FC2ブログ

【笹塚中学】渋谷区立小中学校PTA会長へ手紙を発送

笹塚中学給食事件の解明に向けて奮闘する元保護者が、渋谷区立小中学校PTA会長へ手紙を発送した。長文であるが、根気よく読んで、本事件の理解の一助にしていただきたい。

平成22年10月22日
渋谷区立 各公立学校PTA会長・会員の皆様

第3回渋谷区定例会「渋谷区学校給食費条例」が提出されました
以下3点お願いがございます。
1.条例への賛同と賛同の意思表示
2.PTA活動の信頼回復
3.PTA役員活動と保護者の保護

1. 条例の賛同について
 私は、平成21年度 笹塚中学校PTA役員(教養委員長)を務めました。
就任当初より、生徒や保護者から給食への不満が多く、給食試食会を控えた保護者対象のアンケートの自由記述欄にも放置できない内容が散見し、近隣の上原中学校の給食を視察した結果、給食への疑問や改善の必要性を強く感じました。
 この年、給食費は313円に値上げされましたが、笹中では一食あたり100円台の給食も多く、栄養士不在の本校では学校給食法の基準値を満たさない、小学校低学年並みの給食が長期間続き、栄養状況が心配される給食の実態が、「給食の記録」の開示資料により明らかとなりました。
渋谷区公立中学校8校のうち、4校は東京都の栄養士が配置され、給食が外部委託されています。
しかし、栄養士配属校の選定基準や理由は教育委員会から説明されません。
学校給食の栄養調査は栄養士の配置いかんで管理に歴然たる違いがあることも開示資料からわかります。
調査指定校1校以外では給食の栄養調査が行われません。公立学校なのに本当でしょうか? 
開示請求しても不存在です。不都合な文書は開示しない・・・のでは?と不審に思う所以です。
学校給食施設は、「特定給食施設」の届け出を東京都に出しており、給食施設が栄養管理等の調査をしないとは考えられません。笹塚中学校では家庭配布された献立表のエネルギーと蛋白量は架空の数字でした。給食の記録には栄養計算もない献立の変更が数えきれないほどありました。また、H21年度の給食の記録からは、「標準メニューを順守している」のに、献立提示カロリ-と蛋白量には大きな「差」があります。(開示資料で明らかになりました)栄養管理に問題があり、放置出来ません。笹塚中学校は直営式でしたが、栄養士が配置され、今春より外部委託給食が実施されています。給食食器もようやく購入されました。
給食費については、学校が集金する私費会計(給食費、教材費、修学旅行費など)として校長が管理し保護者に決算報告します。情報開示請求文書より、笹塚中学校の給食費徴収金に不明額が存在し、学校並びに渋谷区教育委員会に説明を求めてまいりましたが、学校説明の数字と開示文書が一致しません。説明途中で校長は体調不良により休職しました。笹中での保護者会質問や給食費再監査請求も学校内では一部保護者の意見として周知されず、保護者同士給食改善の論議や検証をする機会もありませんでした。


学校に私費会計の説明を求めることを、「学校攻撃である」と言われ、委員会役員が執行部と対立した経緯もあり、情報開示や調査はPTA活動費でなく、個人がそれぞれ負担しました。
しかし、情報開示で実情が明らかになるにつれ、渋谷区の教育情報の管理や文書の保存に危機感を持ちました。たとえば、笹塚中学校には学校徴収金(私費会計)について定めた要綱に規程される「現金出納帳」は存在しません。年間3000万円以上の会計帳簿で、未納金や講師職員の給食費など多くの現金を預かりながら、現金出納帳は存在しません。領収書は8カ月で文書破棄されています。その後の開示請求の結果、現金出納帳は渋谷区公立中学校全8校に存在しません。また、学校徴収金未納額や、給食費決算書を公立中学校全8校、開示請求し確認した結果、決算書と未納状況調査の数字は一致しない学校が多くあります。(資料 1参照)

このような事実を情報公開請求文書で知り、私は学校徴収金(私費会計)を公金扱いにするようH22年6月渋谷区議会に請願しました。私費会計は公金でないため、渋谷区の監査事務局に監査請求できないからです。請願は、自民党、公明党他議員の反対により「否決」されました。
しかし、第3回 渋谷区定例会に「給食費を公会計にする条例」が提出されたことを受け、各学校のPTA会長に賛同の意思表示をお願いしたいのです。
 給食費の公会計化は渋谷区の公立学校の全ての保護者と児童、生徒、教師にとって、「有益」です。保護者の公平な費用負担かつ公正な会計管理は必要です。各学校保護者にも、意義をお伝え頂き、PTA連合としても意見の取りまとめを願いたいものです。たとえ、連合の意見が反対意見で取りまとめに至らなくとも、多くの保護者が平等にこのような情報を共有し、一人でも多くの保護者に公会計化に向けた賛同をお願いしたいものです。


2.PTA活動の信頼回復について
昨今、就労保護者の増加で、どの学校もPTA活動に賛同、積極的に役員を務める人員は不足気味ではないでしょうか?また、様々な考えや様々な職業、家庭状況を背景に、人をまとめ、PTA活動に繋げる大変さを日々感じていらっしゃるのではないでしょうか?
笹塚中学校で給食の問題が運営委員会で取り上げられてちょうど1年経ちます。去年はPTA会長並びに執行部から、委員会としてまとまらない話は運営委員会に報告してはならないと釘をさされました。委員会役員同士の意見がまとまらず大変苦労しました。問題があれば、広く議題にのせ、皆で知恵を出し、議論し解決策を講じるのが役員としての務めであり、全ての保護者や生徒に係る事案は、「役職や数」でなく解決へ向けて努力すべきであろうと思いました。役員をしていれば情報が手に入り、そうでない保護者には情報が伝えられないのでは保護者間に不満が生じます。議論の前に問題や経緯そのものが保護者に伝わらないのです。(委員会報告文書の発行はPTA、学校とも許可が出ませんでした)
実際、給食緊急保護者会でも情報の共有を求め保護者会が紛糾しました。会計の不明瞭さに強い批判をする保護者もいました。ところがそれらの保護者の意見は、一部の保護者の意見であり、それぞれの保護者が学校に直接尋ねればよいと、運営委員会の議題にも上りませんでした。教養委員会として文書で活動報告しても「字数」の関係があると内容が削除され、事実でない内容が保護者に配布され、学校と執行部に不信を極めました。

背景に笹塚PTA会長(現連合会長)の学校徴収金未納があります。複数の保護者から、PTA会長は選任前学校徴収金を未納しており、自身の未納問題隠ぺいのために、学校長と結託している。信用できないと言うものでした。私も直接聞いた話で、実名公表もいとわないとのことでした。ゆゆしき事態だと思いました。保護者同士協力し解決せねばならないPTA組織の責任者が未納問題で解決を阻んでいる状況はPTA活動の精神や活動方針に離反するものです。PTA会長再選についても問題がありました。指名委員が権限を誤認し、会長再選を保護者に通達。別の立候補者の存在を保護者に通知しないまま指名したのです。
学校長の意向もあったと校長本人が釈明しました。
 このように、笹塚中学校PTA会長は今年自ら笹塚中学校のPTA会長再選に立候補し、今年度渋谷区中学校PTA連合の会長を務めていらっしゃいます。地元笹塚ではPTA会長の未納と給食問題隠ぺいに根強い不信感があり、PTA活動そのものを放棄する保護者もいます。PTA活動の信頼回復のためにも、公人である宮本会長には私費会計未納疑惑に対する説明責任があると思います。
 宮本会長は、これまでも、個人情報保護やプライバシーの問題を盾に説明責任を果たされませんが、PTA組織の信頼は活動の根幹をなす最も重要な部分です。PTA組織の信頼回復は公共の利益であり、完納者であればこれほどの名誉棄損はありません。連合としても渋谷区の保護者代表である連合会長の不名誉について疑惑に回答して頂きたいものです。公人としてその役を務めている以上、他の未納者とは区別し、渋谷区PTA連合会長として信頼回復の為に説明責任を果たされるべきが、全ての渋谷区公立学校の保護者への職責と考えます。PTA連合として正式に説明要請を行い、回答を求められるよう申し入れます。
支払い済の通帳紛失の場合、本人が照会すれば取引内容確認は簡単であることを申し添えておきます。


3.PTA役員活動と保護者としての立場
前述しましたように、H21年度の役員活動で学校の給食試食会から今日まで、想像もしない一年を過ごしてきました。娘の受験期とも重なり親として心配でした。校内には「給食の悪い噂」と「内申の黒い噂」があったからです。躊躇する私に、学校で生徒会役員を務めてきた娘は、「みんなのためにやってあげて・・・」と申しました。入学以来実際に給食を食べ、改善を強く望んだ言葉でした。私は今日まで、娘との約束を果たしたい一心で各方面を尋ね歩き、改善の方法を模索しました。常に同行してくれたのは、娘が小学校時代の元笹塚小学校PTA会長です。給食問題関与で渋谷区教育委員会体育指導会長職を辞任させられました。開示請求や情報の整理に協力してくれる保護者や役員活動として給食の再監査を強く学校に求め、改善を要求した役員もいます。PTAの「役員である」とか「役員でない」か。役職や立場ではなく、日々子育てする親として同じ立場同じ思いでわが子の学校を良くしたい。それだけです。
問題が解決した時、問題提起したのが「役員の●●」か「個人の●●」かは重要でも必要でもありません。
立場を持ち出すのは所詮くだらぬ者の逃げ口実に過ぎません。
役職の「権限がある」「権限がない」?親の立場は皆平等です。PTA活動によってもたらされる利益は保護者が役員である、なしに関わらず全ての子供が平等に享受すべきものです。

何より、教育の現場に保管される文書が保管期間内に文書破棄されたり、書き換えられたのでは、教育に対する信頼は失墜します。隠ぺいも問題です。私が開示請求した文書について、決済者を自己開示請求したところ、渋谷区教育長が印鑑を押していました。教育委員会が組織的に関与しているのです。
また、小学校の放課後倶楽部の「事故報告書」は東京都に提出した文書と、渋谷区が保管する文書で事故件数が違っています。渋谷オンブズマンの裁判では、子供の生命に係る報告でさえ、文書の改ざんがあると明らかとなっています。渋谷オンブズマンは、渋谷区行政を監視し、教育委員会とは神宮前ホライゾン学園などで係争中です。この団体は、「渋谷区PTA連合会長」を務めた代表が、PTA会長経験者と共に立ち上げた市民団体です。
オンブズマン代表久保田氏は、連合会長在任中、
『渋谷区においては、保育園、幼稚園、小学校、中学校に日影を落とす中高層建築物の建築を制限する条例を制定していただきたい。』という請願を約11500名の署名と共に区議会へ提出しました。
この請願運動は、渋谷区PTA連合会が主体となり、各学校のPTA会長が学校内外で署名活動を積極的に行い、党派をこえて区議に働きかけました。極めて単純な「子供達の学舎を守れ。ここで戦わなければ、次は自分の学校かもしれないぞ。」という気持ちが、多くの父母や区民の共感を呼び2ヶ月で11500名もの署名を集めました。子供の「利益」になることで保護者が結束した「親力」と言えます。
久保田氏は連合会長退任後、現在は、問題を抱える渋谷区教育委員会に対し法的措置(開示請求や裁判)でその是非を問い、問題提起をしています。
私は市民団体としての活動を理解していませんでしたが、神宮前小学校の国際交流学校「ホライゾン」学園は公立学校の施設(教室)を無償で特定の私立の団体に提供し、この団体そのものについても数々の疑惑があるようです。物事を詳しく理解するには知識、時間、気持ちが必要ですし、私も十分理解など出来ていませんが、給食問題を通して、渋谷区教育委員会の開示資料の隠ぺいや、文書破棄(領収書、給食の記録な)書き換えなど、教育行政が説明責任を果たさない結果、強硬に抗議する残された唯一の手段が法的措置だからではないかと理解しています。法律知識のない一般の保護者ではとても出来ません。しかし、子供の為に私財を投じ、裁判で教育行政の違法性を正当手段で明らかにして下さることは、渋谷区の子供にとっては「縁の下の力持ち」的存在ではないでしょうか?同団体堀切氏は現役PTA会員であり、同代表と共に「渋谷区の子供の為」に活動しています。
状況を正しく理解する努力もしない「オンブズマン批判」は、行政監視力の妨げです。

さる、平成22年6月3日 資料 2
かねてから渋谷区教育委員会の情報管理について、強い不審と不信を抱いていた私は、笹塚中学校校長室で文書改ざんの決定的な証拠を見つけました。これまでも、学校保管文書、教育委員会保管文書の開示請求で、重要な文書が抜かれて開示され、同一文書の数字が、開示の時期で違っているなど、教育委員会と学校が共謀していると思っていました。開示請求を重ねるうち、疑惑は確信へと変わりました。
 校長の説明内容が開示文書と一致しないからです。給食会計や栄養の説明を教育委員会と学校が押し付け合い、笹中のPTA会長は「学校を見守る」と押印だけの監査を2年も放置し、平成21年度の決算に同席しています。給食費監査の説明を求めても監査員も会長も応じません。笹塚中学校では、平成20年度までの給食費決算書が保護者に配布されず、給食費前年度未納金(現金徴収金)が決算書類と一致しません。この状況は他の中学校にも言えます。資料1
 「改ざん文書」を発見し、警察に届けたこの時の行為により 私は島本校長より
平成22年8月31日 窃盗・建造物侵入・威力業務妨害・不退去の4つの罪状で告訴され、被疑者として代々木警察で取り調べを受けています。
学校のPTA役員として、給食改善に尽力し私費会計の公会計化を請願しました。また、実際自分がこの一年で保護者として体験した、わが子の学校に対する開示請求の開示請求者名の保護についても、保護者の「不都合」や「不利益」については、絶対に改善が必要だと思います。さらに、公立学校の教育を総括する渋谷区教育委員会が現職の校長に保護者を起訴させる蛮行は、今後のPTA活動全てに「脅威」となる危機感があります。
校長は、同席した区議会議員とオンブズマン2名も同罪で告訴しました。
7月半ばから体調不良で「休職中」の島本校長が、離任前日に「告訴状」を提出したのです。
私には罪名の理解も出来ませんし、被疑者であるつもりもありません。
犯罪の行為を見つけたものが証拠を警察に持ち込むのは「国民の義務」であり正当であると主張したいと思います。また、同席した区議会議員まで告訴しては、住民相談に駆けつける議員がいなくなります。
 教育委員会が保護者や区議会議員やサポートする市民団体を「告訴」など、およそ正常ではありません。
PTA会長として、日々お忙しく活動されておられる皆様に恐縮ですが、以上3点よろしくお願い申し上げます。

なお、御不明な点は直接私やオンブズマンにお尋ねください。東区議会議員は議会答弁で追及をしています。今後の開示資料も提示致します。より興味がある方は、「渋谷オンブズマンホームページ」に笹塚中学校給食問題(栄養データ等)公表されています。また、渋谷区公立学校(小・中)学校の私費会計の帳簿なども現在開示請求中です。順次公開されましたら情報の分析と提供を進めていきたいと考えています。
私費会計の再監査はポイントがあります。各校共、資料の確認は数分あれば出来ます。お尋ね下さい。
また、オンブズマンホームページで情報の共有が可能です。PTA各会員の皆様にも事情をお伝え下さい。

追伸
この3つのPTA連合へのお願いについて、9月28日夕方笹塚中学校PTA宮本会長から
「連合の専用事務所はないので、連合への要望は笹塚中学校に届けるように」
と説明を受けました。宮本会長からは
「メモでもよいので、(文書)で頂きたい。自分から提案する」
「まずは、自分のところを通すのが『筋』」
「人間は感情だから、筋を通さないと揉める」
と伺いました。

もはや、「筋」とか「感情」を理由にして、問題の本質に触れないのは稚拙です。
方法論や順序、権限や立場を持ち出し、解決すべき本題に辿りつけない時間や労力は無駄です。
去年一年間、笹塚中学校のPTA委員会活動で、嫌というほど味わいました。

みなさんは謀らずとも、今日PTA会長として、各公立学校の保護者の代表として大きな力と権限を有しておられます。その活動が渋谷の子供たち全てに享受される活動であることを願います。連合として目を向ける対象は「権力者」ではなく、「子供」であること。その方向が教育委員会ありきでは会員保護者の理解は得られません。より正しい目を持ち、教育行政を正して頂きたいものです。一人でも多くのPTA会員に情報が正しく伝わり、保護者それぞれが判断できるよう。会員保護者への正しい情報伝達と、状況理解、皆さまのますますのご活躍と発展を期待します。いま、一歩を踏まずして、いつ踏む。雑念を捨て、耳をふさぎ、最後は自分の心の声を聞く。PTA役員活動の最終結果が「罪人」とはあまりにむごいと思いませんか?

権力者が、新しい都合のよい権力者を仕立て、組織を抑えれば何のために組織が存在するのか・・・
「PTAの存在意味、連合の存在意味」が問われているように思います。


        
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

朝から読むのには長すぎました。
要は、「私費会計の公金化」ですね。
この保護者を私憤でやってると言ってる人の頭はどうなっているのでしょう・・・今度会ったら聞いてみようと思います。

No title

学校の中で情報が出ない理由
給食の問題が保護者に伝わらない理由が分かりました
やっぱり、未納会長が「癌」ですね。
校長も、教育委員会もそこをわかってるからとんでもない人なのに、2年もPTA会長に選出して保護者を騙したのですね。許せません。

No title

以前、オンブズマンの笹塚中学校給食問題を強烈に批判していた2番さんはほんとにすっかり なり を潜めましたね。あの勢いはどこに言ったんでしょう・・・関係者だったんですかね。

No title

渋谷区の公立学校の校長に「お金」を預けても、管理どころか未納金をどこかに流用してるってことですよね。
笹塚中学校だけの問題じゃないから、各学校のPTA会長に事情を説明し、公会計化の賛同を呼びかけたわけですね。
これで、渋谷区PTA連合が本当に子供たちの為に働く「有益」な組織なのか、教育委員会の御用聞きなのかはっきり試されますね。

情報提供

今日 午後 1時から 本会議で学校給食条例(私費会計を公金化する)が審議されます。
すでに、渋谷区中の公立学校のPTA会長に情報が届いたのですから、今日の審議の様子。今後の賛否のいかんは、渋谷区中のPTAから注目されます。
前回。反対した自民、公明、その他議員が、本当に子供の為の議員活動をするのか・・・乞うご期待。

No title

渋谷区の区議会議員の多くがオンブズマンの追及を受ける「脛に傷ある」身ですから・・・オンブズ物件というだけでアレルギーに陥る情けない議員ばかりです。
こういう議員を 「私憤」 によりまっとうな議員活動もできないと言うんじゃないかな?

反対するなら、反対の「理由」とやらをはっきり聞きたい。
この期に及んで反対の意見を言う理由が理解出来ません。

No title

渋谷区は 特別区財政調整交付金が交付されない特別区です
財源不足が生じないからです。23区内では港区と渋谷区だけです。
これほど潤沢な財政があるのですから、資金不足など語れるわけありません。公会計になれば、就学援助金を受け取りながら、学校徴収金を未納する悪意の滞納者もいなくなりましょうし、たとえ支払えない家庭が存在しても、各学校の他の家庭が未納金の肩代わりをし、穴埋めされた食材不足や栄養不足給食を食べることもありません。何より、お金がガラスはりになることで、業者との癒着も防止出来ます。絶対公会計化されるべきではないでしょうか。

お尋ねします

≪夏前のダンボール持ち去り現場見たよ。
あの時ダンボール持ちながら「触るとセクハラです」と大声で連発、叫んでいたのが保護者だったんだね。
その脇で電話していたのが教育委員会でしょ。
校長だけが止めようとしていたのが印象的。
あの時点で校長はしっぽ切りの対象だったのかな?
保護者もセクハラを上手く盾にしたね。
門の近くで見ていたけど、異常な雰囲気だったのはよく覚えてる≫

と書き込みされた方へ
あなたは、「門の近く」で見ていらしたのですね。
あの日、私が学校から箱を運び出す時、外は真っ暗でした。
≪校長だけが止めようとしていたのが印象的≫
とは実際に私と校長の様子を見ての感想のようですが、あなたがいらした門からはその様子が見えるわけはありません。
何人かの報道関係者と共に、道を走り移動しながら見ていた方なら可能かもしれませんが、そんな透明人間は存在しません。

では、あなたはどんな立場の方なのでしょう・・・
≪その脇で電話していたのが教育委員会でしょ≫
とは随分詳細ですね。門の近くから見えたのですか?
本当は当事者である教育委員会のどなたかではないのですか?
だとしたら・・・・

≪あの時ダンボール持ちながら「触るとセクハラです」と大声で連発、叫んでいたのが保護者だったんだね≫

とはどんな意図で書きこまれているのでしょう・・・
私がセクハラ発言を連発してでこの場を切りぬけたとおっしゃりたいようですが、私はそのような発言などしておりません。十分御承知ではないのですか?
箱が重くて、運ぶのもやっと・・・息を切らして運んだのです。大声を出す余裕などありません。「保護者もセクハラを上手く盾にしたね」には悪意を感じます。

≪異常な雰囲気だったのはよく覚えてる≫
よく覚えているのに、事実でない書き込みをするのであれば、この書き込みにはどんな思惑があるのでしょう?

【あの時点で校長はしっぽ切りの対象だったのかな】
【さらに陳情書を書いた子の【受検書類も偽造】

このあたりが、書き込みされたかたの【本性】なのかもしれませんね。
親として本当に許せない人が多すぎます

No title

見ていて呆れるくらいしつこいけど、これくらいやらないと、教育委員会は伏魔殿だからね・・・まだまだかも・・・
でも、知れ渡れば知れ渡るほど「恥」かくのは教育長や区長、区議会議員なんだから、ちょうどいいんじゃないの・・・
ある意味「あっぱれ」だよ

各学校のPTAもどう動くんだろうね・・・
渋谷区内全小、中学校でしょ?もう誰も知らないとは言えなくなったね・・・渋谷区の教育委員会にはさ、教育委員とか評議委員とかもいるでしょ?そっちにも送ってくれると◎

No title

やりすぎだよ~(笑)

でもいいかも・・・
でも長すぎ・・・

オンブズマン様

議会を傍聴には行けません。公会計化に向けた審議や結果もいずれ詳細をお知らせください。
どの会派が賛成や反対をしているのか。反対の理由にも注目していきたいと思います。よろしくい願いします。

「長」のつく人たち

読みやすく、わかりやすく、経緯や、問題がよくわかりました。
読めば読むほど、ひどいはなしですね。
踏みにじられているのは民主主義そのものだと思いました。
教委、学校、PTA、全部が官僚主義的、形式主義的な、独裁で牛耳られているのですね。
不況下、自分の生活を守るために、両親とも仕事に忙しくて、子供の学校のことにかかわれない親御さん達が多いと思います。
でも、どんなに子供が心配でしょう。どんなに本当のことが知りたいでしょう。そういう親御さんの気持ちを踏みにじってきたのですね。
心配する親御さんたちに情報が届かないように必死に遮断して、情報を捻じ曲げ、問題を正そうとする保護者やオンブズマンの悪口だけは流す、実に悪辣です。
これられは全部「長」のつく人たちの所業です。PTA会長、校長、教育長、そして区長。
絶対権力は、絶対腐敗します。もう沢山です、長期政権に終止符を打ちましょう。
少数の人が皆のために頑張っています。孤立させてはいけません。
万が一にも「罪人」にするようなことがあってはなりません。
区議会議員に正しい行動をとるように圧力をかけましょう。
議員によっては改心の可能性があるのではないでしょうか。
最終的には、選挙権を正しく行使しましょう。
棄権をやめて、選挙に行きましょう。
渋谷をきれいな、誇れる町にしましょう。

本会議傍聴

渋谷区本会議を傍聴してきました。
給食費の公会計化の条例は、自民党、公明党、その他議員の反対で否決されました。

反対答弁は自民党 佐藤 真理 議員でした。
沢山の反対理由を述べられましたが、答弁を聞いている途中から不思議な感じがしました。「この答弁書は自分で書いたものだろうか・・・?」違和感が残りました。議会終了後、自民党の議員控室に伺い、直接お尋ねしてみました。答弁の文書については、
「文教委員の下嶋と木村が骨組みになるところを作り、自民党全員で書いた」と回答されました。
「最終的に答弁書の形になるよう文書化したのはどなたか?」と伺うと、佐藤議員は、確認すると自民党の部屋に戻り、「みんなで書いたとしか答えられない」と言わされているようでした。

それなら、反対答弁にあった、「給食費を公会計にするのは多くの選択肢の一つに過ぎない」という『 (他) の多くの選択肢』とは何か?と尋ねると、「それは文教委員会が答えることで私は答えられない」
と佐藤議員は他の選択肢を知らない様子でした。また、
「公会計にしなくても、私費会計の取り扱いをマニュアル化すれば良いと」と反対答弁した、このマニュアルを見たのか?との問いには「見ていない」と佐藤議員は回答しました。

「議員は忙しく他にも仕事があるために、そんなもの」なのだそうです。自分が反対答弁する内容について議員として責任を持ち、正確に把握する必要があるのではないか?と重ねて問うと、自民党の別の議員が佐藤議員を部屋に入るよう促し、結局回答はありませんでした。
自民党佐藤議員は「みんなで作った答弁書に誰も答えられない」不思議でいい加減な反対答弁書の朗読でした。答弁書作成は、教育委員会でしょうか?お尋ねしたところで、回答はないでしょう・・・

また、いつお電話しても不在で、折り返しも頂けない、教育長や教育委員長が議場におられました。議会休憩時にお目にかかり、教育委員長に「面会」の申し込みをしました。教育委員長は、「わかりました」とおっしゃいましたが、横にいた池山教育長が遮るように歩かれます。池山教育長にも、直接面会をお願いしました。
池山教育長は返事もされませんでしたが、議場でしきりと千葉次長に耳打ちされていました。
ようやく教育委員長とお会いできそうです。弁護士でいらしゃる教育委員長には、今回の告訴について是非見解を伺いたいと思います。

議会終了後、久しぶりに大澤次長にもお会いしました。昨年の教育委員会との会議を録音し、配達証明郵便でお送りした「音声録音」CDは「捨てた」そうです。また、教育次長在職中の学校徴収金の責任者としては、「何も申し上げることはない」そうです。会議で約束したことも、学校の給食費決算書の不明金や決算書の差し替え説明の約束も全て「記憶にない」そうです。

このような態度や言動が、給食問題を解決できない事態に陥らせた張本人で、反省すべきと申し上げたところ、「引き継ぎは千葉に伝えている、そちらが連絡すれば良い。区民部に移動し、申し上げる立場ではない」と能面のような表情に気分が悪くなりました。

ああ言えばこういう。学校私費会計の取り扱い要綱を書き直した件を問うと、「書き直ししましたので、教育長権限です」と自身の責任問題は皆無の答えでありました。こんな無責任な人間が教育行政の責任ある立場で、渋谷区の教育に携わることが不幸だと思いました。もっと早く移動されるか、出来ればこのような方が教育委員会に配置されなければよかったのにと思いました。本当にずるくて無責任な「ふり」がお上手な悪の塊のような方です。

No title

渋谷区内のどこかの保育園に通っている働く親の「小さな大事な子供たち」はお昼ごはんにケータリングのお弁当を食べているそうです。区長は6億3千万円で自宅裏の土地を買って、またまた選挙に立候補するそうです。こんな酷いお金の使い方・・・をどうしてどの区議会議員も追及しないのか不思議です。

いくつかのワクチン接種の補助金を「すばらしくて尊敬してやまない」と公明党の議員が、一人で区長を持ち上げて心酔答弁。ほめ殺し?と思いきや、区長が「なでられた猫」のように心地よく、うっとりと聞き入る姿はこの世のものとも思えませんでした。
間もなく即身仏?には絶対なれない身の汚い区長です。

そもそも、お金に余裕がある家庭は、そうでない家庭でも、子供の成長や、将来の病気予防に有効ならお金を工面してでもワクチンを接種させます。行政の責任として当たり前のことをわざわざ大げさに褒めまくるこの議員は、自分の答弁にすっかり酔いしれ、口が滑り、共産党議員団から抗議されていました。議会答弁でさえ、数の権威で事実でない発言までまかり通る末期状態でした。

議会場では、自民党議員の多くが下品な野次を繰り返し品位に欠けます。言葉が過ぎる発言に、議長が何ひとつ制止しない不愉快な議会でした。桑原区政のレベルに合わせた極めて低レベルな議会運営です。この議会と自民党と公明党議員の質の悪さは特別区でも特別だと思います。議会は、区長の行政レベルのバロメーターですね。

面の皮

佐藤真理区議は、よく面と向かってそんなことをどうどうといえますね。恥を知らないのでしょうか。落選必至ですね。
大沢に至っては本当に『悪人』としか言いようがないですね。刑務所にぶち込んでやりたい。

No title

身うちで自画自賛している公明党や自民党区議会議員は、ガソリン代の不正で起訴不当だかなんだか刑事で危ないグレーゾーンにいますよね。重ねて自ら「疑惑のガソリン代」を返金してますよね。

こんな不祥事を起こしながら、まずは議会の冒頭、区民に陳謝してはどうでしょう。それが議員として区民に対する当たり前の態度ではないでしょうか?

区民から選ばれ、区の行政に携わる議員として、謝罪も出来ないのかと不愉快です。その後の区民へのアピールを意識した全ての答弁が空々しく聞こえます。
世間ではそういうのを
「盗人猛々しい」というのです。
渋谷区は、議員が税金泥棒してるんだか、
税金泥棒した人が議員になっているんだか・・・
鶏と卵のような・・・どうしようもない区議会議員が多すぎます。

No title

議会での 佐藤 真理 議員には驚きました。
彼女は、志を持ち議員になり、区民の為に政治の世界にいる方だと信じていました。いつからこんな俗っぽい議員になり下がったのでしょう。私の知る限り他人が作った安上がりな答弁書を精査もせず、理解もせず口にするとは到底考えられません。
事実であるなら、議員になり、自民党で紅一点、便利に寵愛され、議員としての「考え戦う脳みそ」を失ったのかもしれません。
今後は、自民党の「要介護5」の爺さん議員をしっかり働かせるホームヘルパーとしての役割に期待します。

人にはそれぞれ役目があります。間違いに気がついたら、軌道修正が必要なはずです。区民への約束と、初心が大事です。

No title

給食費公金化の条例に反対した自民党は「自分たちで作った」という反対答弁書の中身すらわかってないってこと?

公金化しなくても解決出来るという「学校徴収金のマニュアル化」についてはマニュアルを見てもいないの?

それで反対?したってこと?
頭大丈夫?
公明党も反対?
子供手当だ子供の為の政策を声高に叫ぶ公明党が?
ガソリン飲んで頭がイカレたんじゃない?
ぶち切れ沢島出直し選挙。

No title

私の周りにいる公明党支持者は、まじめで、一生懸命日本の将来を案じ、平和を願う人々です。渋谷区議会議員とどうしても一致しません。公明党議員が議場でやってることを学会員が知ったら、彼らの選挙を本当に応援するでしょうか?
除名するのではないかと思います。渋谷区の学会の信用の為に除名したほうがいいと思います。

No title

差出人は、笹塚中学校の給食問題を追及し、今年自校に不可能と言われた栄養士を配置させ、給食を外部委託にした方ですね。
ご自身のお子さんは卒業され、御兄弟も渋谷区の公立学校にはいらっしゃらない方と聞きました。

宛先は、各小・中学校のPTA会長とPTA会員ですよね。当然、PTA会長だけでなく、会員へのメッセージでもあるわけです。

各学校、あるいは連合がどう対処するか見守りたいと思います。
ある意味「踏み絵」みたいなもんですね。

No title

所有者の承諾なく物を持ち出せば「窃盗」だよ。
面会の強要は「威力業務妨害」になる。
民間会社に対して同じことをしてみるといい、警備員に追い返されるから。

正義の目的のためには「手段を選ばない」なんて、ついていけないな。過激派やプロ市民の論理だと思う。

窃盗ではなく

証拠保全のための正当な行為です。
面会は合意の上のもので、威力業務妨害とか不退去というのは保身のためのウソです。
そんなことは誰が見たって明らかです。
くだらない恫喝はやめた方がいいですよ。

それに、なにより

学校は、民間会社と本質的に違う場所です。
そこで、親と学校が話し合ったのです。
すこしはわきまえろやくざもの!!
お前なんかの恫喝、ここを見てる区民に通用すると思うのか。

サイレントマジョりティ様

所有者の承諾なく物を持ち出せば「窃盗」だよ。
面会の強要は「威力業務妨害」になる。
民間会社に対して同じことをしてみるといい、警備員に追い返されるから。
正義の目的のためには「手段を選ばない」なんて、ついていけないな。過激派やプロ市民の論理だと思う。


【ご主張承りました】 質問です。

「窃盗」かどうかは司法が判断すること・・・ですよね?
面会の強要・・・・誰かが面会を強要したのですか?
「威力業務妨害」・・・の怪文書・・・すでに届いています。
予告ですか?強迫ですか?嫌がらせですか?
拝見して驚きました。

民間会社に対して同じことをしてみるといい、警備員に追い返されるから・・・・?役所は民間ではありません。学校もです。公務員倫理 教育理念にかなう渋谷区教育委員会でしょうか?

正義の目的のためには「手段を選ばない」?・・・・≪保身のためなら不正もいとわない≫ 方が問題ではありませんか?

過激派やプロ市民の論理だと思う・・・・って?
今回初めて知りましたが、オンブズマンさんは、渋谷区公立学校のPTA会長経験者が発足の中心メンバーじゃありませんか・・・笹塚中学校の保護者も普通の保護者です。これまで一度も学校や先生方を批判しなかった方と聞いています。

ついていけないな・・・・あなたのような方はついてこなくて結構です。目ざわりです。

No title

渋谷区中の公立学校の「私費会計」の合計金額って幾らなんだろう・・・その管理を任せられるほどちゃんとした校長はいないってことね。こんなひどい教育委員会の言いなりなんだもの、その程度の校長が渋谷区に勢ぞろいってことね。東京都教育委員会から渋谷区教育委員会は23区の掃き溜めといわれるはずだわ。

No title

あのさ
「貧粗な給食を改善しましょう」の1点なら私も応援できたと思うんだ。

何回、校長に「面会強要」(でなく「説明を求めた」?)の

一言批判すると3倍お返しがくる。
思うようにならないと「裁判」だ「告訴」だと脅迫する。

こういう人が近くにいたら疲れると思うのはふつうの市民感覚なんじゃないですかね。
ブログ読んでいると、笹塚中の保護者って、とても近寄り難い人に思えますよ。

公共の行為をすべて「悪」ととらえて日々を権力闘争にあけくれる生活をするのは、ふつうじゃない。やっぱり「プロ市民」といわれても仕方ないんじゃないですか。


マジョリカ様

あのさ
「貧粗な給食を改善しましょう」の1点なら私も応援できたと思うんだ。
・・・・・って?
あんた協力したっけ? 1点にしたかっただけでしょ?

何回、校長に「面会強要」(でなく「説明を求めた」?)の
・・・・・・って?
説明のたびに、事務方が休暇だとか、出張とか、校長が通夜だとか言って、説明らしい説明せずに何回も引き延ばしたのは学校でしょ?校長の説明とお金は数字が合わないらしいじゃないですか・・・もう多くの保護者が知っています。学校は保護者に説明しましたか?PTA未納会長は学校に保護者の代表として説明を求めましたっけ?必死で情報を封印したんでしょ?
隠したかったのは、自分の未納だ と言われてますけど、証言する人がいるのですからすでにアウトでしょ。

一言批判すると3倍お返しがくる。
・・・って?「批判が」変だからでしょ。

思うようにならないと「裁判」だ「告訴」だと脅迫する。
・・・・って?
言ったの?誰が?どこで?
脅迫?保護者を恫喝して受験内申持ち出して脅迫したのは校長でしょ?この保護者のお子さんの受験に必要な内申の英語の成績4にしたのも有名な話。超優秀らしいじゃないですか。この生徒さんに5をあげないで、笹中の他の生徒に英語で5をつける教師の評価って問題では?英語の教科担当は説明出来るのかな?教師の質も悪いよね。OB恫喝したりさ・・・異常でしょ?

こういう人が近くにいたら疲れると思うのはふつうの市民感覚なんじゃないですかね。
・・・・・?誰も疲れませんよ。そもそもあなたが疲れるほどこの保護者に接触してるのですか?
市民感覚なんか語らず、自身の感覚で喋りなよ。

ブログ読んでいると、笹塚中の保護者って、とても近寄り難い人に思えますよ。
・・・って?
あなたに近寄って欲しいとは誰も思っていないから・・・・余計な心配は無用!
それより、ブログ読んでるんだね・・・疲れるなら読むの よしなよ。
必要ないって。笹塚は笹塚の保護者が理解してればいいのいいの。

マジョリカ・・ってもしかして 2番?

公共の行為をすべて「悪」ととらえて日々を権力闘争にあけくれる生活をするのは、ふつうじゃない。やっぱり「プロ市民」といわれても仕方ないんじゃないですか。

「プロ市民」ってなんですか?造語ですか?意味不明。
「公共の行為を全て悪」って・・・?さっぱりわからん。被害妄想なんじゃないの?「権力闘争」とか・・・?
普通じゃないのは「教育委員会やその辺の人ら」だと思うけど・・・

マジョリカ 心病み期? 


補足説明

福島先生に「器物損壊」だの「人権侵害」だのといちゃもんつけて、土下座させたとき、一緒に土下座した笹小の高橋校長が宮本家の未納金を肩代わり負担したのです。

未納した方が、負担した方に「土下座要求ねぇ・・・」マジ超モンスターペアレント。ここんちは、だみ声のかかあも怒鳴り散らすから複数形のペアレン「ツ」だね。ついでに、子供の前で担任、校長、学年主任まで土下座させるんだから、モンスタ~ファミリーってやつね。

あんたが
大騒ぎした自分の子供が無くしたドリル、福島先生がポストに入れに来たって・・・怒鳴ったけど、あのドリル代。教材費払ってないあんたんちはタダで貰ってたんでしょ。よく言うわ。

うちら周りの親は、途中でドリル見つけた子供が「●●●」な親に言えなくて、自分で自分家のポストに入れたんじゃないかって言ってたんよ。
親なら、それくらい途中からでも気がついて、口を慎めば済むものを・・・だからあんたんちの子供は今でも同窓会にも呼ばれないし、同級生の親から逃げるようにして歩いてるよ。可哀想だと思わないんかね。あんたんちの子供が公園で携帯電話なくした時も、事情も聞かずに怒鳴りまくるから、送って行った方がびっくりよ。

突然ユースキンのエステだかなんだか・・・自宅まで押し掛けて来たり・・・非常識だよ。ほんと。迷惑。気に入らないなら転校してよってメッセージ全然気がつかなかった?意地でも転校しないって・・・ほざいたらしいけど。だからうちら福島先生あきらめたんよ。可哀想すぎて・・・転出して楽になった方がいいよねって・・・・

だからあんたが中学校でPTA会長になった時、笹小出身の親が誰一人役員にならなかったんだよね。事実でしょ?どう?

No title

福島先生は熱心で優秀な先生です。
笹塚小学校在勤中に海外青年協力隊としてカンボジアに赴任されました。派遣前に子供がお世話になりました。
笹小にお戻りになられて、受け持ちしたクラスでトラブルに見舞われ、食事もとれなくなったと聞き、OBの保護者が滋養を付けるように差し入れをしました。
周りからはやくざみたいな保護者だと聞いていました。福島先生の名誉のために書かせていただきます。

福島先生の御指導は「人権侵害」や「器物破損」と保護者から大声で怒鳴られたり、土下座を強要されるようなものでは決してありません。多くの保護者と子供が証言します。今年の夏には福島先生をお招きして同窓会を開きました。
笹小を離任される時はとても苦しく精神的にも追い詰められ、その後しばらく休職されたと伺っていましたが、最近ではお元気になられ、現職復帰されています。
一時は先生を辞めようとまで思いつめられたようです。これほどの先生を潰してしまうほどの「問題ある保護者」であったのです。

この保護者が笹塚中学校のPTA会長になった時点で、給食問題が解決しないことは容易に想像できます。

もっと穏やかにできないのか

 このブログを読むと、渋谷区役所がとてもお粗末な組織であることがわかります。これは多くの人の共通認識だと思います。
 一方、笹塚中で、問題提起をしたと思われる人の書き込みも、激しくて大人気のない書き込みであることがわかります。

 もし、区議会に陳情を提出し、成立を願うなら、すべての区議会会派(その議員の後ろには、市民運動や異議申し立てとは縁遠い生活をしている区民たちがいる)に賛同してもらえるような、穏やかな説得活動が必要なはずです。でもどうでしょう、「区議会自民・公明」はデタラメだ…とか批判とレッテル貼りに終始しています。このブログでも、少しでもその活動が批判されると烈火のごとき反論が行われています。


ふつうの市民は、市民活動家のその猛々しさに距離感を感じるのですよ。

あきれる

このご時勢に 議会ネット中継に反対するのがいるとは...

穏健派

穏やかに請願したり、話し合ったりして埒が明くならそうしているでしょう。でも校長と保護者の話し合いが、あとから「威力業務妨害」にされてしまうのですよ。
議会は、違法なことばかりしている自民党、公明党が牛耳っていて、へなちょこな、えせ民主党すら手を貸すような状態ですよ。
こういう意見を言う人はそのことによって市民運動を「過激」「不穏当」と印象付ける役割を果たしているのです。結果は現状維持です。
本音は、「市民運動なんてとんでもない、オンブズマンには反対だ」というのです。
みなさん、オンブズマンが「過激」な「プロ市民」だというキャンペーンが始まっているようです。
騙されないようにしましょう。悪いのはだれか、ずるいのはだれか、後ろ暗いのはだれか。しっかり見抜きましょう。

ご指摘は承知しました

 ≪ もし、区議会に陳情を提出し、成立を願うなら、すべての区議会会派(その議員の後ろには、市民運動や異議申し立てとは縁遠い生活をしている区民たちがいる)に賛同してもらえるような、穏やかな説得活動が必要なはずです。≫ とご指摘ですね。

6月に出した「私費会計の公会計化」に向けた陳情は民主党浜田議員のご紹介で「請願」として区議会議長に提出しました。この時、私は、資料を携え、区議会の各会派を全てお尋ねして説明したいと申し入れました。文教委員会委員長である菅野議員、文教委員会副委員長であり、地元区議会下嶋議員にも説明とご理解を重ねてお願いいたしました。共産党にはご賛同頂きました。
自民党からのお返事は「我々は、オンブズマンと同じ土俵には乗らない」というお電話でした。「請願の内容ではなく反対の理由はそれですか?」とお尋ねしたところ「みんなで決めたことであるから答えられない」と返答されました。
伊藤たけし議員にも直接ご説明いたしました。「自分の子供にこんな給食出されたら誰だって怒るよね」とのお言葉でしたが、反対されました。理由は伺えませんでした。
民主区民の会、岩崎議員、地元区議会金井議員、公明党の古川議員にもかねてよりご相談申し上げ、ご理解をお願いしましたが請願には反対でした。民主党芦沢議員の事務所へも説明に伺いました。芦沢議員は自ら調査され、印鑑の不正使用を議会で池山教育長に質問されました。教育長は再調査を約束しながら、今議会での回答がありません。

お目にかかれなかった区議会議員全てに資料とご支援あるいは、賛成するために必要な改善点があればお知らせ願いたいと、私の連絡先もお伝えいたしました。どの議員からもご連絡はいただけず、請願は否決されました。

今議会には「給食費の公会計化」について民主党が条例を提出されましたので、私の思いはこちらに託し、今議会の陳情では「給食の栄養と、お金について関係者は説明をしてください」とお願いしました。

ご承知の通り、私は渋谷区立笹塚中学校島本校長より刑事告訴を受けた身です。
ここに至るまで、昨年は学校の中でPTA委員会活動の役員として学校の給食の改善と、給食会計の透明性を求め学校や教育委員会に申し入れをして参りました。

ご指摘の「穏やかさ」にどんな意味や価値があるのか私には理解できません。なぜなら、学校、教育委員会のどちらも会計や栄養について回答をしないからです。自分の子供が食べた給食の内容や家庭が納めた給食費について不明な点を親が学校に尋ねるのは当たり前のことではないでしょうか?私だけでなく、学校内では他の保護者も給食費の再監査の要求しました。説明を求めた保護者に資料も提示せず、校長は数字だけを口頭で述べ、書きとめた数字を確認し尋ねると、「それは、そちらが勝手に書いた数字であるから知らない」と答えました。そのような学校説明を数回頂戴しましたが、会計の不明金説明は、その後の開示資料とは異なるものでした。

教育長が議会答弁される誠意ある対応とは説明する側が主張するものでなく、説明を受ける側が判断するものではないでしょうか?学校長の暴言といい、教育委員会の対応といい、とても承服できません。
島本校長は7月20日より体調不良で休職され、説明しないまま、私以下オンブズマン、区議会議員まで告訴し、告訴状を提出した当日で校長職を離任されています。正常な対応でしょうか?

そもそも自分の子供が在籍する学校に「開示請求」しなければ説明が得られない「異常さ」に目が向けられない理由は何でしょうか?
私は、私費会計の全てが公金に準じて適正に処理されているものと学校と行政を信じておりました。「学校徴収金の取り扱い要綱」にもそのように明記されています。しかし実態は不明瞭な会計処理を象徴するように保存期間中の領収書を破棄しています。会計処理を預かる立場として無責任すぎます。
校長は、全ての領収と支出を確認したと説明しました。収支確認する時は領収書が存在し、確認作業後に文書破棄?とは不審です。

笹塚中学校だけが給食費の決算書に不明があるわけではありません。渋谷区公立中学校8校全ての決算書の開示により前年度未納金(現金処理)された金額が一致しない学校があります。すでに、一つの学校の問題ではないのです。ここまで個人が費用を負担して事実を明らかにする前に、どうして渋谷区議会文教委員会の区議会議員は、議員調査権を駆使し、実態の解明をされないのか不思議で仕方がありません。

有印公文書の書き換えの不正もあります。給食の記録は正しく書き換えられてなどいません。
公務員が公文書を偽って作成して良いのでしょうか?それが許されるなら、保護者は学校の教育の何を信じれば良いのでしょうか?

区議会議員の皆さんの後ろにはたくさんの支持者がおられます。
公立学校の保護者、子供、祖父母、御兄弟もおられましょう。
であるなら、公立学校の私費会計の「公金化」に反対する理由はどのようなものでしょう。
「公金化」に反対なら、何をすれば改善出来るのか。他に方法があると反対答弁された伊藤議員に直接お伺いしたのです。ご存じないようでした。

≪「区議会自民・公明」はデタラメだ…とか批判とレッテル貼りに終始しています。≫とご主張ですが、
私は議場での自民党と公明党議員の野次に気分が悪くなりました。あの野次の回数と内容を気分よく聞ける納税者がいるでしょうか?
当日は、代休であった二女を議会に連れ傍聴に参りましたが、議会の内容が理解出来ない小学生ですら渋谷区区議会議員の野次と議場での態度には呆れていました。

「穏やかである」必要や「大人げなさ」は個人的主観でありブログにはそれぞれの立場で多様な意見が寄せられるものではないでしょうか?

≪ふつうの市民は、市民活動家のその猛々しさに距離感を感じるのですよ。≫
とおっしゃいますが、私もふつうの一区民です。市民活動家と称されるほどの活動をした覚えもありません。
実際、去年まで、「情報開示制度」を利用しようと思ったこともありませんでした。
「猛々しさ」と評されるのは残念ですが、説明の度に内容が変わる校長や副校長の説明や、正しくない「開示資料」の公開は自治体や教育委員会の責任だと思いますがいかがでしょうか?

前面に学校長を立て、渋谷区教育委員会が様々な指示で島本校長を操る様子を昨年からずっと見てきました。
「説明してくださいと陳情」しても関係者からご説明頂けない状況が問題ではないでしょうか?
渋谷区議会文教委員会の議員の方も「陳情」を議題にのせてくださらないようです。

最後に質問です。
「異議申し立て」と書いていらっしゃいます。
教育委員会の中を良くご存じの方と拝察いたします。
関係者のどなたかでしょうか?

区議会が中継されれば・・・

野次を飛ばす自民党と、公明党議員は口を閉じるのではないでしょうか?
うとうと寝る議員もいなくなるのではないでしょうか?
議会が「公開」されることは、区民にとって直接監視可能な有益な状況ではないでしょうか?

渋谷区議会は「前例がない」との理由でマスコミの議会取材を却下しました。
この臆病さ。ずるさ。「前例」なきことを拒否続けるなら、渋谷区議会は永遠に野次議員と、利権議員の私物化された利権政治桑原劇場のままです。一部議員と、利権で関わる一部区民のための利権政治です。

「人目」に触れるほうが良いと思います。「人目に」触れると困るような野次議員ばかりなんですから。
公明党と自民党は本当に低俗です。見ると悲しくなります。一生懸命働いて納税している区民をバカにしてます。議員である前に、社会人として他では使い物にならないようなごろつきの集まりです。

No title

刑務所にぶち込んでやりたい人間が多数いますが、笹塚中学校で生徒が去年まで食べてた給食より、塀の中の「臭い飯」のほうが充実してると思いますよ。保護者の中では学校の給食を侮蔑して食事と呼ばず「餌」と呼んでいたそうですよ。凄い怒りでしょ?

運動のあり方が問われる

 私は、笹塚中の方々とは面識がありません。
他区ですが、行政の立場も、地域住民としてマンション問題に取り組んだこともあります。

 ブログを読む限り、笹塚中学では、限度を超えた粗末な給食があったのでしょう。そのことを問題提起されたことは意味のあることであり否定しません。

 議会陳情では、自民・公明にも働きかけを行っていたのですね。

 このブログでは、少しでも行政側に理解のある発言があると、「すこしはわきまえろヤクザもの」と糾弾されるのですね。一つの見方、考え方しか許さないという偏狭な精神を感じます。

 今回の件は、行政側に落ち度があったのでしょう。しかし、「やくざもの、犯罪者、どろぼー」と1年数ケ月にわたり、校長はじめ関係者を糾弾し続けたことに行き過ぎはなかったでしょうか。こうした言動は、目的は正しくても、激しいさまを見た周囲の人々は、その運動の正当性を感じることができなくなります。

 行政機関は、個人商店のような意思決定をすることができません。笹塚中学の校長先生はさぞや苦しい立場に置かれていたのだろうと推察します。渋谷区なら人口19万人、19万人ひとりひとりの「正義」があり「生活」あります。その制約のなかでしか行政は動くことができません。
 私も行政に働きかけをした経験があるのでわかりますが、行政機関はすぐに動くことができません。もどかしさや怒りを感じることもあるでしょう。しかし、批判は、相手の人格を損ねるものであってはならないと考えます。激しすぎる批判は、批判をした人間の価値も貶める側面があることに気づいてほしいものです。


問われるのはあなたが何をするかだ。

運動の在り方を評論家よろしく批判されている。
しかし、それではあなたは何をしているの?
あなたのしていることは、だれのためになるの?

19万人それぞれの思いを集約するのが民主主義

人それぞれ、いろんな考えがある。その通りだ。
だからと言って、判断停止するわけにはいかない。
19万人がそれぞれの考えで行動して結論を出すのが民主主義。
まず、何よりも選挙権を行使しよう。棄権はやめよう。
激しい言葉を使ってしまったことは、反省しています。
皆さん、申し訳ありませんでした。

No title

笹塚中学校の給食問題はいつから

「運動」になったのでしょうか?

去年学校の中で「PTA活動」の一環として役員活動として問題提起された内容の延長です。

PTA会長が自身が未納者であると暴かれ、学校内で解決の糸口が見つからず、情報がオンブズマンに持ち込まれ現在に至っています。
一年以上も校長を苦しめた・・・との表現は適切でしょうか?
学校責任者ですから当然ではないでしょうか?まして自らの管理下にあった給食の不手際への謝罪や説明も当然ではないでしょうか?

むしろ説明をたらいまわしにされ、開示を隠蔽され、時間と金銭負担を強いられた保護者のほうがよほど被害者だと思いますがいかがでしょうか?

もっともらしくご批判されるより、問題の本質や原因に目を向けなければ解決などしません。目先を変える必要は何でしょうか?

教育委員会は「解決」が不可能であり、解決が不利益と判断し、区議会議員まで刑事告訴し、「事件化」しようとしてるのではないのでしょうか・・・

最初から、今日まで「運動」と言われる覚えはありません。
これは運動ではありません。事件でもありません。

いい得て妙

「やくざもの、犯罪者、どろぼー」

ぴったりの表現を頂きありがとうございます。
行政がまさか・・・ここまで・・・とは思っていない他区の方に、本当の渋谷区行政の姿など理解できないはずです。
実際住んでる身でも想像に余りあります。

やくざの方がまだましです。
区長の忖度行政に犯罪行為を恐れません。
立派な税金泥棒集団です。

笹中では給食費も給食食材も消えてます。
おいしいものたくさん・・・小額でも立派な横領です。
原資は保護者が我が子の給食食材費に校長に預けたお金です。
給食主事や事務員が余分におやつを買う為に支払ったわけでもありません。未納者に勝手にご馳走するなどと校長から会計報告すらありません。
会計報告された決算書はどうも偽物のようです。
さて、こういう状況をどのように表現すればよいのでしょうか・・・

ね、「泥棒」でしょ。泥棒でないなら堂々と説明しなくちゃ・・・
黙って離職するなんて校長は卑怯でしょう。校長作病した教育委員会は教育者集団と言えるでしょうか?

行政の資質のあり方が問われる

運動のあり方が問われる様

私もこの騒動はさぞ行き過ぎと感じております。
しかしながら、
渋谷区の一部の人間の行政マンとしてのプロ意識の無さ・低さに悲しみと怒りを覚えております。

また、あなたの理解されている内容に少しギャップの感じております。
>行政機関は、個人商店のような意思決定をすることができません。
⇒法律や規則で決められている範囲でどう判断するかという意味では、意思決定をすることが出来ます。

>笹塚中学の校長先生はさぞや苦しい立場に置かれていたのだろうと推察します。
⇒校長自身が、給食や給食費に関する規則に従い、判断し管理していたのなら、苦しい立場にならないでしょう。
規則などの従わない判断をしていたから、苦しい立場になったと私は推察します。

闇雲に騒ぎ立てるのは、おっしゃるとおり「運動のあり方を問う」べきですが、これまでの経緯を見ると行政の不振が見て取れます。

この行政組織はそういう観点で物見しないといけないのかもしれませんね。




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: