【記事紹介】開示公文書改竄事件は今が旬だよ

渋谷区立笹塚中学校の給食記録は、渋谷区教育委員会の指示によって、情報公開請求に対して、組織ぐるみで書換られた。明らかな公文書の書換であるが、その書き換えられた給食記録ですら、真実を反映していない虚偽公文書である。
以下は、毎日新聞 が10月20日(水)2時42分配信した記事である。東京都渋谷区では、これと同様あるいはそれ以上の事件が起きている。開示公文書改竄事件は、今が旬だよ。


東北厚生局 開示文書また改変 不祥事発覚後

開示請求のあった公文書を改ざんした不祥事が6月に発覚した厚生労働省東北厚生局(仙台市、石井博史局長)が、7月にも開示請求のあった公文書を提出元に書き換えさせてから開示していたことが分かった。同局の担当者は「(書き換え前の)文書に誤りがあった」と釈明するが、総務省行政管理局情報公開推進室は「請求時点で行政機関が保有している文書は、仮に間違っていてもそのまま公開しなければならない。情報公開法の趣旨に反する不適切な行為」と指摘している。

書き換えられた文書は、福島県郡山市にある医療専門学校が国の規則に基づき東北厚生局に提出した08~09年度の年次報告など。歯科衛生士科の授業時間数などが記されている。

開示請求したのは同校を「不当に解雇された」として6月に福島地裁郡山支部に提訴した元教員(52)。裁判資料として7月8日に開示請求した。東北厚生局総務課によると、開示期限は8月9日だったが「開示・不開示の審査に時間を要する」との理由で期限を30日間延長した。しかし元教員によると、延長期限を過ぎても通知がなく、9月中旬に同課に問い合わせると「記載に間違いが見つかったので学校に訂正を求めている」と言われたという。

10月2日にA4判87枚の文書が届いたが、年次報告には専門学校が東北厚生局に提出した日付がなかった。同局に確認したところ、開示請求後の9月下旬に書き換えさせたことを認めたという。元教員は原本の開示を求めたが拒否され、どこが書き換えられたのか不明のままだ。

6月に東北厚生局による改ざんが発覚した公文書も同じ医療専門学校に関するもので、元教員は「知られたくないことを組織的に隠したのではないか」と話している。毎日新聞の取材に対し、同局の千葉孝司総務課長は書き換えの事実を認めたうえで「誤った記載がある(改変前の)文書を開示すると誤解を招くと判断し、正しい文書を開示した。組織として判断したもので局長の決裁も受けている。問題とは考えていない」と話した。【坂本智尚】

<厚労省東北厚生局の開示文書改ざん問題とは>
授業時間数不足の疑いがある福島県郡山市の医療専門学校を06年に実地調査した同局が07年、調査結果を記した公文書の開示を卒業生から求められた際、不足時間数などを指摘した部分を削除したり文書を差し替えた不祥事。今年6月に毎日新聞の報道で発覚し、厚労省は当時の担当者ら4人を減給などの処分とした。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

この記事を読んだ渋谷区教育委員会はとてもうれしくて安心していると思います。まったく同じことを、仙台の役所もやっていたのですから・・・お仲間登場で、安心ですね。役所とはこんなもん・・・ってね。
ますます、堂々とやりそうですね。

No title

渋谷の情報開示が仙台以上に変なのは誰が見てもわかります・・・

教育委員会が子供の記録を(正しく?)書き換えて開示?
教育の信用を失墜させる不祥事ですよね。

その書き換えが事実でなく「偽造」ならもっと問題です。
給食問題が発覚した後、渋谷区教育委員会は

昨年9月には「学校徴収金(私費会計)取り扱い要綱」を改定し、
学校の給食費の領収書を廃棄し、渋谷の教育目標に掲げた「食育」を急いで「読書」に書き換えました。

ずいぶん早くから、給食の「お金」の不明部分を把握し、水面下で慌てていらしたんですね。
ようやく全体像が見えてきました。

No title

6月に毎日新聞の報道で発覚して10月の記事で処分(減給)発表ですか・・・ずいぶん時間がかかるのですね。
笹塚中学校はもう島本校長がいなくなりました。やがて雲隠れしたまま、教育委員会の「闇」を引き受けた報酬に数千万円の退職金を手にしてさよならです。
今ドキドキしてるのは、まだまだこの先ずっと働く必要のある役所の一部の人間と教育長ではないでしょうか?

No title

渋谷の情報開示資料は、同一資料でも数字が違う文書が存在します。同一時期の調査結果から一部情報が欠落して開示されることも頻繁です。学校ごとの文書保存による違いと説明を受けましたが、大変不自然な開示文書です。
同一の担当者が同一の文書を学校内で作成しながら、開示時期で数字が違うのです。

文書の訂正箇所は限定でき、訂正ではなく「記録数字の故意的な操作」です。正しく書き直した数字ではありません。

No title

10月20日 朝日新聞 夕刊
4版 10に
 FD改ざん事件「時代遅れの組織防衛」の記事が、犯人隠避の経験(元警察官僚)語るとして掲載されています。

神奈川県警の覚醒剤使用もみ消し事件で本部長から
「事件を公にしないように」
「不倫を理由に諭旨免職にしろ」と指示され、事件が明るみに出た後は、犯人言隠避と証拠隠滅の容疑で書類送検され起訴猶予になり、停職3カ月の懲戒処分後依願退職した経緯を語る中で、

「今は、組織内部の不正情報が内部告発などで必ずと言っていいほど表に出てきます。」
「普通のリスク感覚のある人なら、昔はともかく、今はそんなことはしないはずです」と述べている・・・

ホントかな?今も渋谷区は「時代遅れの組織防衛真っ最中」
せいぜいおきばりなはれ。


No title

,間違えていようが無かろうが、開示請求がかかった時点に存在する情報が開示されなければ、開示請求の意味がありません。
開示資料は有料です。都合よく書き換えたり、隠したりされたのでは何のために開示請求するのかわかりません。

開示資料は開示請求時点の文書を。書き換えたのであれば、どこをいつ誰が書き換えたか、責任の所在を明確にすべきでしょう。

No title

渋教庶収 第214号 (H22.1.7)
 平成21年度笹塚中学校給食の記録 4月から10月分開示請求

渋教庶収 第22号 (H22.6.18)
平成21年度笹塚中学校給食の記録 10月から3月分開示請求

この開示請求時に、校長室で手書きの記録を見たことがあり、平成21年度の給食の記録も2種類(訂正前と訂正後)存在すると主張しましたが、開示されませんでした。
相変わらず、記録の訂正を秘密裏に行っているのだと不信感が広がりました。

6月3日に代々木署に「改ざん資料箱」を運んだ後の開示請求で、学校と渋谷区教育委員会はようやく訂正前の記録の存在を認めざるを得なくなり、渋教庶収 第113号で開示しました。(H22.9.3)

平成20年度の給食の記録には、「平成21年12月訂正」の表示がありますが、平成21年度の訂正記録には何も表示がありません。

手書きの記録は、公開するつもりが無かったのでしょう。
ですから、訂正後の記録のみを「給食の記録」として唯一公開したのです。その証拠に、開示は、訂正後の開示が先で、訂正前の記録開示が後です。順番が違います。

手書きの記録が公開されたことで、平成21年度給食の記録も改ざんされた証拠がさらにはっきりしました。記録は正しく書きかえられていません。意図的に数字が操作されています。

また、この給食の記録の書き換えと開示について、渋谷区教育委員会庶務課 菅原課長に電話で問い合わせしたところ、「いちいち個別の開示を憶えていない」と回答されました。

開示制度の意義を「国民の知る権利」と区の職員としての「説明責任」とお答えになる言葉と実際の言動がこうも乖離してはどうにも信用出来ません。昨年来、「信頼関係が大切です」と繰り返されていましたが、このようなご自身の言動のどこを信頼出来るのか直接お尋ねしたいものです。
教育長以下、どなたもご連絡いただけませんので、お尋ねする機会も得られません。議会答弁で「誠意ある対応」と発言される教育委員会の誠意を理解できないこちらがおかしいのでしょうか?

ともかく、このような開示制度では全く意味がありません。
開示文書が意図的に書き換えられても問題にならない不思議な自治体です。区長の意向でしょうか?お伺いしたいものです。
教育委員長は弁護士さんでいらっしゃるそうですので、今回の告訴についても見解を伺いたいと連絡をお願いしていますが、こちらも折り返しがありません。
仕方がないので、回答を求める陳情を区議会議長に提出しました。







 

元の資料の公開を

どう考えても、もともとの資料を、即時公開するのが原則。
情報公開を請求した区民の被害の回復から始めるべきです。
まず第一に、それが出発点でしょう。

No title

渋谷区教育委員会、文書書き換えの起案文書も記録も、何もかもめちゃくちゃらしいよ。文書保存や開示請求の意味わかってんのかな?
みんなでやれば・・・って言うけどさ、教育委員会が指揮して鉢山の副校長まで手伝うなんて正気の沙汰じゃない・・・

こんな改ざん文書表に出たら、教育長の首はすっ飛ぶはずだよ。

もう出そうだけどね・・・保護者や区議会議員まで訴えるって虚しくない?溺れるものは藁をもつかむって言うけど・・・

この人らは何を掴んでるんだろうね。
カチカチ山の泥舟に乗っかって・・・

お手手つないで お手伝い

何ゆうてまんがな・・・もうとっくに「起案文書」も書き直してまんがな・・・あれはな、起案文書の下書きでんがな・・・正式な起案文書はこちらでんがな・・・・おうおうそうかいな・・・それはよう作りまんがな・・・これじゃあ、オンブズマンさんの言うことの方がでっちあげでんがな・・・とおまわりも目じりさげさげ役所の言うこと聞くにきまっとるがぜよ。

役所とおまわりは仲良し。
代々木署なんて、区議会議員や、都議会議員がお百度踏まなくても、3回も顔出せば、言うこと聞くって・・・

一緒にパンドラの「箱」取り出して、証拠の書き換えに手を貸してるかもよ・・・・特捜だってやるんだから、大丈夫・・・ってさ。

大問題だよ

結局のところ、学校の「裏金」だね。
給食未納者の給食費は断りもなく払った家庭に負担させ、会計報告もしない。
未納を督促して遅れて未納金を現金で持参した分は、裏金としてキープ。

未納が多ければ多いほど、潤沢な裏金の原資になるわけだから、学校は未納者は迷惑じゃなくて、「歓迎」だったわけね。
郵便口座で引き落としした分は、全額食材費として使うしかないから・・・闇に処理出来るのは未納者の現金しかない。ってことね。

だから決算の説明もしなければ、領収書もすてて、校長を退任させて誰もお金の説明をしないわけだ・・・

文部科学省は純粋に給食費未納を心配したのかも知れないけど、渋谷区は給食費の未納金元手に「裏金作り」だから・・・さ、教育委員会が青くなるわけね。

未納者さまさまだよ。宮本が島本に大事にされるわけだ。

No title

学校徴収金。
私費会計。
親が郵便局から引き落としを受け、学校が管理するお金のこと。
笹塚中学校の私費会計合計金額、年間三千数百万円。一体渋谷区中の公立学校の私費会計の合計金額はいくらあるんだろう・・・

「学校徴収金取り扱い要綱」を見せてもらった。
H21年、9月末に確かに要綱が書き換えられている。笹塚の給食について、役員が学校や教育委員会と接触し始めた時期と重なる。

この要綱には、確かに、「現金出納帳の確認」が明確に指示されている。渋谷区中学校全8校に「現金出納帳は本当に無いのか・・・?」以前の給食費監査で、現金出納帳を確認した保護者がいるのではないか?そうそう隠せまい。

それにしても、この要綱の書き換えによって学校徴収金の最終責任は教育委員会次長扱いから、教育長扱いと改められている。

慌てて?要綱を書き換えた教育次長という役職にあった人間は、今、区民部とか言う、区長のそば妾になり、来年の区長選挙に向けて、各種団体、町会への資金配分役と聞いた。

自分の責任を逃れ、金を握り区長に取り入り、区民は眼中にもない。教育次長でありながら、子供の教育なんかさらさら興味もない。
こんな奴の顔を実際見てみたい。オンブズの写真では気の弱そうな表情だが、どれだけ腹黒い人間なんだろうと思う。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: