スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【羽澤ガーデン】東京地裁が現場検証を決定

10月19日、東京地裁民事38部において、渋谷区広尾3丁目の羽澤ガーデンの開発許可差し止めの行政訴訟に関して、裁判所が法律に基づいた現場検証を行うことを決定をした。
現場検証の日時は、11月22日(月)13時からである。当日は、羽澤ガーデンの中へ入れる人数は制限されるが、多くの人に正門前にお集まりいただき、羽澤ガーデンの保全と都市の乱開発中止をアピールしたい。
本件訴訟の弁護団長は、「下北沢開発阻止行政訴訟」「三井浜田山環境行政訴訟」「小田急高架行政訴訟」「広尾日赤環境行政訴訟」「桜上水団地建て替え阻止行政訴訟」「ホライゾン学園事件住民訴訟」「おやじ日本事件住民訴訟」等の行政訴訟の指揮を執り、環境破壊と権力の不正に立ち向かい、常に市民の側に立つ、斎藤驍弁護士である。
以下ステートメントである。


羽澤ガーデンの現場検証をむかえるにあたって
2010年10月20日
羽澤ガーデン開発差止訴訟原告団 代表 橘 充自  同弁護団 団長 斉藤 驍 

 羽澤ガーデン開発許可差止請求訴訟は、平成19年10月以来、東京地方裁判所民事第38部に係属し(被告・東京都、渋谷区)、充実した審理がなされ、3年が経過している。これは行政事件訴訟法改正により初めて実現した差止訴訟であるばかりでなく、現在の環境・文化訴訟の最先端の論点が争われていることだけではない。江戸から現在に連なる重要文化財にふさわしい羽澤ガーデンの際立つ文化と歴史が、裁判を重ねる度に明らかになっていることにある。このため、開発側(三菱地所株式会社、株式会社日山)は、開発許可申請をすることも出来ず、現在に至っている。
このこと自体異例のことではあるが、さらに昨日(19日)午後3時より開かれた弁論準備期日において、裁判所は、かねてより我々が求めていた現場検証を11月22日(月)午後1時より行う決定をした。環境と文化を争点とする訴訟で裁判所の検証がなされることは初めてであるだけに、画期的なことである。
羽澤ガーデンの文化と歴史については、既に多くの証拠があり、昨年10月21日、我々は川端達夫文部科学大臣(当時)に対し、重要文化財指定をするよう求めているところである。現場検証がなされ、平成17年の年末以来5年間にわたり閉鎖されている羽澤ガーデンの建物や庭等をこの目で見ることが出来るならば、その文化と環境を否定することは何人も出来なくなるであろう。
開発側がこれを受入れざるを得なくなった状況の意味は極めて重い。開発の見直しは必至となるであろうし、そのために我々は更に歩を進めることになろう。
以 上

羽澤の門
羽澤ガーデン正門付近
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

渋谷区との建築紛争にはとても多くの区民が煮え湯を飲まされてきた。羽澤ガーデンの裁判が文化や歴史や環境に配慮しない渋谷区の開発ありき、建築業者ありきの行政に「待った」をかけ、区民が暮らしやすい、利権行政の終止符?になるよう願う。

3年という月日と手間、裁判という社会的意義。裁判の金銭的負担や羽澤ガーデン保存の思い。

これほどの区民の思いを、なぜ区長は理解しないのか・・・?
11月22日は是非区長自ら現地を視察し、感想を「こんにちは区長です」に寄せて頂きたい。

区報には、区が抱える住民裁判件数などを掲載してはいかがだろう。区民に訴えられ、税金で裁判しているのだから、当然報告義務があると思うが・・・

お礼

皆様、日頃のご支援有難うございます。
おかげさまで、裁判所の英断で、文化や環境に関して現場検証が行なわれることになりました。
これまで、所有者の㈱日山や、開発者の三菱地所㈱は、再三にわたって、文化人、専門家からの、現地の公開や調査の要請を、理由も言わずに拒んできたのです。
今回は、彼らも裁判所の要請を、拒むことはできませんでした。
それでも彼らは「中には害虫がいる、床が抜ける、ケガをしても責任は持てない」などと裁判官を脅かし、人数の制限を主張しています。しかし、十分な数の専門家が立ち会えないと、裁判官に説明を尽くすことができません。これは巧妙な妨害といえるでしょう。
当日は、ひとりでも多くの方に、周りから検証を見守っていただきたいと存じます。
皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。
現地へは、ブログに地図が載っていますので参考にしてください。
別件ですが、文部科学大臣などへの、文化財指定請願の署名活動も続けています。あわせて、よろしくお願い申し上げます。

No title

本当に、どうして渋谷区の区議会議員連中はこんな変な区長や、とんでもない税金の使い方に異論を唱え、行政の監視の役目を果たさないのでしょうか?

本会議で意味も無い野次を飛ばし、区民財産を安く買いたたく民間業者から多額のリベートをNPOを語り懐に入れるようなろくでもない議員しかいないのでしょうか?

こんな区議会に数千万円の税金が使われ、議会の維持に莫大な予算をあてるくらいなら、いっそ行政まるごと民間委託の方がましです(笑)コスト管理、危機管理、会計の透明性・・・・民間にはかなわないでしょ。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。