のシナリオは完成済み。

No title

「 かがむなら、大きな のきの下に・・・」
田舎の母ちゃんの口癖でした。上京して、自分なりに「おおきな のき」を探し、かがんだ先の首長は・・・・

情けないやら、腹立たしいやら、虚しいやら・・・
せめて、国家権力、警察くらいは、まともに機能し、渋谷に新風が吹くことを祈る。

教育委員会の存在意味は?

笹塚中学校の長谷川先生は、給食問題で学校訪問した卒業生に「不法侵入だから、警察を呼ぶぞ」と言ったそうです。本人に確認した上で、渋谷区教育委員会、指導室長はこの教師を指導するか、病院に連れていくかどちらか選択してください。
大勢の他の先生もいたそうです。どなり声を聞いた保護者もいます。

こんな人が教師を務めている、渋谷区教育委員会はレベル低いです。だから、生徒の学力も伸ばせないんです。

笹塚ネタ 続編

ネットで話題になってる「お茶屋」は下嶋区議会議員ではないでしょうか。みちおと言う名まえも一致します。
商店街絡みのネタも腑に落ちます。
「切手」ビル議員とは、金井区議会議員と思われます。粗末な家に住んでみせ、区外にビルを保有し、切手を数百万円分購入した模様です。
地元、公明党議員も、ガソリン問題で、追及を受け、返還したようですから、宗教団体からの風向きも厳しく、地元では、信者の生活に密着して票固めに必死です。公明党が、桑原区政べったりなのは、区議会活動を見ればよくわかります。
さらに、この三人の議員から、笹中の給食問題で、一方的に「外され」た共産党地元議員 とま氏までが、給食問題には関わりません。渋谷区教育委員会のアキレス腱で、区長の命取りになり、仕返しが怖いからです。
馴れ合い政治・・・。区長と区議会の役割どころか、同じ腐敗臭が漂います。

地域役員も、さっぱりです。区長と仲良し上町会長は自宅前の道路をピカピカに(光る舗装材で)整備して貰い、甲州街道に据えられた街灯が、利益享受の道しるべのごとく、この町会長の自宅前道路に並びます。権威の友情?癒着?象徴のようで圧巻です。

地域代表の女性地区委員も普段地域ではもっともらしい発言を繰り返しますが、こと、区政には「クチナシ」です。息子が、区役所勤めで、区政には絶対服従。本心は地域より息子の出世です。

前述の二人は、共に地域で長年活動してきた、体指会長の人事の件ですら、見て見ぬふり・・・体指の会長が貴重な地域人材であることを百も承知で、教育委員会の不当処分を黙認しています。地域代表を自負するなら、正当事由として体指会長を援護しないのか、何のための地域役員か・・・地域を支える実態も所詮「利権」・・・
「一生懸命地域に尽力した実績ある」人間を、地域の長が結束して守らず、地域活動は形骸化・・・
地域の区議会議員も同様です。

まじめに働く区民や、商店街の区政に疎い個人商店主への多額の「補助金」は、地元議員が商店街の発展を口実に、合法的に業者に流し、その業者と議員の「癒着」が問題になっています。

これら、区議会議員の地元での活動を支援し、選挙運動を支えているのが、「指定業者」と呼ばれる、区の公共事業を受注する地元建設業者や不動産業者、一部の個人商店主らです。公共事業に上乗せして支払われる対価が、選挙活動費として回る「天下の金」です。

また、議員密着、地域密着の無償功労(働)者へは、別途、親族の公務員雇用の門が開かれており、役所の内と外から、区政を支える城壁を築き、主たる納税者である一般区民への行政サービスより、限られた区民に対する「思いやりお手盛り予算」が公然と執行され、先の区長の専決での土地購入へと続くわけです。

また、公立学校のPTA活動には、比較的時間に自由のきく、地元小売業者や地元土建業者などが就任することが多く、職業関係の制約から、「子供」のための活動重視より、「利権」重視指向で、都心の過疎的公教育の空洞化を招いています。結果、裕福な教育意識の高い家庭ほど、私立志向が強く、更なる公教育現場の質が低下するのです。義務教育時代を地元で過ごさなければ、地元への愛着や関心は育まれにくく、人材の地元還元も望めません。

笹塚だけでなく、渋谷区全体が区長の「利権」政治に隅々まで支配される所以です。
「悪政」の温床は、区議会議員であり、町会であり、地域役員であり、各種団体であり、区の職員であり、PTA組織であり、商店街であり、そこらじゅうに縦横無尽に張られた「利権」至上主義の人々に区長が与えた「権力」「立場」「職」です。本人たちが「公然」と手にしている金員の全てが「税金」である原点に立ち返るべきです。奉仕すべきは、首長ではなく、区民です。

追いかけ記事様

少しわかってきました。
ありがとございます。
すさまじい腐敗構造ですね。
どこから手をつけたらいいのかと呆然とします。
でもやはり、まず頭を変えるのが先決でしょうね。
来春の区長選が重要だと思います。

働かなくても・・・

三楽病院は、お茶の水にある、総合病院。
都内、教職員の「駆け込み寺」。

学校で疲れた教師がたくさん訪れる病院です。
「避難シェルター」的役目もあり。「病気」のお墨付きは「休職」の必須条件。外せません。
「縁切り寺」ならず、世間と隔離するため、「療養する?させる?」場合もあるようです。

病院→自宅療養→現場→病院→自宅療養→・・・エンドレス。
その間に、異動が入り、ほとんど働かない教師が問題になっています。「三楽」は教師の救世主か?共犯者か?

No title

笹塚中学校 島本校長は復帰せず。
新しい校長が着任しました。
予想通りでした。

No title

渋谷区教育委員会は島本校長の排斥に成功しましたね。
給食費未納者にご馳走して、未納者の持参金を「おいた」して、教育委員会の言いなりで様々な文書改ざんまで・・・
休日返上して散々「禿げ」んだのに・・・残念でした。島本サン。
最後はトカゲのしっぽ切り・・・強制退場。
給食費を、別の用途に使ったのも問題だけど、情報公開文書の書き換えや、公文書の偽造、印鑑無断使用も刑事事件だよ。わっかってて、教育委員会の指示に従ったのだとしたら、あまりにも愚かだったね。最初から、きちんと保護者に説明していれば、犯罪者になんかならずにすんだのに・・・ご愁傷様。
PTA未納会長とはお別れの挨拶をしましたか?あれほど立派に「校長」守ります宣言したのに、自分の給食費未納発覚が怖くて、PTA会長は出ても来ないでしょ。お互い、見る目ないね・・・

御苦労さまでした。

もう、学校に出勤しなくてよくなったから、ゆっくり自宅療養できますね。学校に来なくなると、マスコミが自宅周辺に取材に行くかもね・・・毎日、警察署に出頭して、渋谷区の「悪行三昧」をおまわりさんに説明しましょう。一人で被るなんて馬鹿らしい。

No title

校長は、学校には来なくなりましたが、「雇用」は守られ、給与も支給されています。「療養中」の身分。渋谷区教育委員会はそれなりの保障をして、現時点では島本校長の身分を守ります。

今、島本校長を完全に「切って」しまうと、何もかも暴露されてしまうので、「飼い殺し」状態で「口封じ」です。
「上手く全てを被ってくれたら・・・・」と渋谷区教育委員会は『退職金』や『再雇用』を餌に、まだまだ島本校長をコントロール可能とたくらんでいます。

愚かにも、この期に及んで教育委員会を信じ、島本校長が一人で全ての「罪」をかぶり、「罪状」が確定した段階で渋谷区教育委員会は「ホントに、サヨナラ」堂々と懲戒解雇です。
校長はまだ気がつかないのかな?おめでたい。
誰か、有能な弁護士でも紹介してあげたら・・・?

No title

校長辞めてせいせいしてます。
散々保護者に信じて下さい・・・と連呼して数カ月。
あの言葉は何だったのか・・・

子供にもありのままを説明します。

許せません。

副校長転出
会計事務転出
校長休職→退職

保護者に説明もせず、こんな人事異動で誤魔化し、うやむやにする渋谷区教育委員会、教育長や教育委員長のやり方、教育者としての資質に強い憤りを感じる。

オンブズマンに期待してます

こういう幕引きしかしない教育委員会のやり方が、一番問題。
解決ではなく、説明すらなく、何がしたいのか・・・
上手く、かわして上手に逃げたつもりでも・・・v-540ついてます。追いかけてください。

大げさな

病院について行くのが旅行?
笑ってしまう、事大主義。
お年寄りの所在確認に行くにも書類が必要なんだろうな。
でも記録が残るのはいいことだ。

印影を黒く塗ったのは渋谷区教育委員会ですか

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: