スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【告知・広尾日赤環境訴訟】日赤環境訴訟の口頭弁論のお知らせ

明日(10月1日)15:30より、東京地裁522号法廷で広尾日赤医療センターの開発工事中止と現状回復を求める環境訴訟の口頭弁論が開かれる。原告側は、大銀杏移植の違法性について、以下の準備書面を提出した。

第1 大銀杏の違法な移植許可

1 大銀杏について
 日赤医療センターの庭にあった大きな銀杏は大銀杏と呼ばれ(甲20の33頁の写真参照)、樹齢約500年と言われており、渋谷区文化財保護条例(以下、本件条例という)により、渋谷区指定天然記念物に指定されていた。

2 本件条例の概要は、以下のとおりである。
 本件条例は、文化財保護法及び東京都文化財保護条例による指定を受けた文化財以外の文化財で区内に存するもののうち、区にとって文化的に重要であり、かつ、価値の高いものの保存と活用に必要な措置を講じ、区民の文化的向上に貢献することを目的としている(1条)。
 2条は、文化財の定義規定であるが、7号は、「天然記念物」として、「動物、植物(自生地を含む)、地質鉱物で学術上価値の高いもの」を挙げている。
 3条は「区の責務」を定めた規定で、「区は、文化財が歴史及び文化の正しい理解のために欠くことのできないものであり、かつ、将来の文化の向上発展の基礎を成すものであることを認識し、その保存及び活用が適切に行われるよう務めなければならない。」と規定している。
 4条は「区民等の責務」を定めた規定で、その2項は、「文化財の所有者などは、文化財を大切に保存し、できる限りこれを公開する等その文化的活用に努めなければならない。」と規定している。
教育委員会は、区内に存する文化財のうち特に保存する必要があると認めるものを、所有者などの同意を得て、渋谷区登録文化財に登録することができ(5条)、さらに、渋谷区登録文化財のうち、特に重要なものを所有者等の同意を得て、渋谷区指定文化財に指定できることになっており、7号は、渋谷区指定天然記念物を挙げている(7条)。
 上記5条、7条から明らかなように、保存する必要があると認めるものを、渋谷区登録文化財に登録し、渋谷区登録文化財のうち、特に重要なものを、渋谷区指定文化財に指定するという構造になっており、渋谷区指定文化財は、特に重要なものとされている。
 大銀杏は、本件条例7条により、渋谷区指定天然記念物に指定されていた。

 3 日赤による移植許可申請と渋谷区教育委員会の許可
 本件条例19条2項は、「区指定文化財の管理者等または管理責任者は、当該区指定文化財の現状を変更しようとするときは、教育委員会の許可を受けなければならない。」と規定している。
 病院建替工事、及び、マンション建設工事にあたって、大銀杏の存在が邪魔になった日赤は、大銀杏の移植を計画し、平成18年5月、渋谷区教育委員会に対し、本件条例19条2項に基づき、現状変更についての許可申請を行い、同年6月、渋谷区教育委員会はこれを許可した。
 日赤は、これに基づき、大銀杏を日赤医療センター敷地内の別な場所に移植した。
 日赤は、移植が現状の変更に該当するとして、許可申請を行い、渋谷区教育委員会も同様の見解でこれを許可したのである。
 しかし、以下に述べるように、かかる見解は誤っており、大銀杏の移植許可は本件条例19条2項に違反しており、違法である。

4 違法な移植許可
(1)本件条例の上位法として、文化財保護法、東京都文化財保護条例が存在する。
 本件条例の解釈にあたっては、当然のことながら上位法である文化財保護法、東京都文化財保護条例の解釈が尊重されなければならない。
 本件では、大銀杏(本件条例では「植物」に該当する)が問題となっているので、植物の現状変更についての文化財保護法、東京都文化財保護条例を以下に指摘する
 文化財保護法では、我が国にとって学術上価値の高い植物は、2条1項4号で文化財とされ、「記念物」の1つとされている。文部科学大臣は、記念物のうち重要なものを天然記念物と指定することができ(109条)、天然記念物の現状を変更し(維持の措置、非常災害のために必要な応急措置を執る場合は除く)、またはその保存に影響を及ぼす行為をしようとするとき(影響が軽微である場合は除く)は、文化庁長官の許可が必要とされている(125条)。
 東京都文化保護条例も、文化財保護法と同様の構造になっており、教育委員会は、都の区域内に存する記念物のうち、都にとって重要なものを都指定天然記念物と指定することができ(33条1項)、都指定天然記念物の現状を変更し(維持の措置、非常災害のために必要な応急措置を執る場合は除く)、またはその保存に影響を及ぼす行為をしようとするとき(影響が軽微である場合は除く)は、教育委員会の許可が必要とされている(36条による14条の準用)。
 天然記念物の所管は文化庁文化財部記念物課であり、都指定天然記念物の所管は東京都教育庁地域教育支援部管理課であるが、いずれも、天然記念物(植物)の現状の変更とは、剪定、整枝、苅込、根切等を対象としており、移植は許可の対象とはならないという見解であり、天然記念物に指定された樹木、樹林の移植の先例はないとのことである。
(2)天然記念物の指定基準は、「国宝及び重要文化財指定基準並びに特別史跡名勝天然記念物及び史跡名勝天然記念物指定基準」(昭和26年文化財保護委員会告示第2号)により定められており、天然記念物は「学術上貴重で、我が国の自然を記念するもの」で、植物としては、① 名木、巨樹、老樹、畸形木、栽培植物の原木、並木、社叢、② 代表的原始林、希有の森林植物相、などが挙げられている。
 名木、巨樹、老樹は単体としての樹木であり、当然のことながら、その根付いている土地と一体として考えるべきものであり、移植することは本来想定されていない。
 本件大銀杏は、名木、巨樹ないし老樹に該当するものであり、500年もの間、広尾の地に根を張ってきたものである。
 なお、本件移植が、維持の措置、非常災害のために必要な応急措置に該当しないことは明らかである。また、移植が「その保存に影響を及ぼす行為」に該当することは明らかであり、移植した場合に、当該樹木が移植地にうまく根付くかどうかは極めて微妙な問題であって、影響が軽微であるとは言えない。実際問題としても、移植後の大銀杏は、移植前より生命力が減少しているという印象を与える。
移植は現状変更許可の対象とならないという文化庁や東京都の見解は極めて正当である。
 (3)本件移植許可は、本件条例19条2項の解釈を誤った違法なものであり、区の責務を定めた本件条例3条にも違反している。

日赤銀杏 001
広尾日赤の痛ましい姿の大銀杏
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

また教育委員会なんだ・・・・腐った管理職が終結した場所で大銀杏が元気になるわけないでしょ。
ほんとに・・・どうしようもない・・・

様々、さまざま・・・法律云々は論議のよりどころとして必要なんだろうけど、そんなのしらな無学の者にもこれが大事で簡単に「どうぞ」と移植を許可するなんておかしいよ。
法律は、あるべき姿を民に守るためにあるはずなのに・・・
渋谷区は、その辺のことも全くわかってない

やおよろずの神。どんなものにも魂が宿り、いきとしいけるものすべてがいとおしまれる・・・木々も同じ。
500年の時の重み・・・
命の宿る500年に畏怖を抱かぬ教育委員会は愚か過ぎ。

どうして一人でも踏みとどまるひとが教育委員会にいないんだろう・・・いたけど、飛ばされちゃうんだもんねー桑原に・・・

No title

大銀杏の隣に、桑原埋めろ
首だけ出してさ・・・

教育委員会 大澤、池山、菅原、藤田、古谷、児玉、千葉・・・
埋めて生首で柵こしらえよう。

渋谷に大銀杏を真剣に大事におもってくれ裁判してくれる区民がいるのがせめてもの救い・・・

嘆き

いや~今年の夏の暑さはとても堪えたのぉ・・・
もう何もかも嫌になるところじゃった・・・
このところの雨と気温の変化で何とか持ちこたえんと・・・と思うようになったのじゃ。
わしのことを心配して裁判までおこしてくれる人がおるでの・・・
まぁ、どんな世の中にもすばらしい人間はおるもんじゃな。
わしも、500年前からいろんなお人をみてきたが、こんなにおぞましく酷い目に自分があうとはの・・・思うとらんじゃった・・・
それにしても、のう・・・渋谷区の桑原って男は感心できんの・・・
信用もできん。何より民主主義を勘違いしとる。500年前の北陸で一揆がおこったころのようじゃの・・・1543年に種子島にポルトガル人が鉄砲を伝えたでの・・・以来血なまぐさい世になったもんじゃ。
ああ、あのころのように、問答無用、御命頂戴つかまつる・・・
って世に桑原がうまれていたらの、とうのむかしに殺されとったじゃろ・・・
おうおう、銀杏が色付く季節じゃの・・・並木の美しい東京の銀杏で一番長生きしとるわしががんばりゃないかんわなぁ・・・
鎌倉の銀杏も倒れてしもうたで・・・扱いはこんなに違うもんかの・・・
八幡様か寺に生えたかったのぉ・・・さすれば今頃たわわな実をつけ、静かな秋をまた一つかぞえとったのに・・・
山の手の空襲も逃れて命をつないでおったのに・・・
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。